鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風 ~5万9,003億回死ねる!

肉じゃがのポトフ風とは、肉じゃがをポトフっぽく塩味で作ることです。手軽にできながらコッテリとしてうまいです。

今回は、鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風をおいしく作るポイントと、作り方を紹介します。

肉じゃがの「ポトフ風」とは?

肉じゃがの「ポトフ風」とは、ポトフっぽく塩味でつくる肉じゃがです。
肉じゃが同様、20~30分で手軽できますが、5万9,003億回ほど死ねるくらいおいしくできます。

和食では、醤油がなしの、塩味の煮物を作ることはできません。また、ポトフは、塩味とはいうものの、本格的に作る際にはにんにく、パセリ、セロリ、ローリエ、グローブ、粒コショウなどの香味野菜やスパイスを使用して、味に深みを出しています。

肉じゃがのポトフ風で使用するのは、

  • みりん
  • ナンプラー(かつおだしでも可)
  • 粗挽き黒コショウ
  • にんにく
  • 鶏ガラスープの素(コンソメなどでも可)

の、日本の家庭で日常的に使われるものばかりです。
でありながら、味は、「え~、これマジ、信じられない、おいしい~」と思わず叫び、校庭を44周くらいしてしまうほど満足できます。

肉じゃがのポトフ風は、豚こま肉でもいいですが、鶏肉とウインナーを肉として使うと、味的にも見た目のボリューム感としても大変いいです。
また、片栗粉を使用して最後にトロミをつけることで、箸などでも食べやすい煮物となります。

鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風を作るポイント

鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風を作る際のポイントは、鶏肉の皮によく火を通すこと、およびウインナーはシャウエッセンを使うことです。

鶏肉の皮によく火を通す

鶏肉は、もも肉がやわらかくておいしいです。鶏もも肉を焼く際には、皮目を下にしてフライパンに並べ、皮によく火を通します。
それにより、皮のブヨブヨ感がなくなり食べごたえが良くなるのとともに、皮の脂がよく出ることでおいしくなります。

ウインナーはシャウエッセンを使う

ウインナーは、価格によって味が大きく違います。
シャウエッセン、またはアルトバイエルン級の良いものを使いましょう。



鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風のレシピ

鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風の作り方は、

1. 鶏肉を焼く
2. ウインナーとじゃがいもなどを炒める
3. 調味料と水を加えて煮込む
4. トロミをつけて仕上げる

の4工程です。
特に難しいことはありませんので、下のレシピの通りにやれば、初心者でもおいしく作れると思います。

1. 鶏肉の皮を焼く

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ2

を入れ、

  • にんにく 1かけ(みじん切り)
  • 鶏もも肉 1枚(200グラムくらいなど。塩・コショウ・酒および醤油それぞれ少量をもみ込み、片栗粉小さじ2くらいをまぶし付けてから食べやすい大きさに切る)

を、皮目を下にしてフライパンに入れて、「強めの弱火」くらいの火にかける。
フタはせず、そのまま5分くらい、皮がきつね色になるまでじっくり焼く。

(にんにくはちょっと焦げますが、「焦がしにんにく」は問題なくおいしいので、それでいいです)

2. ウインナーとじゃがいもなどを炒める

鶏肉の皮が焼けたら、

  • ウインナー 3本くらい(半分に切る。または、切らない場合はフォークなどで穴を開ける。破裂するので)
  • じゃがいも 大きめのなら1個、小さめなら2個(皮をむき2センチ大ほどに切る)
  • ニンジン 2分の1本(皮はむかなくていいです。1センチ厚さくらいに切る)
  • 玉ねぎ 2分の1個(1センチ幅くらいのくし切りにする)

を入れて中火にし、全体に油がなじむまで2~3分じっくり炒める。

3. 調味料と水を加えて煮込む

一度火を止め、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 酢 小さじ1
  • ナンプラー 小さじ1
  • コショウ(粗挽きじゃないやつ)少々

を入れてふたたび中火をつけ、1分くらい炒めて味をなじませる。

  • 水 200cc
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 塩 小さじ4分の1

を加え、煮立ってきたらフライパンのフタをして、「弱めの中火」くらいの火加減でしっかりと煮立てながら10分煮る。

4. トロミをつけて仕上げる

一度火を止め、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ1

の水溶き片栗粉をまわし入れて、じゃがいもを崩さないように気をつけながらやさしく混ぜる。
中火をつけ、鍋返しをしながら1分ほど火を通し、しっかりとトロミがついたら皿に盛る。

  • 缶入りまたは袋入りのグリーンピース 少々
  • 粗挽き黒コショウ 少々

をかけて食べる。

まとめ

鶏肉とウインナーの肉じゃがポトフ風は、塩味でありながらコクがある、こってりとした味わいです。一度食べると、絶対ハマると思います。

20~30分で手軽にでき、初心者でも失敗の心配はそれほどありません。
普通の肉じゃがに飽きた場合は、試してみてくださいNE!

最高におすすめな料理本
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
この本を買うことで、本格的な中華料理を家にあるフライパンで作れるようになりますYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG