マーボーなすは和風に作るとまたウマイ

2015/09/26

和風マーボーなす

なすがおいしくなる夏は、どうしたってマーボーなすは何度も作る。となれば飽きないように、同じマーボーなすでもちょっとずつ、違いを出したいところである。

その一つとして、「和風」に作るのは非常におすすめ。しみじみとした味になり、大変うまい。

 

◎スポンサーリンク


 

「和風」と「中華風」の何が違うかと いえば、
「油に味を溶かしこむかどうか」
なのである。中華料理は油で香味野菜をじっくり炒め、この香味油が味つけの基本になる。

日本は中国からたくさんのことを輸入したにも関わらず、この油の技術は、どういうわけか、ついに輸入しなかった。

中国が炒め物を始めたのは、日本でいえば鎌倉時代に当たるそうだが、日本がそのころ中国から輸入したのは精進料理で、全く正反対の方向へ行ってしまったわけなのだ。

 

マーボーなすも、中華風に作る場合は、まず豆板醤やネギ、ニンニク、しょうがなどを、たっぷりの油でじっくり炒める。

ここからまずニンニクをとり除き、唐辛子とネギ、しょうがを後から入れるようにすれば、和風になるわけである。

和風マーボーなす

これは要は、「なすのそぼろ甘辛味噌あんかけ」で、またこれがやさしい味になって実にウマイ。マーボーなすレパートリーの一つに加えるのはおすすめだ。

 

味噌で煮込むことになるので、味噌は八丁・赤だし味噌を使うのがいい。

ふつうの味噌が煮込むと風味が飛ぶのに対し、八丁味噌は、煮込めば煮込むほどコクが増す。

 

作り方は、非常に簡単。みじん切りする手間がなくなり、中華風よりラクである。

 

まずなすを炒めておく。

和風マーボーなす 作り方

なす・2本は3センチ程度の乱切りにする。

  • ゴマ油 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1

を入れ、中火にかけたフライパンで、4~5分、なすがややしんなりしかけるくらいまで炒める。

なすは後からさらに煮るから、ここで火を通し過ぎないことが肝心だ。

 

火が通ったなすは皿にとり出しておき、改めてフライパンに、

  • ゴマ油 大さじ1
  • 豚ひき肉 200グラム

を入れ、中火にかける。

和風マーボーなす 作り方

スプーンで押し潰してよくほぐしながら、4~5分、水気が飛ぶまでじっくり炒める。

 

合わせておいた調味料を入れ、1分ほど炒めて味をなじませる。

和風マーボーなす 作り方

調味料は、

  • 赤だし味噌 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • おろしたショウガ 2センチ大くらい

を、よく溶きまぜる。

 

水・1カップと、とり出しておいたなすを入れ、フタをして弱火で5分くらい煮る。

和風マーボーなす 作り方

 

味をみて塩加減をし、火加減を中火に戻して、

  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ1

をよく混ぜた水溶き片栗粉を、スプーンで少しずつ入れては混ぜしながら、トロミをつける。

和風マーボーなす 作り方

 

 

皿に盛り、小口切りにした青ねぎと一味をたっぷりかける。

和風マーボーなす

 

これは、たまらない、、、

おれ

 

甘辛味噌は、日本人にとってはゴールデン。

和風マーボーなす

しみじみとした味で、本家のマーボーなすより、こちらの方がうまいくらいである。

 

 

あとは、焼麩入りのとろろ昆布吸物と、、、

焼麩入りのとろろ昆布吸物

 

冷やしトマト。

冷やしトマト

 

それにたたきキュウリのレモン和え。

たたきキュウリのレモン和え

すりこ木でたたき、ちぎって1つまみの塩で揉み、20~30分おいて水洗いして水気をよくふき取ったキュウリ1本を、

  • 砂糖 小さじ1
  • レモン汁(ポッカレモン100) 大さじ1

で和え、一味をかける。

 

シメはご飯にしたのだが、これは温かいうどんを合わせてもうまいと思う。

ご飯

 

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

自作の料理で酒を飲むと、いつも気分がとても良くなり、だいたい寝る前には朦朧としている。いつもこんないい思いをして、料理しない奴には申し訳ないことだ。

それでつい、毎日飲み過ぎてしまうわけだが、50を過ぎればあとは死ぬだけなのだから、別にそれでいいのである。

 

「体を壊しても知らないよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

涙がでるほどウマイ。麻婆なすトマト入り

これもウマイ。うす味のマーボー茄子

まさに必殺。ナス鶏そぼろあんかけ素麺

手軽で激ウマ。ナスとひき肉のトマト缶カレー

ご飯によく合う和風味のミートソース。ナスミート・ライス
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-