ウインナーときゅうりの292回死ねる塩味ピラフ

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ

きゅうりをサラダにしたり、漬物や酢の物にしたりなど、生で使う以外の使いみちを思いつかない人も多いと思うが、じつは煮込むとうまいのだ。冬瓜とおなじウリ科だから、透明感のある煮物になる。

 

そこで今朝は、きゅうりをウインナーとピラフに入れた。

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ

きゅうりはズッキーニと似たようなものなので、洋風にもとても合う。

 

きゅうりは青臭い水気があって、それがサラダなどではうまさのポイントとなるわけだが、煮込む際には青臭さも水気もどちらも邪魔だ。なのでしっかりと炒めてから水を入れるのがこの料理のコツとなる。

 

作り方

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ 作り方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 玉ねぎ 4分の1個 (みじん切り)
  • ウインナー 2本 (3ミリ厚さくらいの輪切り)
  • きゅうり 1本 (5ミリ~1センチ幅くらいの輪切り)

を入れ、弱めの中火で5分くらい、じっくり炒める。

 

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ 作り方

米2分の1カップをくわえて1~2分、米が油を吸って透き通ってくるまで炒め、

  • 水 1+4分の1カップ
  • 塩 小さじ4分の1
  • コショウ 少々

を加えて中火にかけ、フライパンを揺すりながらしっかりと煮立てたら、フタをして弱火にし、25分炊く。

 

皿に盛り、粗挽きコショウとパセリのみじん切り、それにレモン汁(ポッカレモン100)をかける。

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ

 

これは、ウマイ……。

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ

ウインナーときゅうりの塩味ピラフ

 

味を吸い、やわらかくなったホクホクのきゅうりは、292回はまちがいなく死ねる。

やわらかく炊けたごはんとも、やわらかいもの同士で大変よく合う。

 

そして今朝も、これがまちがいなくビールの最高のアテになるのに、飲まなかったわけである。

だからといって、朝から仕事をバリバリするのかといえば、そんなこともないのだから、飲まないことに意味はなのだ。

 

「仕事しなよ」

チェブ夫

そうだよな。

30歳以降の体のケアに効果あり。シークワーサーはほんとにおすすめ


脂肪の燃焼や二日酔いの予防、さらにはがんやアルツハイマー認知症などの予防・抑制にも効果があることが、近年の研究により明らかになりつつあるシークワーサー。
二日酔いで悩んでいた筆者 高野は、「もうこれなしでは生きていけない」と思うほどです。
体のケアは、30歳をすぎたら自分でしっかりしていかなくてはなりません。
シークワーサーの効果を、高野の体験をふくめて紹介します。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG