炒め物をチャーハンに入れるととてもうまいのである。

炒め物チャーハン

トマトのゴーヤチャンプルーは少し残しておき、次の日のチャーハンの具として入れる。

炒め物チャーハン

炒め物をチャーハンに入れると、とてもうまいのである。

 

 

きのうのトマトのゴーヤチャンプルーを、少し残しておいたのだ。

 

いつも炒め物をするときは、全部食べてしまわずに、4分の1ほどを取っておく。次の日の昼、チャーハンにするためである。

炒め物チャーハン

炒め物をチャーハンに入れると、とてもうまい。炒め物の味がご飯にしみるのがいいのはもちろん、炒め物のゴロゴロとした具が、パラパラご飯に混ざっているという、食べ応えもたまらない。

 

これが、どんぶりではダメなのだ。炒め物を乗せたどんぶりも、もちろん「まずい」とは言わないけれど、味がご飯にしみるのに、どうしても「ベチャッ」とした感じになる。

ところがチャーハンの場合は、味がしみたご飯が、さらにパラパラになる。

これが「炒め物チャーハン」の最大のポイントなのだ。

 

ご飯は冷凍したのを、前日に冷蔵庫に入れておく。チャーハンにするときは、温かいご飯を使うより、この冷たい冷蔵ご飯を使う方が、ご飯がパラパラになりやすい。

 

フライパンにサラダ油少々を引いて強火にかけ、まず卵一つを割り落とし、黄身をくずす。間髪入れずにご飯を入れ、フライ返しで潰しながら、卵によく絡ませる。

炒め物チャーハン

ここでご飯に、卵でコーティングを施すことが、パラパラとしたチャーハンを作るコツだといえる。

 

ご飯を、潰しては全体を返し、また潰しては返す。これを何度も繰り返し、ご飯がパラパラとしてきたところで、トマトのゴーヤチャンプルーを投入。

炒め物チャーハン

たっぷりの青ねぎ、それにオイスターソースと塩、それぞれ少々で味をつけ、さらに炒める。ゴーヤチャンプルーにはもう火が通っているから、ここでは味をなじませる程度にサッと炒め、皿に盛る。

 

トマトゴーヤチャンプルーの味がしみた、パラパラご飯。

炒め物チャーハン

酒はやはり、ビールだろう。

 

「食べたら昼寝でお気楽だね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

 

◎関連記事

ツナと卵の焼きソバは、ビールと絶妙なコンビネーションなのである。

ツナ玉うどんは涙が出るほどうまいのである。

ソーミンチャンプルーは作るのは簡単で、ありきたりの材料しか使わないのに、どこかエスニックな趣きがあるのである。

ツナのみそ煮込みうどんは申し分ない味になるのである。

ツナのチャーハンが激しくうまかったのである。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG