一人おでんはネタを思い切って絞るのがいいのである(大根煮)

きのうの晩酌は大根煮。

大根煮

一人おでんは、ネタを思い切って絞るのがいいのである。

 

 

そろそろおでんが懐かしくなる頃となり、コンビニでも、9月と10月が、おでんが一番売れるそうだ。「おでんに熱燗」は、寒い季節にホッコリと体を温める、最強アイテムの一つだといえるだろう。

 

このおでん、一人でしみじみと食べるのもまたオツなものだが、一人暮らしがおでんを作るとなると、ちょっとした問題が発生する。

たくさん出来過ぎてしまうのである。

 

食べたいおでんのネタを上げると、大根、卵、厚揚げ、牛すじ、竹輪、コンニャク、がんも、ジャガイモ等々、軽く7つや8つになるだろう。それらを全て、一つずつ入れても、一人の一食分には十分すぎる量なのに、買い物では、それらを一つずつ買うことはできないから、3つ4つずつ揃ってしまうことになる。

そうなると、大鍋に一杯出来てしまうことになり、女性などなら、「一週間食べ続け」などの事態にもなりかねない。

それはさすがに、ご勘弁願いたいわけである。

 

この一人おでんの悲惨な状況を回避するのに、ぼくが採用している対応策は、次の通りだ。

「おでんのネタを、思い切って絞る。」

 

おでんは、ネタがたくさんあるからこそ楽しいのは、もちろん重々承知なのだが、それは一人暮らしの場合、あきらめる。ネタがたくさん入ったおでんを食べたいなら、べつにおでん屋で食べてもいいのである。

ネタを2つくらいに絞ってしまえば、出来過ぎてしまうことはない。

 

ここでくれぐれも大事なのは、「思い切り」だ。ネタを中途半端に、4つとか5つとか入れてしまうと、「みすぼらしいおでん」になる。

それがネタが2つ、最大でも3つまでなら、おでんではなく「煮物」になる。

おでんとは独立した、風格ある別の料理になるのである。

 

きのうは、「大根」一点買いだ。大根は、やはりおでんネタでは王者だろう。

この大根に、合うネタをもう一品、考えるわけなのだが、竹輪やさつま揚げ、厚揚げなどでも良さそうだし、おでんからは外れてしまうが、煮物として考えるなら、肉を入れるのもいいだろう。

しかし最強なのは、「油あげ」だ。

 

大根は味が淡いから、下手なものを合わせると、そちらが主役になってしまう。肉などを合わせると、主役を奪われるのは確実だし、さつま揚げや厚揚げでも、微妙なところではないだろうか。

これが油あげだと、大根をうまいこと、引き立てる。

大根煮

出過ぎず引っ込み過ぎずの程よい距離を保つのだ。

 

実際、大根と油あげを煮たものは、「大根焚き」と呼ばれる、おでんとは独立した料理である。11月ごろ、厄祓いを祈念してお寺で振る舞われ、京都の風物詩となっている。

おでんより歴史は古く、鎌倉時代ごろから始まっているらしい。

しかしこれを、現代目線で「おでんの一種」と捉えてもいいわけで、これが一人暮らしのおでんとしては、打ってつけなわけである。

 

だしは昆布と削りぶしだとまずはもちろんうまいけれど、昆布だけでも、かえって大根の滋味が引き立つ。

甘みを少し抑えれば、吸物的に汁まで飲める。

 

大根は、2センチ幅くらいに切り、面取りして下ゆでする。

大根煮

弱めの中火くらいの、しっかり沸騰する火加減を保ち、時間は15~20分くらいだと思うけれど、竹串を刺してみて、スッと通るのを確認する。

 

改めて鍋にだし昆布、これは多めの10センチ長さくらいを入れ、大根がかぶるまで水を入れる。

大根煮

中火にかけ、小さく煮立ってきたところで、入れた水が2カップなら、酒と淡口しょうゆ大さじ2ずつ、みりん小さじ2を入れ、食べやすい大きさに切った油あげを加えて、弱火で30分くらい煮る。

 

火を止めたら、かならず30分以上は置いて味をしみさせ、青ねぎと一味をかけて食べる。

大根煮

ホックリと煮えた大根は、しみじみうまい。

 

大根の皮は、じゃこ炒めにする。

大根の皮じゃこ炒め

フライパンにゴマ油、ちりめんじゃこ、刻んだ大根の皮を入れて中火で炒め、しんなりしたら、しょうゆで味付。

 

あとは、梅キュウ。

梅キュウ

すりこ木でたたき、塩もみして少し置いて、水洗いしたキュウリを、包丁でたたいた梅肉と削りぶし、それと同量くらいのみりん、ほんの少々の淡口しょうゆで和える。

 

おとといのにしんナス。

にしんナス

味がしみまくっている。

 

酒は焼酎水割り。

酒は焼酎水割り

早めに支度を始めたはずが、気付いたら、きのうも2時を回っていた。

 

「ダラダラし過ぎなんだよね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

夏の終わりに、にしんナスを作ったのである。

料理をすると味がわかるようになるのである。(油あげの大根煮)

うまいものを食うのに金はかからないのである。(手羽元大根)

煮魚は何もむずかしいことはないのである。(ブリ大根)

失敗せずに成功すると、そのあと大失敗するのである。(豚肉と大根の煮物)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ