【8.30国会前】警備線が決壊して車道に人があふれ出した


8.30国会前抗議行動

きのう8月30日に行われた戦争法案に反対する国会前抗議行動、警察の規制線が決壊し、国会前の車道はすべて人で埋め尽くされた。臨時の歩行者天国となった国会前では、35万人が、「安倍やめろ」の声を上げた。

 

 

おれは、デモや差別主義者へのカウンターなどに参加するようになってから、まだ1年ほど。元々ノンポリで、20代の頃は選挙にすら行かなかったし、小泉政権時代には、小泉首相を支持していた。

それが政治について考えるようになったのは、3.11の原発事故があってから。事故への対応を見ていて、「この国は何かがおかしい」と思うようになり、それからツイッターなどのネットの情報を、徐々に見るようになった。

 

それでもデモなどへは、参加していなかった。一度原発事故の直後に、大阪で行われたデモに参加してみたものの、毒々しい、ガスマスクなどを被ったワケのわからない人たちがいる一方で、音楽に合わせてコールしながら歩く様子もあまりにも「ヌルい」気がして、これで何が変わるとも思えなかったのだ。

 

それで1年が経ち、2年が経ちとするうちに、選挙で自民党が連勝し、状況はどんどん悪くなるように思えた。

そして特定秘密保護法案の強行採決がされ、集団的自衛権の閣議決定がおこなわれるに至り、これはもう、これ以上黙っていては、とんどもないことになると思った。

 

ちょうどその頃、デモに参加したり、自分でもデモを主催したりする一群の人たちと、知り合いになる機会があった。

その人たちに導かれ、おれも徐々にデモに参加するようになり、「民主主義とは何なのか」を、少しずつ学び始めたわけである。

 

安全保障法案(以下 戦争法案)への反対デモへは、できるだけ参加するようにしている。安倍首相(以下 安倍)は、日本を本気で事由に戦争できる国にしようとしており、憲法違反の集団的自衛権を閣議決定すること自体、政治家としてあり得ないことなのに、さらにそれに基づき、実際に法案を整備するなど、絶対に許してはいけないと思うからだ。

あまりにも国民をナメ過ぎている。

といっても、おれも仕事はしないといけないわけで、あまり参加し過ぎないようには気を付けている。

生活が成り立たないと元も子もないのだから、基本的に関西の学生団体「SEALDs KANSAI」と、若者団体「SADL」が主催するものに限定し、頻度も週1回くらいに抑えている。

 

しかし今回、「8月30日」に国会前で、多くの組織が集中して動員をかけるデモをすると聞き、これは絶対に行かなくてはいけないと思った。戦争法案の可決が目前に迫った日程で、ここが天王山になるのは間違いがないと思えたからだ。

10万人が集まれば、強行採決にたいして強いプレッシャーになるそうだから、おれもその、頭数になりに行かなくてはいけない。

 

それできのうは、はるばる京都から、新幹線に乗って東京へ向かった。

新幹線・弁当

駅で買う弁当は、スタミナを付けるため、がっつり豚肉が入ったのを選んだ。

 

 

国会前へは、有楽町からタクシーで行った。

8.30国会前抗議行動

 

すんなり国会正門前へ到着。

8.30国会前抗議行動

 

すでに警察によって鉄柵の規制線が張られ、抗議はその内側、歩道でのみ許されるようになっている。

8.30国会前抗議行動

 

おれは、SEALDsを探した。どうしても東京のSEALDsを、生で見たかったからだ。

 

国会正門前を少し下ったところで、すぐに発見。

8.30国会前抗議行動

打合せをしているようだ。

 

やがて、コールが始まった。

8.30国会前抗議行動

 

 

おれは、SEALDsのコールがとても好きだ。

8.30国会前抗議行動

 

SEALDsのデモは、参加者は普通におしゃれな格好をしてくるし、プラカードも英文がふんだんに使われていたりしてスタイリッシュ。おれのような元ノンポリでもSEALDsのデモに参加しやすいのは、そういう「普通の感覚」に満ち溢れているのが大きい。

 

ところがコールは、怒りに満ち、激しいのだ。

「安倍は、やめろ」
「戦争、反対」
「国民ナメんな」
「屁理屈いうな」

などなど、安倍に対するコンパクトな罵倒のフレーズを、アップテンポに繰り出していく。

 

それをまた、複数のドラムがリズムを刻み、サポートする。

8.30国会前抗議行動

 

やはりこの新しい運動は、ロックや、それにつづく様々な音楽の洗礼を受けた人たちが作り出していると、つくづく感じる。

リズムが時代にぴったりと合っていて、皆が揃って声を上げることで、それが大きなうねりを生み出していくのである。

 

女性の学生も、やはりコールをする。

8.30国会前抗議行動

これがまた、男性に負けず劣らず、すごい迫力。

 

時間が経つにつれ、人は膨れ上がってくる。

8.30国会前抗議行動

警察は、何とか歩行者用の通路を空けようと規制を強めてくるのだが、それもままならなくなってくる、、

 

と、その時、後方で何事かが起こったようだ。

8.30国会前抗議行動

振り返ると、何人かが歩道から、車道に出ている。

警察の規制線を、突破したのだ。

 

ドラム隊がすぐに車道に出て、コールに合わせてリズムを刻む。

そのドラムに導かれ、SEALDsのコーラーが「前へ、前へ」とコールしながら歩いて行く。

SEALDsのあとを、「ハーメルンの笛吹」よろしく、おれたち一般人も、ぞろぞろと着いていく。

 

警察は、何とか規制線を維持しようとする。

8.30国会前抗議行動

でも動き出した群衆の動きは止まらない。

 

群衆は、国会へ向かって進んでいく。

8.30国会前抗議行動

途中で何度も、警察は規制線を張るのだが、すべて突破されていく。

 

群衆は、国会正門の手前まで進んだ。

8.30国会前抗議行動

そこで続けられる、SEALDsのコールに向けて、人々が続々と集まってくる。

 

またたく間に、国会前の車道は群衆で埋め尽くされ、臨時の歩行者天国となった。

 

「安倍やめろ」の巨大ダンマクも上げられた。

8.30国会前抗議行動

 

それからは、国会前の車道の各所で、「安倍やめろ」のコールが響き続けた。

集まったのは、車道が解放された直後の午後2時ごろの時点で12万人、それからさらに続々と人が詰めかけていたから、最終的には、延べ35万人になったそうだ。

 

 

1960年の日米安保反対の時で、国会前に集まったのは30万人だったとのこと。反原発抗議の時に集まったのも、20万人だったそうだから、今回はそれらを大きく上回り、史上最大の人数が、国会前に集まったことになる。

 

きのうは集まった人たちの利便のため、給水所、

8.30国会前抗議行動

 

それに救護所なども、ボランティアで用意された。

8.30国会前抗議行動

 

おそらく警察の規制線が決壊したのも、SEALDsの若い人たちと運営スタッフ諸氏との、事前の入念な打ち合わせと、当日のあうんの呼吸で実現したものと思われる。

 

SEALDsをはじめとして、このデモを企画・実行した人たちには、心からお礼を言いたい。

そして、一般市民がこれだけ頑張っているのだから、野党国会議員の人たちには、ぜひとも頑張りに頑張って、戦争法案を何としても、廃案に追い込んでもらいたい。

 

◎関連記事

8月30日(日)国会前抗議行動に参加する人への覚え書き

【8.23全国若者一斉行動】SEALDs KANSAI戦争反対京都デモ

戦争に反対なら8月23日の若者デモと30日の国会前へ行くべし

参加者8200人。7・19 SEALDs KANSAI戦争法案反対・大阪デモ

6月21日京都「戦争立法に反対する学生デモ」SEALDs KANSAI 見聞記
 


8月30日(日)国会前抗議行動に参加する人への覚え書き


0830国会前抗議

いよいよ間近に迫った、8月30日(日)の戦争法案に反対する国会前抗議行動。デモなどにあまり参加したことがない人のため、当日の持ち物や、参加するにあたっての注意事項などをまとめました。
※ 2015/08/28 情報追加しました。
続きを読む 8月30日(日)国会前抗議行動に参加する人への覚え書き


【8.23全国若者一斉行動】SEALDs KANSAI戦争反対京都デモ


【8.23全国若者一斉行動】SEALDs KANSAI京都戦争反対デモ

きのうは戦争法案に反対する全国若者一斉行動。全国66ヶ所でデモや街宣アピールが行われ、東京・表参道でSEALDsが主催したデモへは、6500人が集まったのだそうだ。

関西では、京都でSEALDs KANSAIによるデモ、ここへは1800人、そして大阪ではSADLによるデモ、こちらは1300人が集まった。

おれは、京都のデモに参加した。
続きを読む 【8.23全国若者一斉行動】SEALDs KANSAI戦争反対京都デモ


料理しない男をこの世から撲滅することを目指すブログ。(旧タイトル:おっさんひとり飯)