サバのしょうが煮がまたウマイんですわ

3連発のサバ、きのうはしょうが煮。

サバのしょうが煮

うまいんですわ、またこれが。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 

 

魚は1尾を買うのが、やはり楽しいわけで、これは魚の大きさは問わないと思う。

何より、「頭」があるのが大事な気がする。

 

サンマにしても、イワシにしても、姿かたちを眺めると、「かわいい」という気持ちが湧いてくる。ぼくが特に好きなのはイワシで、あのカッコイイ流線型と、ギョロッと愛嬌のある目玉がいい。

鯛などでも、とりあえず頭があれば、その顔つきを眺めることで、何となく愛着が湧いてくる。

やはり魚にも、それなりの「人格」のようなものがあるわけで、それに触れ、多少の尊敬の念をもつためには、頭がないとダメなのだ。

 

アサリなどでも、あの貝一つが彼ら一人一人の全身で、しかもまだ生きているから、なおさら楽しい。

砂抜きするために塩水につけると、おそらくアサリは、「家に帰ってきた」と勘違いするのだろう。殻の外に口を伸ばして、のびのびとした様子をする。

閉じていたフタをさっと開けると、「敵が来た」と思うのか、伸ばしていた口を素早くひっ込めるのだが、これも早いのと、なかなかひっ込めない鈍くさいのとがいて、アサリにも個性があることがわかる。

 

こういうのを見ると、食べものが「生きもの」であることを、しみじみと実感する。

それが「うまい」のは、やはりその生きものからの「贈りもの」と言うべきだろう。

 

それから大きな魚をまるごと買うと、食べ方をあれこれ考えられるのも楽しい。

今回、サバを買ったのだが、半身はサバ寿司、あらは吸物、それで残りの半身の、半分はサバめしにして、最後の半分を、きのうしょうが煮にした。

こうして手を替え、品を替えしていると、「食い尽くしている」という実感がある。

魚にたいする愛着が、ますます湧いてくるわけだ。

 

きのうはそのサバの半身の半分、煮付にするのは決めていたが、みそ煮にするか、それともしょうが煮にするかを、ちょっと迷った。

サバはちょっとクセがあるから、強い味つけが必要なわけで、やさしい味のみそ煮は定番。

でもきのうは、しょうが煮にした。

サバのしょうが煮

これがまた、ウマイのだ。

 

京都へきて、定食屋何軒かでサバの煮付を食べたのだが、みそ煮だったことは一度もなく、全部しょうが煮だった。

京都の人がサバのみそ煮を食べないことはないだろうが、何となくこちらの方が、「京都らしい」という気もする。

みそ煮のやさしい味に対して、こちらは「シャープ」。

しょうゆがキリッと利いた男っぽい、ラーメンでいえば京都「第一旭」の味である。

 

作るのは、煮付は全てそうだが、とても簡単。

あっという間にできてしまうし、煮時間さえ間違えなければ、まず失敗することもない。

 

それからきのう、いつも煮付を作るときに敷く、だし昆布を忘れたのだ。

でも食べてみて、とろろ昆布の吸物もあったのだし、昆布なしでスッキリとさせるのも、また悪くないと思った。

 

フライパンに、

  • 水洗いし、皮目に2本くらい切込みを入れたサバの切り身
  •  しょうがのせん切り 3センチ大ほど(たっぷり)
  • 水 1+2分の1カップ
  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ3

入れ、強火にかける。

サバのしょうが煮

出てきたアクをさっと取り、落としブタをして、落しブタのところまで煮汁が沸き上がってくる強めの火加減を保ちながら、3分ほど煮る。

 

3分たったら、しょうゆ大さじ3を入れ、落としブタまで煮汁がまわるように火加減を調整しながらさらに7分、計10分煮る。

サバのしょうが煮

10分たったら火を止めて、そのまま煮汁にひたしておけば、味がしみる。

 

煮付の煮時間は、ブリとサンマ、イワシ以外のほとんどの魚で、「10分」だと思ってまちがいない。

それ以上煮てしまうと脂が抜けて、パサパサになってしまうから、これだけは注意が必要だ。

 

皿に盛り、煮汁をかける。

サバのしょうが煮

 

まだかなりの脂があり、これはご飯が死ぬほど合う。

サバのしょうが煮

 

 

あとは、ほうれん草と厚揚げのすき焼。

ほうれん草と厚揚げのすき焼き

最近は、すき焼づいているのである。

 

フライパンにサラダ油・大さじ1くらいを引いて中火にかけ、まず細く刻んださつま揚げ(丸天)をさっと炒めて味を出し、一旦火を弱めたら、酒と砂糖、しょうゆを大さじ1ずつ、この順番で入れる。

火加減を中火にもどしたら、まず厚揚げ、つづいてほうれん草の根、それから茎をいれ、最後に葉をいれて炒め上げる。

皿に盛って、一味をふる。

簡単にできるのだが、抜群の肴になる。

 

とろろ昆布のぬく奴。

とろろ昆布のぬく奴

水で煮て温めた豆腐を、とろろ昆布と削りぶしを入れたお椀にお湯ごと注ぎ、淡口しょうゆで味をつけ、ネギをかける。

 

それから白めしと、、、

白めし

 

すぐき。

白めし

 

酒は、熱燗。

酒は、熱燗

 

きのうもうまくて、食べながら、100回くらいのけぞった。

ぼくは「全国めしの満足度ランキング」があれば、50位には入るのではないかと思う。

 

「自分で10点つけるからでしょ。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

サバ寿司は意外に簡単にできるのだ

サバめしがまた、ウマイんすよね

安倍首相に想いをたっぷりぶつけたのである(第一旭)

ハタハタの煮付け/煮付けは料理で「一番おもしろい」のである


 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ


【雑誌紹介】『SIGHT 4月号』高橋若木氏インタビュー「これからのリベラルはメジャーでストレートな言葉を持つべきだ」

ツイッターで、『SIGHT』4月号に掲載された、高橋若木氏のインタビューが話題になっていたから、早速買って読んでみた。

SIGHT

3.11以降に生まれた新しい市民運動の旗手のひとりである高橋氏と、ロック評論家・渋谷陽一氏が見事に噛みあい、これからこの運動が、大きなうねりを作り出していくだろうことを予感して、ワクワクした。
Continue reading


京都・大宮「京子」へ行けば、調子に乗ってしまうわけなのだ

きのうは友だちの青年がセッティングしてくれて、ギャル二人と京子で飲んだ。

京子
言うまでもなく調子に乗って、また飲み過ぎるわけなのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 

 

青年は、ちょっと役所広司に似ている。

有名大学を出、泣く子も黙る大企業に勤めていて、気配りは細やか、人当たりもよく、おまけに二枚目だから、傍からみれば何一つとして不足のない人生を送っているわけなのだが、本人はそれには不満で、会社をやめ、小さな飲食店をひらくのが夢だそうだ。

大企業でお金儲けのためだけに、歯車の一つとして仕事をこなしていくことに、生き甲斐を感じられないからとのことで、いまは毎日弁当をつくり、それを会社で食べることに、生きている実感を一番感じられるのだという。

たぶんそういうことから、「会社など辞めてしまえばいい」と強弁するぼくのブログにも興味をもち、「京子」へも飲みに来るようになり、そこから時々、一緒に飲むようになった。

もちろんぼくも、会社を辞めることは応援している。

 

実際のところ会社には、うつ病などになる人も多いそうだ。しばらく会社を休んだり、復帰しても、死人のような目をしている人が何人もいるとのこと。

仕事はあくまで、自分が生きていくためにする「生活の一部」なわけで、もしも仕事が自分の生活や、さらに体や精神を壊すようなら、即座に辞めるべきだとぼくなどは思うけれども、会社にいると、なかなかそうも行かないようだ。

「会社を辞めると生きていくことができない」と思い込んでしまうのだそうで、それで自殺などしてしまう人もいるのだろう。

若い人が、そうして追い詰められていくのは、まったく悲しい、残念なことだ。

 

会社はやはり、上司の命令を諾々ときける人が合う。社長になれば、人の言うことを聞かなくていいと思うかもしれないが、それは創業社長の場合だけで、サラリーマン社長は株主や創業家などにがんじがらめに縛られる。

給料はたくさんもらえるだろうけれど、自分の頭で考えたい人には向かないわけで、そういう人は、早いとこ会社をやめて、何か自分でした方がいい。

自分の頭できちんと考えられさえすれば、生活など、何とかなるのは間違いなく、怖がることは、一つもない。

自分自身が、自分の人生の主役になるのは、何とも気分がいいものだ。

 

まあそういう話を、飲めば、ぼくは役所広司くんにするわけで、役所くんにとっては、ぼくが精神安定剤のようなところもあるのだろう。時々声をかけてくれ、「飲みに行こう」となるわけだ。

ところが気配りが細やかな役所くんのこと、たぶん「手ぶらでは申し訳ない」と思うのだろう。かならずギャルを引き連れて来てくれる。

きのうもそれで、二人のギャルと飲むことになったのである。

 

まずは役所くんと待ち合わせ、二人で立ち飲み「てら」へ。

てら

 

頼んだのは、スパサラと、

てら

 

サーモンフライ。

てら

 

それからギャルと合流し、ほっこりバー「Kaju」で一パイ。

Kaju

予約していた時間になって、「京子」へ行った。

 

 

京子では、きのうもうまいものが色々出てきた。

 

まずは、小松菜と油あげの炊いたの。

京子

食べてみると、ちょっと酸っぱい。

すぐきでも入れたのかと思ったのだが、これが京子さんの笑えるところで、「ちょっと失敗した」のだそうだ。

みりんと酢をまちがえて炊いてしまい、あとから炊き直したとのこと、失敗しても、食べられるものならそのまま出すのが、何とも気取らなくていい。

 

それから、しじみの時雨煮。

京子

 

ホタルイカの酢みそ、ホタテとキュウリ入り。

京子

 

京子さんは、いつもこうして、季節のものを出してくれる。

 

あとは、レバーとゆずの煮物。

京子

 

カレイの煮つけ。

京子

 

たたきゴボウ。

京子

 

それに、これは既製品の、サバ寿司。

京子

 

京子には、メニューがない。

女将・京子さんが勝手に出してくれるのだが、といって、「その日のコース」が決まっているわけでもない。

もちろんある程度は、あらかじめ考え、準備もしているわけだけれども、京子さんは基本的に、お客さんの顔を見て、そのお客さんが喜びそうなものを出す。

きのうは予約し、面子も伝えてあったから、たぶん何を出そうか、あれこれ考えてくれただろう。「ギャルがいる」ということで、女性好みのスパークリング日本酒も用意してくれていた。

 

こういう飲み屋は、あまりないと思うのだ。「こんなものが食べたい」といえば、材料があれば即興で作ってくれるから、限りなく、「お母さんが作る料理」に近い。

飲み屋というより、家にいるような気分になる。

 

ところが出てくる料理は、家庭料理をはるかに超えた、割烹料理に近いもの。

「私はテキトーだから」と女将は言うが、なかなかできることではないと、ぼくには思える。

 

そのうち、カラオケタイムに突入。

京子
またこのギャルたちが、ノリがよく、歌えば「うまい~!」と大袈裟にほめてくれる。

気分がいいこと甚だしく、エンジンはかかりまくるわけである。

 

京子さんも、カラオケに参戦。

京子

ぼくも結局、10曲近くは歌ったと思う。

 

歌うほどに、酒も進む。

ビールを2杯に焼酎を飲んでから京子へきて、さらに熱燗を4合飲んだ。

12時近くにお開きとなり、フラフラになって、帰途へついた。

 

今朝起きると、酒が残って気持ち悪い。

肝臓の強力な友・しじみがあったのに、飲み過ぎて、しじみも力が及ばなかったようである。

 

「調子に乗り過ぎなんだよね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

カウンターの仲間と酒を飲むのは楽しいのだ。

天国のような中国居酒屋「えいちゃん」〈続報〉

大阪・動物園前「えいちゃん」は天国のような居酒屋だ

京都・大宮で飲んでみようと思うなら、まずはKaju’なのである

久しぶりにエラく飲みすぎ、酒が残っているのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ