【ウインナーの洋風チャーハン】簡単につくれて106回はかならず死ねる。

ソーセージの洋風チャーハン

ウインナーの洋風チャーハン

ウインナーなど洋食の素材を使い、つくり方は中華風でつくったチャーハン。簡単につくれて106回はかならず死ねる。

 

チャーハンは、一般には、液体の調味料をできる限り使わずにつくる。液体を入れるとベタベタになってしまうからだ。

中国にしても日本にしても、調味料はしょうゆやみそなど液体・半固形物などが主流だから、それを使わずにつくるためには味出しの工夫が必要だ。そこで醤油で煮込んだチャーシューや高菜、しらすなど、コクのある固形物を加えるというわけだ。

 

コクのある固形物の一つとして、スーパーなどでも手に入りやすい「ウインナー」が上げられる。これを細かく切って、チャーハンに混ぜ込むと、じつにうまい。

ウインナーの洋風チャーハン

 

ウインナーは洋風だから、そのほかに使う素材も、油はオリーブオイル、長ねぎではなく玉ねぎなど、洋風のものを使う。

仕上げにみじん切りに切ったパセリをかければ、106回くらいはかならず死ねる。

 

つくり方

チャーハンは、水気が飛んだ冷ごはんを使うとつくりやすい。

サトウのごはん

冷ごはんがない場合には、サトウのごはんを温めもせずそのまま使うのがおすすめだ。

 

チャーハンをパラパラにつくるためには、まずはじめに卵で米粒をコーティングすることが必要だ。なので生卵を入れたら間髪入れずにご飯を入れて、卵をよく絡めるようにする(その際火を止めてもいい)。

それから次に、「よく焼くこと」なのだ。ご飯をヘラやスプーンで押しつぶし、鍋肌にきちんと当てて焼くことで、派手な鍋返しなどするようもなくパラパラのチャーハンができ上がる。

 

ウインナーの洋風チャーハン つくり方

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ウインナー 2本 (3ミリ厚さくらいの小口切り)
  • ニンニク 1かけ (みじん切り)
  • 玉ねぎ 4分の1個 (みじん切り)
  • パセリの茎 みじん切り (捨てずに使うとおいしくなる)

を入れて弱火にかけ、弱火で4~5分じっくり炒めて味をひき出す。

 

ウインナーの洋風チャーハン つくり方

  • 卵 1個 (溶きほぐす)
  • サトウのごはん 1人前 (冷たいまま)

を入れて中火にかけ、ご飯をスプーンやヘラで押しつぶして卵にからめる。

 

ウインナーの洋風チャーハン つくり方

塩・コショウそれぞれ少々で味つけし、スプーンで押しつぶして1分ほど焼いては混ぜ、を3~4回くり返す。

炒め過ぎると粘り気が出てくるから、適度にパラパラとなった時点で火を止める。

 

皿によそい、みじん切りのパセリと粗挽きこしょう・少々をかける。

ウインナーの洋風チャーハン

 

これは、ウマイ……。

ウインナーの洋風チャーハン

ウインナーの洋風チャーハン

 

調味料は塩・コショウだけで、味は申し分なし。

朝などでもサッとつくれるので、おすすめだ。

 

そしてこれは、まちがいなくビールに合うわけである。

それなのに、きのうも再び「朝だから」という理由で飲まなかったのは、僕は気でも違ってしまったのではないかと思う。

 

「正常だよ」

チェブ夫

そうだよな。

二日酔いにマーベラスな効果がある『シークワーサー果汁』

シークワーサー果汁
筆者 高野はこのシークワーサー果汁を使いはじめて約半年、「もうこれなしでは生きていけない」と思うほど。
お酒にこれをちょっと加えると、マジで二日酔いしにくくなります。
味的にも、焼酎や泡盛などならバッチグー。
ただし、ほんとに酔いにくくなるために、けっきょく飲みすぎてしまうことになるのが欠点といえば欠点です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG