ゴーヤーの肉じゃが塩味 ~ゴーヤー レシピとして基本といえる味!

ゴーヤーの肉じゃが塩味

前回の投稿で、

「『ゴーヤーのレシピって、チャンプルー以外に何があるんだろう?』と考えている人もいるでしょう」

と書きましたら、ツイッターでの反響がいくつかありました。

「カレーに入れてもいいですよ。あとはすり下ろしてジュース!」

ツイート

カレーは、スライスしたゴーヤーを冷凍庫で保存しておき、凍ったまま鍋に入れるのだそうです。

「おひたしも美味しい。」

おひたしは、うすくスライスしたゴーヤーを塩もみし、サッとゆで、削りぶしと醤油あるいはポン酢をかけるやつだと思います。おいしいですよね。

この方は、ゴーヤーを「パスタにも入れる」とのことでした。

ゴーヤーのレシピにけっこう需要があることがわかりましたので、このブログ『おっさんひとりめし』 に、タグ「ゴーヤー」を追加し、ゴーヤーのレシピを探しやすくしました。

ゴーヤー タグ

>>ゴーヤーを使った料理一覧<<

ゴーヤーを使った料理一覧は、上のリンクをクリックしても見られますし、普段はブログ画面上部などにあるメニューの「レシピ紹介」にカーソルを当てると、項目の1つとして「ゴーヤー」が出てくるように設定しました。

ゴーヤーのレシピは、2019年6月22日現在で、この記事を含めて58記事あります。ゴーヤーは、僕もかなり食べてきているんですよね。

このなかで特におすすめなのは、まず直近のレシピである「ゴーヤーの中華丼 酢豚風」

関連記事

「ゴーヤーのレシピって、チャンプルー以外に何があるんだろう?」と考える人もいるでしょう。レモンの3倍というビタミンCをはじめとして豊富な栄養素を含み、夏バテ防止にも効果があるといわれるゴーヤー。出盛りになる夏場には、できれば[…]

ゴーヤーの中華丼 酢豚風

ゴーヤーはトマトと、キュウリやズッキーニなど近縁のものがよく合うことからもわかる通り、ものすごく相性がいいんですよね。

あとは、「マーボーゴーヤー」

関連記事

夏は、ピリ辛麻婆がおいしい季節。そして、ゴーヤーが旬の季節でもあります。そんな、夏が似合う麻婆とゴーヤーを組み合わせた『麻婆ゴーヤー』。これは、麻婆としても、ゴーヤーを使った料理としても、大変おいしいものの1つです。この記事では、麻[…]

「スイートチリソースの鶏肉ゴーヤーチャンプルー」

「ゴーヤの豚キムチ丼」

など、ゴーヤーは赤唐辛子やキムチとの相性もとてもいいです。

そのほか、「うすくち醤油味のゴーヤーチャンプルー」

関連記事

ゴーヤの季節がやって来た。ゴーヤといえば、やはりまずは「ゴーヤチャンプルー」になるだろう。 ゴーヤチャンプルーにも作り方はいろいろある。まずは「何を入れるか」で、ゴーヤと豆腐、それに卵はいいとして、肉は「豚[…]

ゴーヤチャンプルー

「みそ味のゴーヤーチャンプルー」

関連記事

ゴーヤチャンプルを「沖縄の食べ物」と捉えれば、もちろん沖縄流の、醤油とカツオ節で味つけしたものが王道だ。ただしこれを「豚肉の炒め物」と捉えれば、味噌味が断然王道なのである。  […]

味噌のゴーヤチャンプルー

など、比較的ノーマルなやつもあります。

ゴーヤーの肉じゃが塩味は「かなり基本」といえる味

ゴーヤーの肉じゃが塩味

さて、それらさまざまなゴーヤー レシピのなかで、今回紹介する「ゴーヤーの肉じゃが塩味」は、「かなり基本」といえる味です。

ゴーヤーは、「洋風の塩味」がよく合います。

豚肉に洋風の味付けをしたスパムを使用し、塩だけで醤油を使わずに味つけする沖縄のゴーヤーチャンプルーは、その1つの例であるといえます。

ゴーヤーは、沖縄では煮込みませんが、洋風料理の基本といえる煮込み料理に使ってもおいしいです。おなじウリ科の野菜であるウリや冬瓜と同様に、煮込むと夏向きのホックリとした味になります。

沖縄でゴーヤーを煮込まないのは、ゴーヤーの苦味が汁にでるからかと思います。でも、にんにくとコショウをしっかり使えば、苦味は全く気にならず、むしろ滋味を増すものとして感じられます。

しかも、このゴーヤーの肉じゃが塩味は、お酒の肴としては申し分ありません。

醤油を使わないため、ごはんのおかずになるかどうかは微妙なところがありますが、じゃがいもは炭水化物ですので、僕の場合はごはんはなしでもこれだけで満足できます。

ゴーヤーの肉じゃが塩味の作り方

ゴーヤーの肉じゃが塩味 作り方

それでは、ゴーヤーの肉じゃが塩味の作り方を紹介します。

作る手順は、

  1. 豚肉とにんにくを炒める
  2. ゴーヤーなどの野菜を炒める
  3. 調味料と水を加えて煮込む
  4. 片栗粉でトロミをつける

の4工程です。

火加減を中火以下にし、強くしすぎないようにすれば、初心者でも失敗することはあまりないと思います。

ゴーヤーを大きめに切り、ホックリとした食べ応えが味わえるようにするのがポイントです。

1.豚肉とにんにくを炒める

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • 豚肉 100グラムくらい(今回は肩ロースのかたまり肉を細く切って使いましたが、コマ肉とかでも問題ないです。塩・コショウ・酒それぞれ少々をかるくもみ込み、片栗粉 小さじ1をまぶしておく)

を入れて中火にかけ、3~4分、豚肉に焼き色がつくまで炒める。

つづいて、

  • にんにく 1かけ(みじん切り)

を加え、1分くらいサッと炒めて香りをだす。

2.ゴーヤーなどの野菜を炒める

次に、

  • ゴーヤー 2分の1本(ヘタを落としてタテ半分に切り、スプーンでわたをかき出して、1センチ幅くらいに切る)
  • にんじん 2分の1本(1~2センチ大に切る)
  • じゃがいも 1~2個(大きさにより。皮をむき、2センチ大程度に切る)
  • 玉ねぎ 2分の1個(1~2センチ幅のくし切りにする)

を入れ、3~4分中火で炒めて油をなじませる。

肉を炒め終わった時点で野菜を切り終わっていなければ、野菜を切り終わるまで火を止めてしまってもいいです。

3.調味料と水を加えて煮込む

野菜に油がまわったら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 酢 大さじ1
  • ナンプラーまたはオイスターソース 小さじ1

を入れ、1分ほど炒めて味をなじませる。

  • 水 200cc
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • コショウ 4~5振り

を入れ、フライパンのフタをして火を強め、沸騰したら弱めの中火くらいにし、10分煮る。

途中で1~2回、上下を返してもよい。

4.片栗粉でトロミをつける

10分煮込んだら、味をみて塩気が足りなければ塩を加える。

火を止めて、

  • 片栗粉 大さじ1+2分の1
  • 水 大さじ3

の水溶き片栗粉を、3回くらいに分けて混ぜながら入れ、さらによくまぜる。

中火をつけ、1分くらい炒めてしっかりとトロミをつけたら皿に盛り、

  • 粗挽き黒コショウ 少々(好みで)

をかける。



ゴーヤーの肉じゃが塩味は3億22回死ねる!

ゴーヤーの肉じゃが塩味

ゴーヤーの肉じゃが塩味は、ゴーヤーのさわやかな苦味を存分に味わうことができ、だいたい3億22回くらい死ねるほどおいしいです。

煮込むことにより、ゴーヤーの苦味は穏やかになりますので、「ゴーヤーの苦味がニガテ」という人でも大丈夫かと思います。

また、野菜を入れるときにざく切りにしたトマトを入れれば、「トマト肉じゃが」となりこれもまたおいしいです。

ゴーヤーの肉じゃが、ぜひ試してみて、ゴーヤーレシピのレパートリーを増やしてくださいNE!

最高におすすめな料理本
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
この本を買うことで、本格的な中華料理を家にあるフライパンで作れるようになりますYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG