【マーボー焼きめし】ピリ辛のそぼろを具にした王道の味

マーボー焼きめし

 

もはやマーボーひと筋だ。僕はマーボーと、一生を共にする覚悟である。ウソ。

しかしとにかく、マーボーメニューしか思い付かないのだから仕方がない。きょうの昼は、マーボー焼きめし。

マーボー焼きめし

これがまた、抜群にウマかった。





 

このマーボーは、しょうゆベースの和風の味に、ニンニクと豆板醤、それに粗挽きコショウを加えたものだ。和風味は「飽きる」ということがないわけだし、ピリ辛味も、飽きる対象にはなり得ない。

いくら食べ続けても飽きないのは、そういうわけだ。

オーソドックスな味つけだから使える料理も幅広く、僕は一生、マーボーしか食べられないとしても、不満はない(ウソ)。

 

マーボー焼きめし

 

マーボー焼きめしは、ひき肉に豆板醤やしょうゆで味つけし、それを焼きめしの具にしたもの。ピリ辛味の、コクのあるそぼろがご飯に合わないわけはなく、完全に「王道」といえる味の焼きめしになる。

ただしこれは、酒にみりん、しょうゆと液体の調味料を使うから、作るにあたって「ベチャッ」とさせない工夫が必要。

 

チャーハンをはらりと作るためには、まず第一に、初めにご飯を生卵にきちんとまぶしつけること。卵でコーティングされることにより、ご飯に水分がしみ込みにくくなる。

それから弱めの火加減で、ご飯を鍋肌にきちんと押し付け、よく焼くこと。あくまで「焼きめし」なわけなので、ご飯をきちんと「焼く」ことで、水分が飛んではらりとなる。

 

よく中華料理屋でチャーハンを作るとき、激しく鍋返しをしているイメージがある。しかしあれもよく見ると、やはりご飯を鍋肌にきちんと押し付け、焼いている。

家で作る場合には、鍋返しなどしなくても、卵のコーティングときちんと焼くことだけを守れば、焼きめしはベチャッとしてしまうことはない。

 

あと焼きめしには、冷ご飯を使うのがセオリーだ。冷ご飯がない場合には、「サトウのごはん」をチンをせずにそのまま使うのがおすすめだ。

 

マーボー焼きめし 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • 豚ひき肉 50~100グラム

を入れて中火にかけ、5分くらい、水気が完全に飛んで軽く焼色がつくまでじっくり炒める。

  • サラダ油 大さじ1弱
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 豆板醤 大さじ1

を加え、弱火でさらに2~3分、じっくり炒めて味をひき出す。

 

マーボー焼きめし 作り方

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • カツオ節 2.5グラム入りミニパック1袋
  • コショウ 1~2振り

を入れて、1~2分弱火で炒めて味をなじませる。

一旦火を止め、

  • 溶き卵 1個分
  • サトウのごはん 1人前

を入れて、ご飯をスプーンなどで押しつぶしながら卵にまぶし、「卵かけご飯」的な状態にする。

 

マーボー焼きめし 作り方

強めの弱火をつけ、

  • 長ねぎ 5センチくらい (みじん切り)

を加えて5~10分くらい、つぶして鍋肌に押しつけよく焼いて、全体を混ぜて再びつぶし……、をくり返す。

水気が十分飛んだら、味をみて塩を加え、炒め上げる。

 

皿に盛り、粗挽きコショウをたっぷりかける。

マーボー焼きめし

 

これはマジで、たまらないっす。

マーボー焼きめし

 

 

酒

しかもこれが、ご飯ものでありながら、酒によく合うのである。

焼きめしは昼に食べることが多いはずだと思うので、飲み過ぎてそれ以降の半日を棒に振ることがないように、注意の上にも注意することが必要だ。

 

「自分がね。」

チェブ夫

そうだよな。





 

ユウキ 四川豆板醤 130g
 



拡散協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ