マーボー万願寺を作ってみて、食べてビックリ、黄金の味だったのである。

マーボー万願寺

 
冷蔵庫のあり物で、マーボー万願寺を作ってみた。

マーボー万願寺

食べてビックリ、「黄金の味」だったのである。

 

 

万願寺とうがらしはこれから盛りになるもので、ほかの甘長とうがらしとくらべて大きく、肉厚なのが特徴となる。錦市場などではずいぶん高く売っているが、地元の八百屋では農家直送のものが一袋100円くらいで売られていて、高級品などでは全くない。

食べ方としてまずは焼いておかかにポン酢、それからちりめんじゃこと煮るというのが定番で、これからぼくも何度となく食べることになると思うが、これらはやはりサイドメニューで、メインにはなりにくい。

きのうは買い物へ行かずに食事をこしらえることに決め、メインにできるものは万願寺しかなかったから、考えた末、やはり冷凍庫に入っていた豚ひき肉とあわせて煮ることにした。

ピリ辛にしてトロミをつければ「マーボー万願寺」という話になる。

 

万願寺とうがらしは元々ピーマンと伏見とうがらしを掛けあわせて作られた品種だそうで、たしかにピーマンに味が似ている。ただしピーマンよりも硬いのが特徴で、炒め物などに使うと普通にいっしょに炒めても、シャキシャキとした歯応えがなくならず重宝する。

これを煮る場合には、京都の人は「クタクタ」にする。

15分以上はかけ、色が変わってやわらかくなるまでじっくりと煮るのである。

それなのに万願寺は「ヘタヘタ」にはならず、存在感のある肉厚の皮にしっかり味がしみるところが持ち味だ。

 

入れるのは万願寺だけでもいいと思ったが、やはりちょっと寂しい気がして、油あげを加えることにした。

マーボー万願寺

「マーボー豆腐」があるのだから、これは王道の取合せだろう。

 

万願寺はヘタもつけたままの丸ごとを使う。

マーボー万願寺 作り方

そのまま煮始めてもいいが、軽く焼いておくようにすると味がしみやすい。

 

フライパンにゴマ油をひいて強火にかけ、豚ひき肉100グラムをよく炒める。

マーボー万願寺 作り方

肉汁が飛んだら豆板醤小さじ1をくわえてさらに炒め、合わせ調味料をいれる。

合わせ調味料は酒とみりん、砂糖、醤油を大さじ1ずつ、オイスターソース、おろしショウガを小さじ1ずつ。

 

ひと混ぜしたら、水1カップ半をくわえて煮立て、万願寺と食べやすい大きさに切った油あげをいれる。

マーボー万願寺 作り方

フタをして弱火にし、15分くらい、万願寺がしっかりとやわらかくなるまで煮る。

 

片栗粉大さじ1に水大さじ2の水溶き片栗粉を用意し、強火にして、混ぜながら少しずつ加えていく。

マーボー万願寺 作り方

残っている煮汁の量にもよるけれど、全部入れてしまうと多すぎると思うから、トロミ加減を見ながら調整する。

 

皿に盛り、青ねぎを振りかける。

マーボー万願寺

食べてビックリ。定番料理にしてもおかしくない「黄金の味」である。

考えてみたら万願寺は、甘いとはいえ「とうがらし」なのだから、ピリ辛の味に合うのは道理であった。

 

あとは二日目のツバス大根

二日目のツバス大根

味がしっかりしみている。

 

酢の物の残り。

酢の物の残り

酢の物は、翌日持ち越しアリである。

 

とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 
 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

きのうもこれを一杯飲み、その前から延々飲んでいたからもう十分だったのだが、肴がまだ残っていたからあと半分だけ飲んだ。

 

「毎日よく飲むね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

 

 

◎関連記事

豚肉とレタスのみそ炒めがうま過ぎて、またつい家で飲み過ぎ過ぎたのである。

残りもの処理の料理は「発見をみちびく」という意味でうってつけなのである。(生節のオムレツ)

豚肉とタケノコの塩炒め、卵とえんどう豆入りがあまりにうまくて、「ぼくは自炊の天才か」と思ったのである。

ツェッペリンはいいのである。(和風麻婆ナス第2弾)

魚介には甘辛酸っぱい味付が合うのである。(豚とネギのしょうゆ焼きそば、イカのオイスターソース炒め)
 

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG