イカとトマトのもやしサラダ/炒めたイカを野菜に乗せるとうまいのである。

2014/08/23

きのうはイカとトマトのもやしサラダ。

イカとトマトのもやしサラダ

炒めたイカを、野菜に乗せるとうまいのである。

 

 

イカは、どういうわけか、酒に非常によく合い、定期的に食べたくなる。おまけにスルメイカなら、一人分には十分な1杯が200円ほどだから、財布にも優しいのがありがたい。

イカも食べ方は山ほどあり、甘辛いタレで焼いたり、煮付けたり

するのは定番だし、ワタと一緒にスペイン風

や、甘辛いみそ味

で炒めるのも、濃厚なコクがあってたまらない。

それから逆に、サッとゆでたのをショウガ醤油で食べる

のも、これまたサッパリとしていいと来ていて、イカの守備範囲たるやどれだけの広さなのかと舌を巻くのである。

 

きのうはスーパーでイカを買い、それからあまり何も考えずにもやしも買った。家に帰ってイカの食べ方を考えたのだが、思い出したのは、「酒房京子」の女将京子さんのやり方だ。

「イカをサッと炒め、千切りキャベツの上に乗せ、ショウガ醤油をかけるとうまい」

とのことで、お店でも、それを少しアレンジしたのを食べたことがある。

 

「これがいい」と思ったのだが、残念なことに、キャベツがない。

しかしそこで思い出したのは、もやしである。もやしをゆで、キャベツの代わりにしても、問題はなさそうだ。

 

シメジも冷蔵庫に余っていたから、それももやしと一緒にゆでることにした。もやしとシメジの上に炒めたイカを乗せ、ショウガ醤油と青ねぎをかける・・・。味的には悪くはなさそうなのだが、どうも色目が地味すぎるだろう。

トマトもあるから、それをもやしに加えようとも思ったが、すると今度は、ゆでたもやしと生のトマトが、味的に合わない気がする。

どうしようかと思った結果・・・。

トマトをイカと、炒めることにしたのである。

 

トマトとイカは、サッと炒め合わせると、とてもうまい。

トマトも火が通っていれば、もやしとよく合いそうだ。

イカとトマトのもやしサラダ

さらにタレは、ショウガ醤油だけでなく、ゴマ油と酢を加え、中華風にしてみたら、うまいのではないだろうか。

 

京子さんは、イカにはショウガ醤油を、そして下のサラダには、ドレッシングをかけていた。

それならば、初めからドレッシングをかけてしまえば、もっと簡単なのである。

 

もやし一袋とシメジ少しを、塩を振った水でサッとゆでる。

イカとトマトのもやしサラダ 作り方

ザルに上げ、よく冷ましてから、優しく絞る。

 

イカは丸ごとのを買ってきたから、捌かないといけない。

イカとトマトのもやしサラダ 作り方

でもこれは、大して難しい話でもないのである。

 

まずイカの前面、胴と中身がくっ付いているところがあるから、胴の中に指を入れ、手がとどく範囲で外す。

イカとトマトのもやしサラダ 作り方

左手で胴を、右手で中身を持ち、横に引っ張ると、するりと抜ける。

 

胴の中には、タテに長細い軟骨が入っている。

イカとトマトのもやしサラダ 作り方

これを折らないように気を付けて、真横に引きぬく。

中身は目から上を切り落とし、足の根元にあるクチバシを取り除く。

イカとトマトのもやしサラダ 作り方

あとは、胴は輪切り、足はぶつ切りにすればいいのである。

 

残ったワタは、今回は捨てるのだが、そのままゴミ袋に入れてしまうと臭ってくる。

ビニール袋にでも入れて、冷凍庫に入れておけば、問題ない。

 

ドレッシングも作っておく。

分量は、ゴマ油としょうゆ、おろしたショウガ、酢を大さじ1ずつ、砂糖を小さじ1。

 

フライパンに、サラダ油少々と鷹の爪1本を入れ、強火にかける。

イカとトマトのもやしサラダ 作り方

もうもうと煙が出てきて、鷹の爪が黒くなってきたところで、捌いたイカと、8等分のくし切りにし、種を除いたトマトを入れる。

20~30秒、サッと炒めて、イカがピンクに色付いてきたところで火を止める。

 

もやしの上に、炒めたイカとトマトを乗せ、青ねぎとドレッシングをかける。

イカとトマトのもやしサラダ

予想通りバッチリうまく、また酒が進んだのである。

 

あとは、ナスの吸物。

ナスの吸物

吸物は、昆布だしで煮て、あとから削りぶしをかけるのが手軽なのだ。

 

鍋にだし昆布を敷き、2カップの水を入れて中火にかける。

煮立ってきたら、酒と淡口しょうゆを大さじ2ずつ、みりん小さじ2を入れて、皮を剥き、1~2センチ幅に切ったナスと、食べやすい大きさに切った油あげを煮る。

お椀によそい、削りぶしと青ねぎをかけ、おろしたショウガをほんの少し盛る。

 

万願寺とうがらしのしょうゆレモン。

万願寺とうがらしのしょうゆレモン

まだレモンが残っていたから。

 

万願寺はタテに割り、ヘタとワタを取り除いて、大きいものなら食べやすい大きさに切る。

フライパンにサラダ油少々を入れて強火にかけ、1~2分、炒め過ぎに気をつけて、サッと炒め、しょうゆを鍋肌からまわし入れて味を付ける。

削りぶしをかけ、レモンを絞って食べる。

 

みょうがの冷奴。

みょうがの冷奴

冷奴の上に、タテにうすく切ったみょうがを乗せ、一味と味ポン酢をかける。

 

酒は、焼酎水割り。

酒は、焼酎水割り

きのうも言うまでもなく、飲み過ぎた。

 

「のんきだね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

イカと万願寺の梅ダレ炒めは、さわやかな夏向きの肴である。

イカときゅうり、万願寺のオイスターソース炒めは、意外な取り合わせだが「王道」ともいえる味である。

イカワタ甘辛みそ炒めの残り汁をうどんにかけると超弩級のうまさである。

魚介には甘辛酸っぱい味付が合うのである。(豚とネギのしょうゆ焼きそば、イカのオイスターソース炒め)

ニラは魚介類にもよく合うのである。(イカとニラのオイスターソース炒め)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-024 スルメイカ