あけましておめでとうございます

昨年は、天中殺的な「12年に1度の最凶の年」にあたっており、おととしの「7年にわたって仕事をもらっていた会社からの仕事が途絶える」という驚愕の事態から、さらに「新たに見つけた確実であったはずの会社からの仕事も減る」という、どこに底があるのか見えない泥沼の世界にはまり込んだわけである。

どちらもGoogleによる検索アルゴリズムの変更に起因していて、「Webライター」という仕事の不安定性をまざまざと見せつけてもらうこととなった。「この壁は越えられないかも」と思うことも何度かありつつ、なんとか年を越すことができ、今年からは上向いていくはずだ。

けっこう信じている占いがあり、この「12年に1度の最凶の年」は本当によく当たる。前回の12年前は、会社を辞めるに至ったとき、そのまえの24年前は、別居に至ったときにあたっている。お金に関する苦難は今回がはじめてだったので、上向いていくこれからは、金回りが良くなるかなと思っている。

12年後というと、僕は69歳になっている。そのときには、壁はもう乗り越えず、そのまま死にたい。死ぬのにもけっこうお金がかかることを、僕は父の死から学んだ。これから良くなるであろう金回りにより多少のお金を蓄えて、死ぬときに周りにそれほど迷惑がかからなければ、僕の人生はそれでいいかなと思っている。

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

このブログについての最新記事8件

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG