【ツナとなすのソーミンチャンプルー】は簡単にできて286回死ねる

ツナとなすのソーミンチャンプルー

ツナとなすのソーミンチャンプルー

ツナとなすは、大変相性がいいのである。そしてツナとそうめんは炒め合わせるとうまいから、このツナとなすのソーミンチャンプルー、自動的にうまいという企画なのだ。

 

ツナとなすの相性がいいのは、考えてみたら京都の定番料理として、なすとニシンの煮物がある。なすはコッテリとした青い魚と相性がいいということだと思う。

そこでツナを使ったソーミンチャンプルーに、ナスを入れる。

ツナとなすのソーミンチャンプルー

これが非常に簡単で、286回は死ねるから、試してみるのがおすすめなのだ。

 

作り方

ソーミンチャンプルーは、とにかくそうめんに火を通しすぎないのがポイントだ。ゆでるのは30~40秒、炒めるのも長くて2分くらいにしないと、粘り気が出てしまっておいしくない。

 

ツナとなすのソーミンチャンプルー 作り方

フライパンにお湯を沸かし、そうめん・2把(1把でもいい)を30~40秒ゆでる。

すぐにザルにとって水で洗い、粗熱をとる。

 

ツナとなすのソーミンチャンプルー 作り方

あらためてフライパンに、

  • ツナ 1缶 (油漬けのやつを油ごと入れる)
  • なす 1本 (5ミリ厚さくらいに切る)
  • ゴマ油 大さじ1 (そうめんが1把の場合は少なめに)

を入れて中火にかけ、3~4分かかると思うが、なすがしんなりとするまでじっくり炒める。

 

ツナとなすのソーミンチャンプルー 作り方

ゆでたそうめんを加え、塩・少々(そうめん1把につき小さじ4分の1程度)、コショウ・少々で味つけし、麺をよくほぐしながら1~2分炒めたあと、しょうゆ・小さじ1を鍋肌から入れてひと混ぜし、皿に盛る。

 

ツナとなすのソーミンチャンプルー

これがアッサリとしていながらコクがあり、286回はぜったい死ねる。

 

ツナとなすのソーミンチャンプルー

ツナの味を吸い、しんなりとしたなすは、タマラナイ。

 

ちなみに食事は、これだけだとちょっとスタミナおよびビタミン不足だ。

ツナとなすのソーミンチャンプルー

ウインナーとピーマン・トマトのみそ汁(ニンニク入り)などを献立に加えるのがおすすめだ。

 

そしてこのツナとなすのソーミンチャンプルーがまちがいなく酒に合うにもかかわらず、今朝も「朝だから」というだけの理由で、酒を飲まなかったのだ。

さすがにここまで非常識なことをこれだけの期間つづければ、酒の神様にぜったい見捨てられると思う。

 

「見捨てられないよ」

チェブ夫

そうだよな。

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG