ゴーヤーと豚肉・厚揚げのトマト煮込み ~3億6回死ねてカンタン!

夏が旬のゴーヤーは、ゴーヤーチャンプルーにするのが定番中の定番です。でも、そればかりだと、やはりちょっと飽きるもの……。

ビタミンCをはじめとした豊富な栄養素を含むため、夏バテ防止に効果があり、しかも値段も手頃なゴーヤーは、食べ方を工夫することにより、できればちょくちょく食べたいところ。

そこで今回は、ゴーヤーと豚肉・厚揚げのトマト煮込みを紹介します。

豚肉と厚揚げ(=豆腐)がゴーヤーとの相性が良いのはゴーヤーチャンプルーで証明済み。さらにトマトとも、ズッキーニとおなじウリ科であるゴーヤーは、相性が大変いいです。

作るのは、具材を炒めて煮るだけだから、超カンタン。

このレシピを活用し、ぜひともゴーヤーをたくさん食べてくださいNE!

ゴーヤーと豚肉・厚揚げのトマト煮込み レシピ

豚肉は、今回は肩ロースのかたまり肉を食べやすい大きさに切って使っています。でも、べつにコマ肉とかでも問題ないです。

また、今回のレシピでは、豚肉と厚揚げのほかに、パック入りのカット水煮タケノコと玉ねぎを加えています。

タケノコは穏やかな歯ごたえ担当として、また玉ねぎはコク出し担当として、入れるとさらにおいしいですが、省略することもできます。

作る手順は、

  1. 豚肉を炒める
  2. 野菜を炒める
  3. 調味料と水を加えて煮込む
  4. 水溶き片栗粉でトロミをつける

の4段階です。

弱めの火でじっくりと作ることを心がければ、失敗することは初心者でもあまりないと思います!

1.豚肉を炒める

フライパンに、

  • オリーブオイル 大さじ1
  • 豚肉 100グラム程度(食べやすい大きさに切り、塩・コショウそれぞれ少々を振っておく)

を入れて弱めの中火にかけ、豚肉の脂をだしながら軽く焼き色がつくくらいまで3~4分じっくり炒める。

2.野菜を炒める

豚肉にほぼ火が通ったら、

  • にんにく 1かけ(みじん切り)

を入れ、1分ほどサッと炒める。

  • ゴーヤー 2分の1本(タテ半分に切り、スプーンでワタを取り除いて、5ミリ~1センチ幅に切る)
  • 厚揚げ 2分の1パックなど(1センチ幅くらいの食べやすい大きさに切る)
  • カット水煮タケノコ 4~5本
  • 玉ねぎ 2分の1個(1センチ幅くらいのくし切りにする)
  • トマト 2分の1個(ざく切りにする)

を入れ、上下を返しながら全体に油がまわるまでじっくりと4~5分炒める。

実際に作る際には、肉を炒めながら野菜を切ると思います。もし、肉に火が通るまでに野祭を切り終わらなければ、一度火を止めてしまい、野祭を切り終わってフライパンに入れてからまた火をつけるので、問題は全くないです。僕は、いつもそうしています。

3.調味料と水を加えて煮込む

野祭に油がまわったら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 酢 小さじ1
  • ナンプラー 小さじ1

を入れ、1分くらいそのまま炒めて味をなじませる。

次に、

  • 水 200cc
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • コショウ 2~3振り

を入れ、フライパンのフタをして火を強め、しっかりと煮立ってきたら強めの弱火くらいにして、5分煮込む。

4.水溶き片栗粉でトロミをつける

味をみて、必要なら、

  • 塩 少々

を入れる。

一度火を止め、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ2

をまわし入れ、よく混ぜる。

ふたたび弱めの中火をつけ、上下を返しながら1分くらい炒めて、しっかりとトロミをつける。

器に盛り、

  • 粗挽き胡椒 少々

をかける。

ほっくりと煮えたゴーヤーはまた大変おいしく、3億6回くらいは死ねるかと思います。

酒の肴にもごはんのおかずにも、言うことなしですYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG