最強のスタミナ食。牡蠣とにらのオイスターソース炒め

牡蠣とにらのオイスターソース炒め

きのうは、牡蠣とにらのオイスターソース炒め。これは最強のスタミナ食だ。

 

◎スポンサーリンク


 

40歳を過ぎるあたりから、体力は急激に低下する。さらに50歳を過ぎると、歯にガタが来はじめるなど、何かと医者の世話にならないといけなくもなってくる。

若いころなら、毎日牛丼ばかりを食べていてもさして問題にはならないものが、この年になってくると、そんなことをしているわけにはいかない。

食事に気を使わないと、体が持たないのだ。

 

きのうも、頬の炎症はおさまったものの、まだ本調子とはいえない体調。スタミナがつくものを食べたいと思っていたところ、スーパーで見つけたのが、牡蠣だった。

牡蠣

 

牡蠣の旬は、最盛期は1月後半から2月ごろ。いまはまだ出始めで、粒も小さい。

でもあるのなら、食べない手はない。何しろ牡蠣のスタミナは、ハンパないのだ。

 

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど、豊富な栄養をふくむそうだ。タンパク質は、9種類の必須アミノ酸すべてのほかに、12種以上のその他のアミノ酸を含むとのこと。

ビタミンも、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・Cなど豊富。ミネラルも、カルシウムや鉄、胴などなど様々なものを含むのだとか。

なかでも特筆すべきは「亜鉛」。牡蠣はすべての食品中、もっとも多くの亜鉛を含んでいるらしい。

 

疲労回復はもちろんのこと、貧血、冷え性、美肌、精力増強などに効果があるとか。またアルコールを分解する作用もあり、ちょっとくらい飲み過ぎても、次の日残らない。

 

きのうも牡蠣を食べたら、夜はぐっすりと一回も目が覚めることなく快眠し、朝起きると、まだ手や足がじんわりと温かい。これは、豚肉をはるかに超えるスタミナなのだ。

 

牡蠣は、きのうも100グラムで320円だったから、値段はあまり安くはない。

でも体を壊して医者へ行くことを考えれば、そのくらいのお金をはらう価値は、十分ある。

 

 

さて牡蠣を食べるには、鍋に入れたり、酢牡蠣やぬたにしたりなど、やり方は色々ある。でも一番人気なのは、「カキフライ」ではないだろうか。

これは牡蠣が、脂肪が少なくあっさりしていて、ご飯のおかずになりにくいからだろう。油で揚げて濃い味をつけ、コッテリさせるということなのだと思う。

 

でも油を使った料理なら、揚げ物より炒め物のほうが手軽にできる。しかも牡蠣はオイスターソース炒めが、オイスターソースは牡蠣が原料なのだから、死ぬほど合うのだ。

 

そしてこの牡蠣オイスターソース炒めに、にらがまた合う。

牡蠣とにらのオイスターソース炒め

しかもにらも、スタミナについてはハンパないわけで、この牡蠣とにらのオイスターソース炒め、「最強のスタミナ食」と呼んで、過言ではまったくない。

 

牡蠣を炒め物にする場合には、とにもかくにも「炒め過ぎない」ことがすべてだ。牡蠣は火を通し過ぎると、小さくちぢんで硬くなる。

といっても、とくに加熱用の牡蠣のばあい、火を1分は通さないといけない。

だから牡蠣を炒めはじめて、1分後に炒め終わるよう、段取りを考えることが必要なのだ。

 

牡蠣とにらのオイスターソース炒めを作るには、工程は、

  • 牡蠣を炒める
  • ニラを炒める
  • オイスターソースをからめる

の3つとなる。

このそれぞれを「10秒ずつ」でやるようにすると、材料を取ったり、ちょっともたついたりする時間がそれぞれの工程で10秒ずつくらいはあるから、「ちょうど1分」という話になる。

 

 

牡蠣・100グラムは、生食用なら水洗いするだけ。加熱用の場合には、片栗粉少々をふって揉み、2~3回水をかえて洗う。

牡蠣とにらのオイスターソース炒め 作り方

水気をふき取り、片栗粉・大さじ1くらいをまぶしておく。

 

牡蠣とにらのオイスターソース炒め 作り方

フライパンにサラダ油・大さじ1~2くらいを入れて弱火にかけ、たたき潰したにんにくをじっくり炒めて味を出す。

 

牡蠣とにらのオイスターソース炒め 作り方

にんにくがキツネ色になったところで強火にし、フライパンがよく温まったら牡蠣を入れて10秒炒める。

つづいて、ざく切りのにら・1把を入れ、10秒。

最後に、あらかじめ混ぜ合わせておいた調味料、

  • 酒 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1

を入れ、全体をサッと混ぜ合わせて火を止める。

フライパンに置いたままにしておくと、それだけでも牡蠣はちぢんでしまうから、炒め上げたらすぐに皿に盛るのもポイントだ。

 

 

オイスターソース味のプリプリの牡蠣は、まじでたまらない。

牡蠣とにらのオイスターソース炒め

 

酒の肴はもちろんのこと、ご飯にも最高のおかずになる。

牡蠣とにらのオイスターソース炒め

 

 

あとは、豚汁。

豚汁

豚汁は、先に淡口醤油でうすく味付けしておくと、野菜や肉に味がしみやすい。

 

3カップの水に、

  • 頭とわたを取った煮干し 1つまみ
  • 短冊に切った大根
  • 短冊に切ったニンジン

を入れて中火にかけ、煮立ってきたら軽く煮立つくらいの火加減にして、大根がほぼやわらかくなるまで、10分くらい煮る。

  • 酒 大さじ1
  • 淡口醤油 大さじ1

で味をつけ、短冊に切った油あげを加え、今度はあまり煮立たせないようにしながら10分くらい煮て、味をしみさせる。

豚うす切り肉を入れ、色が変わったら火を止めて、みそを溶き入れる。

お椀によそい、青ねぎと一味をかける。

 

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

シメは、ご飯。

ご飯

 

 

年をとると、色々気を使わないといけないことが増えるので、めんどうだ。

早く「お先に失礼」としたいところなのだけれど、こればっかりは神様が決めるものだから、神様が「もういいよ」と言うまでは、がんばろうとは思っている。

 

「意外に長生きすると思うよ。」

チェブ夫

よく言われるんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

和風で作るとやさしい味。豚肉のニラ玉

カキめしは、カキの最もうまい食べ方の一つなのだ

カキは、ねぎと「ピリ辛すっぱい味」で炒めるとウマイんすよ

カキとたっぷりねぎの小鍋だて ・・・カキとねぎは相性最高なんですよね~

カキのミルク鍋 ~体をあたためるにはカキもいいのである
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-026 カキ