5分でできる簡単おつまみ! 大根のじゃこ炒め

大根のじゃこ炒め

みそ汁に入れたり、煮物にしたり、あるいは漬物にしたりと、日本料理では大活躍する大根。

炒めてもおいしく食べられます。

炒め方は、先日紹介したピーマンと同様に、「じゃこ炒め」が手軽です。

関連記事

「お酒を飲むのに、とりあえず簡単にできるおつまみがほしい」というとき、野菜をチャッと炒めて5分で作ることができるおつまみを、これから何度かに分けて紹介します。もちろんこれは、「あと一品、何かおかずがほしい」というときにも役立ちます。[…]

大根を炒めると、煮るよりも高速で火が通りますので、他の大根の料理と比べて最も早くでき上がります。

作る際のポイントは、最初にかるく塩もみすること。

塩もみすることにより、調味料がしみ込みやすくなるのとともに、食べ応えが「プリッ」とし、塩もみしない場合と比べて11倍ほどおいしくなります。

しょうゆは、薄口しょうゆを使うと淡くキレイな色に仕上がります。

でも、濃口醤油で特に問題はありません。

皮は、問題なく火が通りますのでむかなくてかまいません。

大根の煮物を作り皮が余った場合には、皮だけをじゃこ炒めにしてもおいしいです。

大根じゃこ炒めの作り方

大根のじゃこ炒め

大根のじゃこ炒めを作る手順は、

  1. 大根を細く切って塩もみする
  2. ちりめんじゃこと一緒に炒める
  3. 調味料を加えて仕上げる

の3工程です。

火加減は、中火以下にして強くしすぎないようにすると失敗が少ないです。

1.大根を細く切って塩もみする

まな板で、

  • 大根 5センチ長さくらい(まずタテに5ミリ幅くらいに切り、さらにタテに5ミリ幅くらいに切って、細長くする)

を切ったら、上から、

  •  1つまみ

をふりかけ、軽くもむ。

2.ちりめんじゃこと一緒に炒める

フライパンに、

  • ゴマ油 大さじ1
  • ちりめんじゃこ 1つまみ(しらす干しなどの半生タイプではなく、よく乾燥させたものがよい)
  • 輪切り赤唐辛子 1つまみ(赤唐辛子を輪切りにしてもいいですが、「輪切り赤唐辛子」を購入するのが手軽です)

を入れ、1分ほど炒めてちりめんじゃこの香りを引きだす。

つづいて、

  • 塩もみした大根

を、水気をサッと絞ってから入れ、食べてみてちょうどよい柔らかさになるまでじっくりと3~4分炒める。

3.調味料を加えて仕上げる

大根に火が通ったら、

  •  大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1

を入れる。

1~2分じっくり炒めて大根に味を含ませる。

大根のじゃこ炒め

もし、大根の茎や葉が余っている場合には、それをいっしょに入れてもいいです。

大根とちりめんじゃこの相性は抜群ですので、22回くらいは死ねますYO!

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG