おっさんの面倒を見てもらえてありがたいのである。

  • 2014年6月4日
  • 2014年6月5日
  • 昼飯
  • 22view
PiPi

 
昼に喫茶店「PiPi」でビールを飲んだ。

PiPi

おっさんの面倒を見てもらえてありがたいのである。

 

 

喫茶店「PiPi」には、相変わらずお世話になっている。こんなおっさんが毎日毎日やってきて、「ブログ更新のため」と称して何時間も居座りつづけるわけだから、若いマチコちゃんにとっては負担にもなるだろう。

それでぼくも、その負担を少しでも減らすため、店ではできる限り大人しくするよう心がけてはいる。

でもおっさんだから、すぐに「あー」とか、声が出てしまったりするので、なかなか大人しくできないのである。

 

ブログ更新が昼にかかった時などは、そのままPiPiでビールを飲むことも多い。マチコちゃんは料理がうまく、ランチは格好のアテになる。

きょうのランチはイワシのフライにゴーヤチャンプルー、ひじきにサラダに・・・、というメニュー。

PiPi

イワシは梅の味がついていて、さらにつけ合せのレタスにかかったマヨネーズ系ドレッシングとあわせれば、何もかけずに食べられるようになっている。

 

PiPiで飲むと、特筆すべきは「お酌」がついてくることだ。

PiPi

きょうの店員は男性だったが、若い女性のこともあり、「にこり」としながら一杯目をついでくれる。

これはひとり暮らしのおっさんには、何ともたまらないサービスだろう。

「別料金ですからね」といつも釘を刺されるが、100円くらいなら払ってもいい。

 

きょうはビールを飲んでいたら池井くんが来た。

このところ池井くんは忙しくなり、昼は酒を飲まないのだが、マチコちゃんは「にやり」としながらぼくの隣に座らせる。ぼくが池井くんと一緒だと、つい酒が進むのを知っているからだ。

思惑どおり、ぼくはビールをおかわりし、池井くんやマチコちゃんとあれこれ話して2時間ほども長居した。

 

午後からはバリバリと仕事する予定がもろくも崩れたわけなのだが、別にいい。

仕事などいつでもできるが、楽しい時間はいつでもあるわけではない。

 

「ありがたいと思わないとね。」

チェブ夫

ほんとだよ。

 

 

 

◎関連記事

今週は「PiPi」で3回昼酒をしたのである。

「やりたいこと」の方向だけ見ていればあとは何とかなるのである。(新福菜館三条店、PiPi開店パーティー)

20代は若いのである。(四条大宮花見の会)

「街」という家に住むのもいいのである。(京都・四条大宮/てら、壺味、Kaju、スピナーズ)

一人飲みは奥が深いのである。(マチコちゃん誕生パーティー)
 

おっさんひとり飯
50歳、バツイチ独身の「おっさん」が一口コンロで作る、 “簡単・うまい・安上がり”と三拍子そろったレシピ集。
『おっさんひとり飯』の刊行から約2年。一人暮らしの男性の強い味方が、より使いやすい新書サイズとなって再登場です。
前回好評だった”殿堂入りレシピ”はそのままに、新たに編み出された垂涎必至のレシピも25点収録。
「お金はかけず、だけどうまい! そして簡単にできてしまう男のための料理本」(高野さん談)を教科書に、多くの方がキッチンに立つことを願っています!