旬まっ盛りでトロトロに脂が乗った「サバ寿司」の原価は500円なのである

きのうは、サバ寿司。

サバ寿司

旬まっ盛りで、トロトロに脂が乗ったサバ寿司の、原価は500円なのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

サバもいよいよトップシーズン、旬のまっ盛りに入った。

きのうの昼、買い物へ行こうと思い、何を食べようか考えてみるに、

「魚屋にいいサバが入っているにちがいない、、、」

ふとそう確信したのである。

魚屋の若大将は、サバには目がない。このトップシーズンに、半端なサバを置いているわけがない。

 

魚屋へ行ってみると、思った通り。

「このサバ、どうですか?」

「いいですよ!脂が乗って、最高です。ぜひしめサバにしてください!」

若大将は、意気込んで答える。

 

値段は一尾950円。

サバ寿司にすれば2本分、1本500円という話になる。

 

サバを三枚におろすのは、家でもできる。骨がそれほど硬くないから、家庭用の包丁でも十分歯が立つ。

魚屋の若大将

でもぼくは、サバは若大将におろしてもらうと決めている。

 

魚料理で「しめサバが一番好き」という若大将、サバをおろすのにも力が込もる。

若大将におろしてもらうと、サバが一層おいしくなると思えるからだ。

 

塩を振るところまでやってもらえば、少しでも早く、酢に漬けはじめることができる。

あらにも塩を振ってもらい、持ち帰る。あらは吸物のだしにすると、これがまたうまいのである。

 

塩を振ったサバは、冷蔵庫に5時間おく。

しめサバ 作り方

5時間たったら、水で塩を洗い流して、水気をよく拭き取っておく。

 

次に酢に漬ける。

しめサバ 作り方

酢にはカドを取るため、小さじ1ほどの砂糖を溶かしこんでおく。

 

10センチ長さくらいのだし昆布と一緒に、サバをビニール袋にでも入れ、酢をかぶるまで注ぎこむ。

漬け時間は、3時間。

これはサバが、外は白くて中は赤い、「レア」の状態になるまでの時間である。

 

3時間たったら取り出して、酢を拭きとって皮を剥ぐ。

しめサバ 作り方

皮は前の方の端から指でつまむと、「ピーッ」ときれいに剥げる。

裏返し、太い中骨をいくつか取った方がいいにはいい。

しかしサバの中骨はやわらかく、すぐに折れてしまってなかなか取れず、丁寧にやろうとするとすごくイライラするから、これは適当にしておいても問題ない。

 

皮を剥いだらラップに包み、冷蔵庫で寝かせておく。

最低でも「数時間」は寝かせるのがオススメで、翌日が一番の食べごろだ。

 

このしめサバを、そのまま食べてももちろんうまいが、サバ寿司にすると「死ぬか」と思うほどうまくなる。

サバ寿司

サバ寿司を作るためには、寿司めしを作ることが必要だ。

 

サバ寿司1本にたいして、米は1カップ。

サバ寿司 作り方

水は少なめ、米と同量の1カップで、5センチ角くらいのだし昆布を入れて、ふつうに炊く。

 

米を炊いているあいだに寿司酢を用意する。

サバ寿司 作り方

1カップの米に対して、

  • 酢 小さじ3
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 小さじ1

を、よく混ぜ溶かす。

 

ご飯が炊けたら皿に移し、寿司酢をまんべんなくかける。

サバ寿司 作り方

しゃもじを横にし、切るようにしながら、1分ほどで手早く混ぜる。

混ぜたら濡れ布巾を皿にかけ、人肌くらいになるまで冷ます。

 

巻きすの上にラップを敷いて、しめサバを皮を下にして置く。

サバ寿司 作り方

先頭の半端な部分は切り落とし、尻尾の細くなったところに合わせるようにする。

 

水に濡らした手で寿司めしを取り、おにぎりにしてサバの上に置く。

サバ寿司 作り方

 

巻きすをかぶせ、半回転させてサバが上に来るようにして、「キュッキュッキュッ」と手で締める。

サバ寿司 作り方

 

出来たサバ寿司は、1~2時間置いておくと、味がなじむ。

サバ寿司 作り方

 

水に濡らした包丁で、2センチ幅くらいに切り分ける。

サバ寿司

 

脂でトロトロ。これはたまらない、、、

サバ寿司

 

旬まっ盛りのサバ寿司は、この世の中で一番うまい。

それを自分で作れば、500円で食べられる。

 

巷には、「カネがない」からと、牛丼ばかり食べている輩もいるそうだ。

そういう頭の悪い奴は、勝手に牛丼を食べていればいいのである。

 

あとは、ハタハタの煮汁で煮た高野豆腐。

ハタハタの煮汁で煮た高野豆腐

魚の煮汁は捨てないで、何かにしみ込ませるようにすると、手軽なおかずが一品できる。

おからもいいが、高野豆腐はおすすめだ。

 

煮汁はそのままでは濃く、甘すぎるから、水で2~3倍に薄め、しょうゆを足す。

水で戻し、両手のひらでよく押して絞った高野豆腐を、15分くらい煮る。

 

サバ酢の酢の物。

サバ酢の酢の物

サバをシメるのに使った酢と昆布も、酢の物に使うとまたうまい。

きのうは塩もみし、水で洗って絞ったレタスと竹輪を、砂糖少々を加えて和えた。

 

それと残りのカブの吸物。

残りのカブの吸物

 

自家製梅干し。

自家製梅干し

 

酒は、熱燗。

酒は、熱燗

肴がこうもうまいと、飲み過ぎるのも仕方がないのである。

 

「牛丼が好きな人に失礼だよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

ハタハタの煮付け/煮付けは料理で「一番おもしろい」のである

塩サバは「船場汁」がまたうまいのである

サバ寿司は大して面倒でもないのに死ぬほどうまいのである

サバ寿司は「古来の味」なのである。

いまだかつてない「食のよろこび」を体験したのである。(しめサバ)
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ