名護市【八重そば】~端正なスープがヤカンで出されるすごい店!

八重そば 麺上げ

名護で最初に沖縄そばを食べるなら、筆者 高野は『宮里そば』を薦めます。
宮里そばは、あらゆる意味においてこだわりがない、王道の味がするからです。

⇒ 宮里そばについての記事を見てみる

それでは、宮里そばの次に行くとしたら・・・・・・?

筆者 高野は、『八重そば(八重食堂)』を薦めます。

その理由は、名護の伝統的な沖縄そばとして完成度が高いこと。
それから、うす味のスープがヤカンで出てきて何杯でも飲めるため、満足度が高いことです。

この記事では、名護市に住み、沖縄そばを日々食べ歩く筆者 高野が、八重そばのメニューや味を紹介します。
この記事を読むことで、なぜ八重そばへ行くべきかが納得できると思いますYO!

八重そばは名護の伝統的な沖縄そばとして完成度が高い

八重そばとスープのヤカン

名護の沖縄そばの伝統的なスタイルは、

  • 麺は幅の広い平打ち
  • スープはうす味で、かつお節は前面に出てこない

が特徴です。

幅広の平打ち麺は、沖縄そばでは一般的な「中太麺」と比較して、独特のシャープな食べごたえがあります。
ただし、名護の多くのそば店は同一の製麺所(三角屋製麺所)から麺を仕入れており、その場合には、お店による味のちがいはありません。

うす味のスープは、沖縄そばでは一般的です。

ただし多くのそば店は、かつお節の風味を前面にだしているのに対し、伝統的な名護のスープは、かつお節を前面には出しません。
使用される具材である豚や鶏、昆布やかつお節のいずれもが突出しない、渾然一体となったうま味が持ち味です。

このスープは、伝統的な名護の沖縄そば店でも、それぞれで微妙にちがいます。

うす味でありながら、具材のいずれも突出させないように作るためには、高度な技術が必要となることでしょう。
お店によっては、うま味が少なかったり、逆に肉のエグミが出てしまったりしていることもあります。

その点、八重そばのスープは過不足がなく、まさに「端正」。
十分なうま味がありながら、臭みやエグミはほとんどなく、完成度は高いです。

八重そばのスープはヤカンで出てくる!

八重そばとヤカンのスープ

しかも、八重そばがスゴイのは、この端正なスープがヤカンに入って出てくること!
スープはヤカンに並々と入れられていますので、3~4杯はおかわりでき、満足感が高いです。

きちんとしたスープを作るためには経費がかかることでしょう。
でありながら、八重そばの価格は標準的。
全く高くありません。

スープをヤカンに入れて出してくるのは、沖縄広しといえどもここだけではないでしょうか?
この一点においても、八重そばには行く価値があるといえます。

八重そばの立地は繁華街のど真ん中!

八重そばの立地

八重そばが立地するのは、名護の繁華街である『みどり街』のど真ん中。
100軒以上の飲食店・飲み屋が軒を連ねるみどり街は、夜ともなれば、ネオンの明かりが煌々と輝き、お客さんであふれます。

ただし、八重そばの営業時間は11時~15時まで。
八重そばを食べに行く時間帯には、みどり街はややうらぶれて見えるかもしれません。

みどり街は規模が大きく、スナックなどはたくさんあります。
スナック好きの人は、夜の時間に行ってみるのがいいです。

筆者 高野がなじみにしている、おすすめのお店は『中国風』です。

⇒『中国風』について詳しく見てみる

居酒屋を改造したような八重そばの店舗

八重そば 外観

八重そばの店舗は、なんとなく、「飲み屋を改造したのかな」と思わせる雰囲気です。

店内の雰囲気も、ちょっと居酒屋風。
4人がけのテーブルが3卓と、小上がりの座敷には4人がけの座卓が2卓あります。

座敷がありますので、子供連れの家族でも問題なく入れます。

価格は500円~650円!

八重そば メニュー

八重そばのメニューは、

  • ビール 500円
  • 三枚肉 小500円、大650円
  • ソーキ 小500円、大650円
  • ミックス 小500円、大650円
  • ジューシー 150円

となっています。
はじめての場合には、三枚肉とソーキの両方が味わえる「ミックス」を選ぶのがいいと思います。

サイズは「大」と「小」の2種類。
大といってもそれほど多くありませんので、普通に食べる人は大を頼むのがおすすめです。

ガッツリと食べたい人は、ジューシーも!
ジューシーとは、沖縄風の炊き込みごはんのこと。八重そばのジューシーも、それはそれはウマイです。

ただし、閉店時間の間際になると、ジューシーは売り切れていることがあります。
ジューシーを食べたいのなら、早めの時間に行くようにする必要があるでしょう。

マジでやばい八重そばのスープ!

八重そば ミックスとヤカンのスープ

さて、八重そばで沖縄そばを注文すると、 上の写真のように麺と肉が盛られたどんぶりと、ヤカンとが届きます。
ヤカンのスープを、自分でどんぶりに注いで食べるシステムです。

八重そばのスープ

この八重そばのスープ、マジでやばいです。
一口すすると、あまりにウマくて、そのまま全部飲み干してしまう人もいるかもと思うほど。

でも、大丈夫!
ヤカンにはまだたっぷりと入っていますから、スープは心ゆくまで味わえます。

八重そばのスープは、コクは十分でありながら、クドさが全くありません。
そのために、本当に何杯でも飲むことができます。

やわらかなソーキと三枚肉とやや歯ごたえがある麺!

八重そばのソーキ

こちらは、八重そばのソーキです。
ホロホロにやわらかく煮られています。

八重そばの三枚肉

そしてこちらが、八重そばの三枚肉。
少し濃いめの味が付けられ、ていねいに煮られています。

肉は、ソーキが2つと三枚肉3個入っています。
それにヤカンのスープが付いて、『大』が650円ですから、八重そばは「かなり安い」といえるかと思います。

八重そばの麺

麺は、上の写真の通り幅広の平打ちです。
ちょっときしめんに似ていますが、こちらの方がしっかりとした食べごたえがあります。

三枚肉そばは三枚肉が惜しげもなく!

八重そば 三枚肉そば

上の写真は、三枚肉そばです。
三枚肉が惜しげもなく、6個も入っています。

三枚肉の大きさは、写真ではわかりにくいかと思います。
でも決して、小さいことはありません。

紅しょうがなどを入れるのは後にするのがおすすめ!

八重そば 卓上調味料

八重そばの食卓には、他の沖縄そば店と同様に、紅しょうがや七味唐辛子、コーレーグースなどの調味料が置かれています。
しかし、これらを入れるとスープの味は全く変わってしまいます。

八重そばの場合には、スープを4~5杯は飲めることになります。
はじめの1~2杯は何も入れずにそのままの味を味わって、紅しょうがなどを加えるのはその後にするのがおすすめです。

駐車場はないので目の前のコインパーキングへ!

八重そば コインパーキング

八重そばの、唯一の欠点ともいえるのが、「駐車場がないこと」です。
繁華街のど真ん中にありますので、仕方がないです。

ただし、目の前に、コインパーキングがあります。
1時間100円ですので、クルマはそこへ入れましょう。

八重そばの店舗情報

八重そば 外観

  • 住所 沖縄県名護市城1-9-3
  • 電話 0980-52-3286
  • 営業時間 11時~15時
  • 定休日 火曜日

最高におすすめな料理本『大好きな炒めもの』ウー・ウェン著

大好きな炒めもの
ウー・ウェン著
4.3(Amazonの評価)
価格:¥1,518 (送料無料)
料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができて目からウロコが落ち、実用性も大変高い。筆者 高野も常に手元においている1冊です。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG