【もやしのチャンプルー卵入り レシピ】抜群のコクで293回死ぬのは確実

ついこないだアップしたもやしのチャンプルーと、違うのは卵を入れるか入れないかだけのことなわけで、こないだは卵を切らしていたのだ。

dsc_0161

でもスパムと相性抜群の卵が入っていたほうがコクが増し、293回は死ぬのは確実。

 

味つけは、沖縄のスタンダードに習ってしょうゆは使わない。

沖縄の料理がしょうゆを使わないことが多いのは、色をきれいに保つことも理由の一つではないかと思う。

とは言いつつ、沖縄の料理にほとんど使われることがないニンニクは入れている。

ニンニクと豚肉は、身体を強力に温めてくれるから、僕は料理にニンニクを使わないのは、ほとんど考えられないのだ。

 

作り方は簡単で、10分もあればできてしまう。ポイントは、もやしを炒め過ぎないこととなる。

 

作り方

dsc_0148

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 1かけ(みじん切り)
  • スパム 100グラム(5ミリ厚さくらいの短冊に切る)
  • 木綿豆腐 2分の1丁(食べやすい大きさにちぎる)

を入れて中火にかけ、豆腐に軽く焼き色がつくまで4~5分炒める。

 

dsc_0149

  • 玉ねぎ 4分の1個(タテのうす切り)
  • もやし 1袋

を入れてひと混ぜし、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 塩 小さじ2分の1

を入れてさらにひと混ぜ。

  • 溶き卵 2個分
  • ニラ 2分の1束(ざく切り)

を加え、もやしがしんなりしてきたら、

  • 粗挽きコショウ 少々

を振って、皿に盛り、

  • かつお節 ミニパック1袋分

をかける。

 

これはマジでウマイのだ。

dsc_0167

 

シャッキリもやしと、やわらかなスパム・卵・豆腐のコンビネーションがたまらない。

dsc_0168

 

そしてこれは、言うまでもなく酒にも合う。

それなのに、またしても「朝だから」というだけの理由で酒を飲まなかった僕は、いくじなしの謗りを免れないところだろう。

 

「勝手にして」

dsc_0173

そうだよな。

最高におすすめな料理本
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
この本を買うことで、本格的な中華料理を家にあるフライパンで作れるようになりますYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG