自炊に開眼したのは20年ほどまえ、別居を始めたころです。それまでも料理をしていなくはなかったですが、本やネットのレシピを探し、書いてある材料をそのとおりに買ってきて、作り方のとおりに作るだけでした。

年末になり、正月の雑煮を作りたいと思いました。妻がやっていたのを思い出し、鶏ガラを買ってきてだしを取り、おいしい雑煮ができました。三が日で雑煮を食べてもまだだしが余ったので、冷蔵庫にあったナスをそのだしで煮てみることにしました。味つけはよく分からなかったので、ただしょうゆを入れました。

そのナスの煮物が、それはそれはおいしかったこと……。

それからです、料理をレシピを見ずに作れるようになったのは。

おすすめ記事

1
和食クソだよね!

「和食」というと、なんとなく「体にいい」とか、「日本人の原点」とか、「和食いいよ ...

2
反和食の簡単レシピ ~鍋物ににんにくを使用する

「反和食」は、世界標準の料理法に背を向けるクソ狭い和食の世界を広げ、和食をアップ ...

3
反和食の基本「やきそば」の作り方とウスターソースの考え方

「反和食」とは、時代遅れになったクソな和食をアップグレードし、現代の食生活に合っ ...

4
肉じゃがの考え方と反和食・炒め物の基本レシピ

鎌倉・室町時代に精進料理に夢中になりすぎたため、炒め物のイノベーションをキャッチ ...

5
シークワーサーの原液は死ぬほど便利。ジュースやお酒、料理にも!

糖尿病予防やがん抑制、二日酔い予防などさまざまな効果があるとされ、沖縄人の長寿の ...