おいしいサッポロ一番塩らーめんの作り方

  • 2017年1月6日
  • 2019年6月26日
  • 豚肉
  • 1179view

親の介護で川崎にある実家に寝泊まりしていて、生活のペースがいつもとは変わってくる。
いつもは昼食をメインにしてガッツリ食べ、夕食は軽いツマミで酒を飲んでいるのだが、昼間にやることが色々あるため、ガッツリ食べるのは晩にして、昼食を軽く済ませるほうが都合がいいことがわかってきた。

お菓子でもつまもうかと考えもしたけれど、それもちょっと何だから、インスタントラーメンを食べることにした。
ただしインスタントラーメンだけだとちょっとあまりに味気ないから、具を追加することにしたのである。

おいしいサッポロ一番塩ラーメンを作るポイント

加えるものとして、まず身体をあたため、疲労を回復する効果が高い「豚肉とにんにく」は外せないところである。
豚肉はうまいダシが出るベーコンを、にんにくは手軽なチューブのおろしにんにくを使うことにする。

それから入れる野菜はネギ。
ネギは長ねぎを使ったけれど玉ねぎでも可であって、ビタミン減になると同時に、やはり豚肉と合わせることで、にんにくに準ずるスタミナ源になる。

ベーコンは、いきなり煮込んでもかまわなけれど、炒めた方が味がよくなる。
まずオリーブオイルでベーコンを炒め、それから水とスープ、麺とネギを入れて煮込むという段取りだ。

 

ポイントは、スープを入れてから煮込むこと。

サッポロ一番の袋には、スープは麺を煮てから入れることになっている。
でもそれれだとスープの味が麺や野菜にしみないことになるわけで、それよりは最初に入れて、味をきちんとしみさせた方がウマイに決まっているのである。

おいしいサッポロ一番の作り方

鍋に、

  • オリーブオイル 大さじ2分の1
  • ベーコン 30グラムとか(食べやすい大きさに切る)

を入れて弱火にかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。

 

ベーコンに軽く焼き色がついたところで、

  • 水 500cc
  • チューブにんにく 好きな量

を入れて中火にし、煮立ってきたら、

  • サッポロ一番塩らーめんの麺
  • 同 スープ
  • 長ねぎ 3分の1本とか(ななめ切り)

を入れ、3分煮る。



18回くらいは死ぬ

どんぶりによそって添付のゴマをかけ、好みで粗挽きコショウをかける。

 

これは、ウマイ……。

 

オリーブオイルは「バターをあっさりさせた味」だから、これは「塩バターラーメン」と似たような味になるのである。
しかもベーコンとにんにくで身体が温まることこの上なく、18回くらいは死ねる。

 

しかしこのベーコンとネギのサッポロ一番塩らーめん、ビールにも間違いなくよく合いそうなのに、「昼だから」というだけの理由でビールは飲まなかったわけである。

こんな弱腰なことをしていたら、僕はとうてい立派なオトナになれそうにない気がする。

 

「もう十分立派なオトナになれてないから」

そうだよな。

最高におすすめな料理本
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
この本を買うことで、本格的な中華料理を家にあるフライパンで作れるようになりますYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG