キムチ・チャーハンも生米から作ると手軽でうまいのである(豚キム・ピラフ)

きのうはガッツリ、豚キムチのピラフを食べた。

豚キム・ピラフ

キムチチャーハンも、生米から作ると手軽でうまいのである。

 

 

「ガッツリとしためし」となれば、「チャーハン」がかなり上位に上がってくるのは間違いがないだろう。特に具材を、炒めもの的なゴロゴロとした、大ぶりのものを選べば、ガッツリ感はさらに増す。

炒めものを白めしにかけ、どんぶりにするのも、もちろんガッツリ度には引けを取らない。

しかしどんぶりは、炒めものの汁が白めしにしみ込むから、白めしがベチャベチャになる嫌いがある。

 

その点チャーハンは、白めしは油でコーティングされることになるから、味がきちんと絡まりながらも、自らの存在感を失わない。

一見、渾然一体としながらも、具材のそれぞれが、自分の個性をちゃんと主張しているところが、チャーハンのいいところだと言えるだろう。

 

ところでこのチャーハン、作るのがちょっと面倒くさい。ご飯を炊いて、それを冷やし、さらに炒めるという、二度手間になるのである。

もちろん冷ご飯を冷凍保存しておいたり、「サトウのごはん」を使ったりすることで、手間は省くことはできる。

でもそういう応急処置的なことでなく、きちんとした「王道」のやり方で、チャーハンをもっと手軽に作れないかと思うわけだ。

 

それについて、ぼくは先日、うまいやり方を発見した。

「ピラフ」にするのである。

⇒ 最高にガッツリとしたものを、もっとも手軽に作ろうと思えば「豚肉とジャガイモの和風ピラフ」なのである。

ピラフを作るには、まず具材を炒め、そこに生米を洗わずに加えて炒め、熱湯を注いでそのまま炊く。

最初から最後まで一つのフライパンだけを使い、一発で出来てしまうから、チャーハンを作るのに比べて圧倒的にラクなのだ。

 

しかもピラフも、チャーハンに負けず劣らず、米がその存在感をきちんと保つ。

「アルデンテ」になるのである。

ガッツリとした炒めものに、少し芯が残った米、、、。

この食べ応えが、「たまらない」わけなのだ。

 

きのうはキムチチャーハンを、この「ピラフ方式」で作ってみた。

豚キム・ピラフ

バッチリとおいしく出来たのは、言うまでもない話である。

 

材料は、

  • 豚バラ肉かバラ切り落とし肉 200g
  • キムチ 200g
  • ゴマ油 大さじ2くらい
  • 豆板醤 小さじ1
  • 細切りショウガ 2cm大くらい
  • 生米 1カップ
  • 熱湯 1カップ
  • 酒、みりん、淡口しょうゆ 大さじ1ずつ
  • 溶き卵 2個分
  • 小口切りの青ねぎ 1~2本分(たっぷり)

となる。

豚肉は、炒めてさらに炊くことになるから、脂が少ない部位だと硬くなりやすい。バラ肉か、バラの切り落とし肉を使うのがいい。

キムチは、「ケチらない」のが、キムチ料理を作る最大のポイントだ。それほど安いものでもないが、豚肉と同量くらいをガッポリ入れる。

キムチの味を補うのに、豆板醤とショウガを使った。ニンニクも加えれば、さらにコクが出るのは言うまでもない。

 

まずフライパンを弱めの中火にかけ、ゴマ油と豆板醤、ショウガを入れる。

豚キム・ピラフ

1~2分、じっくり炒め、香りが立ってきたら、食べやすい大きさに切った豚肉、それにキムチを入れ、さらに炒める。

 

豚肉に火が通ったら、生米を入れる。

豚キム・ピラフ

さらに2~3分、弱めの中火でじっくり炒める。

 

熱湯を加え、酒とみりん、淡口しょうゆで味を付ける。

豚キム・ピラフ

全体を混ぜてきちんと煮立たせ、1分ほど煮立たせたあと、フタをして弱火にする。

 

炊き時間は25分。

豚キム・ピラフ

20分経ったらフタを開け、溶き卵をまわし入れ、青ねぎを散らして、フタを閉めてさらに炊く。

 

炊き上がったら全体を混ぜ、皿に盛る。

豚キム・ピラフ

 

作るのは手軽だが、まちがいなくウマイのである。

豚キム・ピラフ

 

きのうはあとは、もやしの親子和え。

もやしの親子和え

もやしを「納豆」と和えてみたというもので、どちらが親で、どちらが子かは微妙だが、元は同じものなのだから、よく合うのは言うまでもない。

もやしはサッと塩ゆでし、水に取ってよく絞る。

練った納豆、生わかめと合わせ、味ぽん酢で和え、一味を振る。

 

それに、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

冷蔵庫に入れてある高野豆腐とインゲンの煮物。

高野豆腐とインゲンの煮物

 

酒は、焼酎お湯割り。

酒は、焼酎お湯割り

チャーハンは、酒にもよく合うのである。

 

「オコゲがまたおいしいね。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

ちなみにネコは、やはり縄張りがあるようだ。

ネコ

きのうの夜中、「ミヤーーオウ、ミヤーーオウ」と鳴きながら、別のネコを追っ払っていた。

 

◎スポンサーリンク



 

◎関連記事

最高にガッツリとしたものを、もっとも手軽に作ろうと思えば「豚肉とジャガイモの和風ピラフ」なのである。

「カネがないから」と牛丼ばかり食うような奴は頭が悪いのである(サンマの漬け丼)

カレーは和風で作れば手軽にできてウマイのである(ナスと鶏の和風カレー)

「豚肉値」は高く保つ必要があるのである(豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め)

炒め物を和風にやろうとおもえば「甘み」がポイントになるのである(豚肉と小松菜・厚揚げのあんかけ炒め)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ