5分でできる簡単おつまみ! 【ほうれん草炒め】

ほうれん草炒め

5分でできる簡単おつまみ!
今回は、『ほうれん草炒め』。

冬場になると、スーパーの野菜売り場で、ひときわ鮮やかな緑色が食欲をそそるほうれん草。
独特のうま味と苦味があり、青菜のなかでも「別格」と思える存在感がありますよね。

このほうれん草、定番の料理は「おひたし」か「青菜炒め」です。
このうち、青菜炒めがぶっち切りで手軽であり、ほんとうに5分でできます。

ほうれん草炒め

作るコツは、最初に、油に味をつけてしまうこと。
それから、ほうれん草を炒めはじめたら火加減は強火にし、とにかく炒めすぎないこと。

このコツさえ押さえれば、簡単においしくできますので、ぜひ試してみてくださいNE!

ほうれん草炒めの作り方

ほうれん草炒め 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • にんにく 1かけ(包丁の腹で押しつぶす)
  • 輪切り赤唐辛子 1つまみ(唐辛子1~2本分)
  •  小さじ4分の1程度

を入れ、弱めの中火にかける。
にんにくがキツネ色になるまで1~2分じっくり熱し、油にしっかり味をつける。

火加減を強火にし、

  • ほうれん草 2分の1把(洗って水をよく拭き取り、まず根の部分を切り、あとは4~5センチ長さに切る)

を、まず根の部分、10秒くらい炒めたら茎の部分、また10秒くらい炒めたら葉の部分を入れ、さらに10~20秒、全体に油がまわるまでサッと炒める。

  •  大さじ1

を加え、10~20秒くらい炒め、シャッキリ感を残して火から上げ、皿に盛る。

ほうれん草炒め

シャキシャキのうまうまです。
たまりませんYO!

チェブ夫吹き出し
チェブ夫
ぜひやってみてね!
チェブ子吹き出し
チェブ子
ぜったいね!
最高におすすめな料理本
5

料理研究家ウー・ウェン氏による、炒めものだけを集めた最高におすすめなレシピ本。
料理店ではなく、家庭の中華料理を学ぶことができ、目からウロコが5億34枚ほど落ちます。
この本を買うことで、本格的な中華料理を家にあるフライパンで作れるようになりますYO!

>高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

高野 俊一のレシピ本『おっさんひとり飯』

筆者 高野が、2014年に出版したレシピ本です。最初にムック本として出版されたものを、新書判サイズにまとめ直しました。
ひとり暮らしで作るのにちょうどいい、比較的手軽にできておいしい料理レシピを集めてあります。
ちょっと前のものになりますが、内容は全く古くありません。ぜひ見てみてください。
この本を手元において料理を作れば、自炊のレベルが2億6倍くらいはアップしますYO!

CTR IMG