【もやしのチャンプルー レシピ】ニンニクを入れると14倍死ねる

沖縄の代表的な家庭料理チャンプルーの味つけは、塩コショウにだしの素(またはかつお節)、それにしょうゆを少し入れる場合もあると沖縄の人から聞いた。

沖縄の料理は基本はうす味、スパムや卵・豆腐・野菜などの素材の味を活かしたものだ。

 

それに文句をつけようというわけでは、もちろんない。それどころか沖縄で、色んな店でチャンプルーを食べるのは大変楽しく、かつうまい。

 

ただし僕は、沖縄の料理は残念ながら、内地の悪影響を受けていると思うのだ。それは、ニンニクを使わないということだ。

 

ニンニクは医食同源の代表ともいえるものであり、それは特に、沖縄でふんだんに使われる豚肉と合わせることにより、強力に体を温め、疲れをとる。

沖縄の料理がやはり影響を受けている中国でこれでもか、というほど使われるのはもちろんのこと、世界の料理でニンニクを使わないのは日本くらいのものである。

その日本でニンニクが使われないのは、鎌倉時代に禅宗の高僧が使わないと決めたからだ。

理由はよく知らないが、封建社会であった当時の日本で年寄りが決めることなど、ロクなものであるわけない。

沖縄の料理には豚肉がふんだんに使われるわけだから、そこにニンニクを使わないのは、本当にもったいないと僕には思える。

 

そこでもやしのチャンプルー。

dsc_0065

ニンニクを入れるのである。

すると僕に言わせると、ニンニクを入れないより14倍は絶対うまい。

 

ニンニクの入れ方は、ちょっと洋風にするのがおすすめだ。チャンプルーはスパムを使うわけだから、基本的に洋風っぽい味なのだ。

油はオリーブオイルを使い、コショウをきかす。

ここにかつお節に加えて酒とみりんを入れることで、バッチリとコクがつく。

 

作り方は、まずスパムと豆腐を炒めてから、野菜を入れる。

もやしを炒めすぎないようにするのがコツだ。

 

作り方

dsc_0058

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 1かけ(みじん切り)
  • スパム 100グラム(=3分の1缶。減塩のを選ぶのがおすすめ。5ミリ厚さの短冊に切る)
  • 木綿豆腐 2分の1丁(食べやすい大きさにちぎる)

を入れて中火にかけ、豆腐の水気を飛ばしながら2~3分、豆腐に軽く焼き色がつくまで炒める。

 

dsc_0061

  • 玉ねぎ 4分の1個(タテのうす切り)
  • もやし 1袋
  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 塩 小さじ2分の1くらい

を入れて、2分ほど、もやしがしんなりし始めるまで炒める。

  • ニラ 2分の1束
  • かつお節 2.5グラム入りミニパック1袋
  • 粗挽きコショウ わりとたっぷり

を入れ、ひと混ぜして皿に盛る。

 

これは、マジでウマイのだ。

dsc_0072

 

スパムに塩気があるから、塩を入れすぎないようにするのもポイントだ。

dsc_0075

 

そしてこれが、言うまでもなく酒に合う。

ここまで酒に合ってしまうと、最後に記憶をなくしてしまったとしても、誰も文句は言えないのだ。

 

「笑われてるよ」

dsc_0076

そうだよな。

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!