5分でできる簡単おつまみ! ピーマンのじゃこ炒め

「お酒を飲むのに、とりあえず簡単にできるおつまみがほしい」というとき、野菜をチャッと炒めて5分で作ることができるおつまみを、これから何度かに分けて紹介します。

もちろんこれは、「あと一品、何かおかずがほしい」というときにも役立ちます。

まず最初に紹介するのは、『ピーマンのじゃこ炒め』。

これは、ほんとに簡単でありながらおいしいです。

以前、作り方を教えてあげた友達は、それからちょくちょく作っていると言っていました。

ピーマンとちりめんじゃこだけでシンプルに作ってもおいしいですし、そこに材料をあと1品加えてバリエーションを楽しむこともできます。

ピーマンじゃこ炒めの作り方

じゃこは、「しらす干し」などの半生タイプのものではなく、わりとしっかり乾燥させてある「ちりめんじゃこ」を選ぶようにします。

ピーマンは、炒め加減がポイントとなりますので、「シャキッとしているけれど味がなじんでもいる」というベストな加減を、何度かやりながら見つけてください。

火加減は、強くしすぎず中火程度でやると失敗が少ないと思います。

1.じゃこをサッと炒める

フライパンに、

  • ゴマ油 大さじ1
  • ちりめんじゃこ 1つまみ

を入れて中火にかけ、1分ほどサッと炒める。

2.ピーマンを炒める

つづいて、

  • ピーマン 2個(タテに細く切る)

を入れ、ピーマンの肉厚度合いにより炒め時間は変わってきますが、目安として2~3分、ピーマンが「あ、しんなりとし始めたかな」というくらいまでサッと炒める。

3.調味料を入れて炒め上げる

  • 酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ1

を入れ、1~2分、ピーマンが適度に味を吸うまで炒めて皿に盛る。

ピーマンじゃこ炒めのバリエーション

ピーマンに、次のようなものを合わせるのもまたいいです。

しめじ

しめじは、ピーマンと一緒に入れるのでいいです。

炒め加減は、しめじは気にせず、ピーマンに合わせます。

一味とかを振ってもおいしいです。

厚揚げ

厚揚げのほうが火が通りにくいので、まず厚揚げをサッと炒めてからピーマンを入れます。

ピーマンは、厚揚げの食べごたえに合わせて大きめに切るといいです。

輪切り赤唐辛子をいっしょに炒めるのもなかなかいいです。

さつま揚げ

さつま揚げを入れる場合も、厚揚げと同様、まずさつま揚げをサッと炒めてからピーマンを入れます。

卵を入れる場合には、醤油を使うと卵が真っ黒になってしまいますので、最後に塩だけで味をつけます。

まずじゃことピーマンを炒め、ピーマンにそこそこ火が通ったら溶き卵を流し入れます。

あまり細かくかき混ぜず、卵が固まってくるまでしばらく待ち、固まってきたら全体を大きく混ぜ、塩を振って仕上げます。

ピーマンのじゃこ炒めは21回くらいは死ねる

ピーマンのじゃこ炒めは、ほんとに5分で作れて簡単なのに、21回くらいは死ねるほどおいしいです。

ぜひ試してみてくださいNE!

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG