ツナ玉うどんは涙が出るほどうまいのである。

  • 2014年6月23日
  • 2019年6月11日
  • 昼飯
  • 675view
ツナ玉うどん

昼めしは、「PiPi」で食べない日は、簡単なものをのせたうどんを食べることが多い。うどんは冷凍で、冷凍うどんは湯がいて解凍するだけだから手間がかからず、しかも下手なうどん屋で食べるより味もいい。

前日の炒め物をのせて焼きうどんにするのも好きだが、残り物がない時によくやるのがツナ玉うどん。

ツナ玉うどん

釜あげにしたうどんにツナ、卵、ねぎと一味、それにしょうゆをかけて食べるだけの全く手軽なものなのだが、これが涙が出るほどうまい。

ツナと卵の相性がまず抜群で、さらにそれがしょうゆとよく合う。

大変おすすめである。

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!