肉吸いは、やはり牛肉で作るとやさしい味でいいっすわ

2015/03/25

きのうは肉吸い。

肉吸い

やはり肉吸いは牛肉で作ると、やさしい味でいいですわ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

三条会商店街の抽選会で当たった高級・すき焼き用牛肉が、あと一回分だけ残っていた。これで何を作ろうか考え、きのうは「肉吸い」。

肉吸いは「肉の吸物」のことで、東京では一度も食べたことがなかったが、関西では非常にポピュラー。もともと大阪・千日前のうどん屋が、二日酔いだった吉本新喜劇・俳優の「肉うどん、うどん抜き」との注文に応えたのが発祥とのこと、そこから一気に広まったものだそうだ。

 

豚肉好きのぼくは、これまで肉吸いも豚肉で作っていたのだが、関西で「肉」といえば、もちろん牛肉。

肉吸い

きのうはせっかく牛肉があるので、これで肉吸いを作ることにしたわけだ。

 

「吸物に肉はどうか」と思う向きもあると思うが、これが、実にウマイ。だしを強めに取るのがポイントで、肉のうまみの中に削りぶしの風味がプンと立つのがいいのである。

 

それから絶対に忘れてはいけないのは、卵。

きのうは卵かけご飯にしたが、汁に割り落として半熟くらいにしてもよく、いずれにしても卵を入れると、ちょっとすき焼きっぽい味になる。

 

まずは2杯分、2カップのだしを取る。

3カップの水に10センチくらいのだし昆布を入れ、煮立てないようにしながら、15分くらい、コトコト煮出す。

肉吸い

 

昆布がビロ~ンと、だらしなく伸びたところで、削りぶし、これは正確にいえば2カプ分で10グラム、ミニパック4袋分なのだが、簡単にいえば「一つかみ」を入れる。

肉吸い

5分くらい、やはり煮立てないようにしながら煮出し、削りぶしの風味がきちんと立ったら、昆布はとり出し、削りぶしも絞ってとり出す。

 

これでだいたい2カップくらいのだしが取れるはずなのだが、ここに、

  • みりん 小さじ2
  • 淡口しょうゆ 大さじ2

で味付けする。

もし肉のニオイが気になるようなら、酒を大さじ1くらい入れてもいい。

 

この汁で、まず豆腐を5分くらい煮て、それから肉、さらにきのうはシメジをサッと煮る。

肉吸い

もし卵を割り落とすなら、肉にはあっという間に火が通るから、豆腐と一緒に入れるのがいいと思う。

 

たっぷりの青ねぎと、好みで一味をかけて食べる。

肉吸い

 

豚肉とはまた違ったやさしい味で、何ともいい。

肉吸い

 

一杯目はこれを肴に酒を飲み、2杯目の共に、卵かけご飯。

卵かけご飯

これが、最高の相性なのである。

 

昆布と削りぶしのだし殻は、じゃこ炒めにした。

だし殻のじゃこ炒め

 

だし殻の活用法を迷う人も多いと思うが、もちろん活用するに越したことはないのだが、「無理をしない」ことが大切だとぼくは思う。

だし殻は、だしを毎日のように使う人だと、けっこうな量になるはずだ。これを「かならず活用しなければいけない」と思ってしまうと、毎日だし殻料理を食べなくてはいけないことになるわけで、それはさすがに飽きて、イヤになる。

「もう一品、何かあったらいいな」と思うときに活用するくらいにして、あとは捨ててしまうのがおすすめだ。

 

だし殻料理は、「じゃこ炒め」にするのが一番簡単。

だし殻のじゃこ炒め

フライパンにゴマ油少々と、ちりめんじゃこ、輪切り赤唐辛子を入れて中火にかけ、食べやすい大きさに切っただし殻を炒める。

昆布がやわらかくなってきたら醤油で味をつけ、汁気がなくなるまで炒める。

 

あとは、セロリの酢の物。

セロリの酢の物

うすく切ってサッと塩ゆでし、よく水気をふき取ったセロリとわかめ、竹輪とちりめんじゃこを、

  • 砂糖 小さじ3
  • 酢 大さじ3
  • 塩 少々

で和える。

 

それに、すぐき。

すぐき

 

酒は、冷や酒。

酒は、冷や酒

 

きのうは安倍首相が自衛隊を「我が軍」と発言したとのニュースを見て、自衛隊は安倍首相のものではないし、軍でもないと、ずいぶん腹が立っていたのだ。

しかしうまいものを食べて酒を飲めば、それもとりあえずは忘れ、ぐっすりと眠れるのである。

 

「あまりカッカしないようにね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

 

ちなみにきのう、また「ちびニャン」が入ってきた。

テーブルの上やら、

ちびニャン

 

ベッドの上やらを、

ちびニャン

我が物顔に歩きまわる。

 

なぜ入ってくるのかと、ちょっと思っていたのだが、どうやら甘えたいようだ。

ぼくに体を押し付けてくるから、撫でてやると、とても喜ぶ。

ちびニャン

 

猫が、耳を撫でられると喜ぶことも、きのう初めて知った。

ちびニャン

 

寝る時間となり、サッシを開けても、外へ出ていこうとしない。

仕方がないからそのまま布団に入ったら、ちびニャンは脇に来て、けっきょく明け方トイレで起きるまで、一緒に寝ることとあいなった。

ちびニャン

おかげで今朝は、大量の猫の毛を掃除するのが大変だった。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

豚肉と白菜のトロトロみそ煮込み

あさりとジャガイモの甘酢っぱ炒め

「生活の論理」を見つけないといけないのである。(豚の肉吸い)

肉は吸物にするのもまたうまいのである(豚肉と小松菜の吸物)

豚の肉豆腐/寒くなってきたらやはり「鍋」なのである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-013 牛肉