万願寺とうがらしの食べ方としておすすめ。マーボー万願寺

2015/09/26

マーボー万願寺

万願寺とうがらしの食べ方として、まずは焼いたり、ちりめんじゃこで煮たりするのがあげられる。ただそれだと、メインの料理としては出しづらい。

その点「マーボー万願寺」はおすすめだ。万願寺もとうがらしなので、ピリ辛料理とは大変相性がいいのである。

 

◎スポンサーリンク


 

万願寺とうがらしは京野菜の代表的存在で、元はもう少し細くて小さい甘長とうがらしと、ピーマンを掛けあわせたものだそうだ。

万願寺とうがらし

「とうがらし」とはいいながら、たまにある「当たり」を除いて辛味はなく、ピーマン同様肉厚で、しかもピーマンよりも繊維が硬く、歯応えがあるのが特徴だ。

 

この万願寺とうがらし、食べ方としてまず一番簡単なのは、そのままグリルで焼くことで、おかかに味ポン酢でも、塩にオリーブオイルでも、かけて食べると大変おいしい。

それから定番中の定番は、ちりめんじゃこと一緒に煮込むこと。

繊維が硬い万願寺とうがらしの、煮込まれてクッタリとしながらも、もちもちの食感を保つところを存分に味わうことができる。

 

ただこれらの料理は、サイドディッシュとしては絶好なのだが、メインにはなりにくい。

メインにしようと思ったら、たとえば豚肉と炒めるという手があったりする。万願寺はピーマンより歯応えがあるから、炒め物に使うとシャッキリとして実にうまいのだが、これだと「ピーマンの代用品」という位置づけとなってしまい、万願寺とうがらしの独自性を発揮しているとは言いがたい。

 

そこでおすすめなのが、「マーボー万願寺」なのである。

マーボー万願寺

 

マーボーは、煮込み料理だ。煮込まれても歯応えを失わない、万願寺だからこそできる話だ。

しかも、万願寺も辛くないとはいえ、とうがらし。ピリ辛料理との相性は、最高なのだ。

 

このマーボー万願寺こそ、メイン料理としてピーマンではない、万願寺とうがらしならではの独自性を発揮するのに、打ってつけなのである。

 

万願寺とうがらしは、十分クッタリさせることが必要だ。煮込み時間は、大型のものなら15分くらい、小さめなら10分くらいになると思う。

きのうは香味野菜として、ショウガのほかにみじん切りの玉ねぎを使った。玉ねぎは、味がふっくらと柔らかくなり、とてもおすすめだ。

 

フライパンに、

  • ゴマ油 大さじ3
  • みじん切りのショウガ 2センチ大
  • みじん切りの玉ねぎ 4分の1個
  • 豆板醤 小さじ2
  • 豚ひき肉 200グラム

を入れて弱めの中火にかけ、スプーンでひき肉を押しつぶしてほぐしながら、4~5分じっくり炒める。

マーボー万願寺

 

肉と野菜から出た水気が飛び、「ジュージュー」いう音が収まってきたところで、溶き伸ばしておいた調味料、

  • 味噌 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1

を加え、さらに1~2分炒めて味をなじませる。

マーボー万願寺

ここでまずはしっかり、「肉味噌」を作ってしまうわけである。

 

水1カップを入れ、味をみて塩加減をして、サッと洗った万願寺とうがらしを入れる。

マーボー万願寺

煮込んだ万願寺とうがらしは、ヘタもワタも、問題なく食べられる。

 

フタをして10~15分くらい煮て、十分柔らかくなったところで、中火にしてトロミをつける。

マーボー万願寺

水溶き片栗粉は、片栗粉・大さじ1と、水・大さじ1。これを加減を見ながら、スプーンで少しずつ入れては混ぜする。

 

 

粉山椒をかけて食べる。

マーボー万願寺

 

白めしが進むこと、この上ないのである。

マーボー万願寺

 

 

あとは、わかめスープ。

わかめスープ

豚ひき肉が、スーパーで買ったパックに250グラム入っていたのである。なので200グラムをマーボーに使い、50グラムをスープのだしに使ったという話だ。

 

鍋に、

  • 水 2+2分の1カップ
  • 豚ひき肉 50グラム
  • わかめ
  • ショウガのうす切り 2~3枚

を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にして、20分煮る。

わかめスープ

  • 酒 大さじ2
  • オイスターソース 小さじ2
  • 塩 少々

で味をつけ、油あげを入れてさらに5分くらい煮る。

お椀によそい、青ねぎと、ひねり潰したゴマをかける。

 

それから梅酢ドレッシングの野菜サラダ。

野菜サラダ

ドレッシングは、梅酢・1にサラダ油・2、あとは砂糖と塩、淡口醤油をそれぞれ少々。

 

それに、キムチ。

キムチ

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

食事には、メニューを考えるのと買い物で1時間、作って食べるのに3時間を、毎日かける。ここに時間がかかるから、つい仕事をする時間は短くなるわけである。

しかし自炊した飯を食べる満足感は、この上ない。

おれはこれを味わうために生きているわけだから、仕事など、多少押してもかまわないのだ。

 

「お金がなくなるよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

土鍋で炊くのが豪華に見えるしウマイのでおすすめ。鯛めし(万願寺とじゃこの炊いたん)

これはうまい。イカわたと万願寺とうがらしのキムチ炒め

万願寺と豚肉のみそ炒め/つまらないもんを食べてる奴は人間がつまらないのである

食物繊維を取るならこれだ!レタスと豚肉のマーボー丼

涙がでるほどウマイ。麻婆なすトマト入り
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-