新福菜館天神川店のラーメンは味が「キリリ」と立っている

新福菜館天神川店

 
新福菜館天神川店に行ってみた。

新福菜館天神川店

ここのラーメンは、しょうゆの味が「キリリ」と立っているのが特徴である。

 

 

きのうは天気もよかったし、足を伸ばして新福菜館の天神川店まで行ってみることにした。天神川店は、新福菜館のなかで「一番うまい」という声も聞くのだが、今まで行ったことがなかったのである。

嵐山電車天神川駅で下車、それから天神川通を四条通まで下るのだが、これが以外に遠かった。

渋滞で車が連なっている脇を10分以上歩くので、この真夏日、天気がよすぎて暑かった。

 

しかし何とか到着。

新福菜館天神川店

駐車場完備の郊外店仕様で、建物は新しい。

中は広々としていて、カウンターの他にテーブル席もたくさんあり、またそれが11時半の時点でほぼすべて埋まっていた。

 

いつも通り、まずビール。

新福菜館天神川店

キムチは150円だが、かなりの量がある。

それからギョウザ。

新福菜館天神川店

ギョウザは、ふつう。

 

ここはサイドメニューにコロッケやとんかつ、唐揚げなどギョウザ以外も色々あって、それがご飯といっしょに定食にもなる。

ラーメンも並と大のほか「小」もあり、ツボを抑えたメニュー構成だ。

 

そして特筆すべきなのは、ゆでたまご。

新福菜館天神川店

日曜・祝日以外はこれが無料になっている。

そこで2本めのビールはこれとキムチをツマミにした。

新福菜館天神川店

ゆでたまごは2個食べた。

 

そしてラーメン。

新福菜館天神川店

初めてだから、まずは並、麺の固さも普通にした。680円。

 

このラーメン、たしかにうまい。

新福菜館天神川店

「一番」とまで言えるかどうかはわからないけれど、新福菜館のなかでも特徴があるのは間違いがない。

新福菜館のラーメンは、甘みのある濃いしょうゆ味が持ち味だが、ここのはほかの店とは違い、しょうゆの味が「キリリ」と立った、品のある味になっている。

ただしょうゆの量を増やすだけでは「しょうゆ臭い」ことになるから、独自の工夫があるのだろう。

 

それからうまかったのがチャーシュー。

「プリプリ」で、モソモソ感が微塵もなかった。

 

食べていたら、四条大宮飲み屋街の知り合いと偶然顔をあわせた。

彼も家は遠いらしいが、足を伸ばして来るらしい。

 

帰りはバスを利用した。

バス停が近くにあるから、行きもそれで来ればよかった。

 

■新福菜館 天神川店

京都市右京区梅津南広町33
075-864-9728

11時~23時(22時40分ラストオーダー)
水曜定休

 

 

 

◎関連記事

ラーメンの食べ方も「察する」のである。(新福菜館三条店)

酒も新福菜館のラーメンも「体」が喜ぶのである。

人格は欠落にこそ宿るのである。(新福菜館三条店、スピナーズ、酒房京子)

郡山の人は情に厚いのである。(郡山/三松会館、味の串店)

郡山ではいい人にしか会っていないのである。(郡山/ますや本店、三松会館)
 

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!