河原町で中華そばなら「大豊ラーメン」

大豊ラーメン木屋町店

河原町にはラーメン屋がとても少ない。飲んだあとには打ってつけの「中華そば」となるとなおさらだ。選択肢はほぼ1つとなり、それが木屋町通・交番の北にある「大豊ラーメン」。第一旭と新福菜館の「ちょうど中間」といえる味で、中途半端の嫌いもあるが、これがなかなか悪くない。

 

居酒屋「たつみ」で飲んだあと、ラーメンでシメることにした。

おれは、飲んだあとには絶対ラーメン。それも「中華そば」と言いたくなる、醤油味のシャバっとしたのがいいのである。

 

京都のラーメンで、まずはその条件に最も近いのは、「第一旭たかばし本店」。澄んだ豚骨の白湯スープに醤油の味がキリリときいて、おれは京都で、このラーメンが一番好きだ。

ただ、京都駅近くのたかばしまでは、河原町からは遠すぎる。河原町の隣にある木屋町にも、本店と味はちがうが第一旭があったのが、すでに潰れてしまっている。

 

それから次に、「新福菜館」もやはりいい。こちらのスープは、第一旭より濃厚で、醤油もやや甘めでコッテリしている。

しかし新福菜館は、本店は第一旭の隣にあり、やはり河原町からは遠すぎる。河原町店も以前はあったが、こちらも同様、潰れている。

 

あと河原町あたりにあるのは、天下一品と九州・豚骨ラーメンで、どちらもうまいが、きのうはあまり気分じゃなかった。ネットを探すと、わりと新しい店も出てきたが、きのうは定休日となっていた。

そうなると、選択肢はほぼ一つ。

大豊ラーメン

大豊ラーメン。

 

河原町には、ラーメン屋が少ないのではないかと思う。隣の四条烏丸には、個性的なラーメン屋が色々あるから、たぶん河原町は観光客が多いため、京都のイメージがないラーメンは、あまり流行らないのだろう。

しかし大豊ラーメンさえあれば、飲んだあとのシメに不足はない。

 

木屋町通を上がっていき、交番を通り過ぎる。50メートルほど行くと、幅1メートルほどの異様に細い路地がある。

大豊ラーメン

 

大豊ラーメンは、その路地を入っていった先にある。

大豊ラーメン

 

こんな分かりにくい場所にありながら、お客はちゃんと入っている。

大豊ラーメン

大豊ラーメンは、創業して22年。千本北大路にも支店があり、それなりに実力がある店なのだ。

 

まずは「生ビールセット・850円」を注文。

大豊ラーメン

 

ギョウザは、ラーメン屋にはよくあるタイプ、肉少なめ、野菜多めのヘニャっとしたやつなのだが、ラーメンの前に食べるには、これで十分なのである。

大豊ラーメン

 

そして、ラーメン。

大豊ラーメン

これが、なかなか悪くない。

 

味は、一言でいえば第一旭よりコッテリしていて、新福菜館よりはアッサリしている。

なので「中途半端」の嫌いもなくはないが、これはこれでいいのである。

 

この店のウリは、「黒豚チャーシュー」。

大豊ラーメン

脂の乗った部位がホロホロに煮られ、ちょっと厚めに切られたのが、6枚も入っている。

 

食べ終わり、満足して家に帰った。

やはり飲食店は、昔ながらの、ちょっと小汚いくらいのところがいいのである。

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG