自分で作るわかめスープ 干し椎茸と干しエビ入り

朝の軽い食事としてスープを飲む人も多いのではないでしょうか。市販のスープも色々とありますのでそれを購入するのももちろんいいです。ただ、市販品は化学調味料を使用しているため、毎日飲んでいると飽きるのが欠点です。

そこで、自分で作るわかめスープ。

干し椎茸と干しエビを入れてあり、コクは抜群。顆粒の鶏ガラスープの素は使用しますが、化学調味料 無添加のものを使えば毎日飲んでも飽きません。

具材は乾物のみなので手間がかからず、お麩をちょっと多めに入れれば腹持ちも十分です。

干し椎茸のだしが出るのとお麩がふやけるのを待つために10分ほどの時間が必要ですが、そのあいだに顔でも洗っていれば問題はないですYO!

わかめスープ 干し椎茸と干しエビ入りの作り方

1. 鍋に、

・わかめ(乾燥野菜入のやつも可)2つまみ
・スライス干し椎茸 1つまみ
・干しエビ 1つまみ
・おつゆ麸 1つかみ

を入れて火にかけ、煮立ったら火を止めて10分おく。

2. 再び弱めの火にかけ、

・酒 大さじ1
・醤油 小さじ1
・鶏ガラスープの素(化学調味料無添加)大さじ1

を入れ、味をみて足りなければ塩を加えて1~2分煮る。

3. 白ごまをひねり潰しながら入れて食べる。

30歳以降の体のケアに効果あり。シークワーサーはほんとにおすすめ


脂肪の燃焼や二日酔いの予防、さらにはがんやアルツハイマー認知症などの予防・抑制にも効果があることが、近年の研究により明らかになりつつあるシークワーサー。
二日酔いで悩んでいた筆者 高野は、「もうこれなしでは生きていけない」と思うほどです。
体のケアは、30歳をすぎたら自分でしっかりしていかなくてはなりません。
シークワーサーの効果を、高野の体験をふくめて紹介します。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG