あさりとジャガイモの甘酢っぱ炒め

2015/03/21

きのうは、あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

オリーブオイルにレモンをきかせ、洋風っぽい味なのだが、やはりニンニクは使わないのだ。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
 http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 
 

きのうは、あさり。あさりの料理は、出てくるウマウマの汁をどう活用できるかが、やはり何といってもポイントになる。

簡単のは酒蒸しだけれど、それだと汁が皿に残ったままになってしまうから、もったいない。吸物にするのは簡単な解決策だし、ご飯に炊き込んだりキャベツと蒸したり、そうめんを添えたりなどするのもいい。

 

そうやってあさりの汁を吸わせるのに、打ってつけのものの一つが、ジャガイモだ。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

ジャガイモは、タップリと汁を吸うものである上に、あさりとの相性も、とてもいい。

ジャガイモと魚介類は、日本では合わせることは少ないが、「フィッシュ&チップス」で分かるとおり、洋風料理では代表的な組み合わせの一つだろう。

これをオリーブオイルにレモンを加え、コクと酸味がある味付にすると、ジャガイモもあさりも両方引き立つ。

 

オリーブオイルにレモンとなれば、これを洋風に作るならば、ニンニクとパセリも加えるのが普通なのは言うまでもないことだ。でもぼくは、何度も言うとおり、ニンニクもパセリも使いたくない。

普段あまり使わない調味料を増やしたくないこともあるし、あとはきょうなど、新子にすぐきを並べるわけだが、メインの皿にニンニクを使ってしまうと、新子だのすぐきだのの淡い味は、全くといっていいほど消し飛んでしまう。

小鉢まで全部洋風にするほどのレパートリーは、こちらにはないのである。

 

そこでニンニクとパセリの代用として、まず使うのは、先日使って残っていたセロリ。セロリは、茎はみじん切りにして初めに炒め、葉も、やはりみじん切りにして最後にかける。

あとは、ショウガ。それから隠し味的に砂糖とオイスターソースを入れると、コクが出る。

 

外国の料理は、現地で作られているのと同じように作ってしまえば、簡単は簡単だ。

でもそれを、日本流にどうアレンジできるかを考えるのは、料理のかなり大きな楽しみだとぼくは思う。

 

まずはフライパンに大さじ2ほどのオリーブオイルを引いて、中火にかける。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

みじん切りにしたセロリの茎・大さじ1くらいと、やはりみじん切りのショウガ・小さじ1くらいを、2~3分、じっくり炒める。

 

セロリの香りが立ってきたら、1センチくらいの太さに切ったジャガイモを入れ、さらに2~3分炒める。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

ジャガイモは、水に5分くらいさらしておくと、シャッキリ感が出てぼくは好きだ。

 

あらかじめ、合わせておいた調味料、

  • 酒 大さじ2
  • オイスターソース 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1

を入れ、ひと混ぜしたら、塩水につけて砂出しし、水でよく洗ったあさり、それにバラしたしめじを入れる。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

 

フタをして、あさりの殻が全部ひらくまで蒸し焼きにする。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

 

あさりの殻が開いたら、味をみて塩加減し、ジャガイモが汁気をほぼ吸い込むまで、2~3分炒める。

最後に、みじん切りにしたセロリの葉と、レモン汁(ポッカレモン100)・大さじ1くらいを加え、ひと混ぜして火を止める。

 

旬のあさりは、ぷっくらと身がふくらんでいる。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

 

うまみを吸ったジャガイモが、また「たまらない」わけである。

あさりとジャガイモの甘酸っぱ炒め

 

あとは、新子のおろしショウガ・味ぽん酢。

新子のおろしショウガ・味ぽん酢

イカナゴの幼魚・新子は、味がねっとりしてほんとにウマイ。

 

具だくさんの赤だし。

具だくさんの赤だし

水でまず昆布を煮出して、つづいて竹輪、油揚げを煮、赤出しみそ(八丁味噌)を溶き入れたら白菜を煮、最後にわかめを入れて、サッと煮たら火を止める。

 

それに、すぐき。

すぐき

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

めしを作り始めてから、食べ終わるまで、かるく2時間以上がかかる。

おかげで仕事の時間が圧縮されてしまうのだが、ぼくはめしを食うために仕事をしているのだから、仕方がないのである。

 

「仕事も大事だよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

ちなみにチェブ夫を、風呂に入れた。

チェブ夫

 

きれいになり、喜んでいるようだ。

チェブ夫

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

チキントマト煮にはセロリを入れるのだ

和風だしを使った「肉じゃが的カレー」は手軽でウマイのだ

あさりのオイスター炒めは、甘辛酸っぱい味にするとウマイのだ

新キャベツとあさりの酒蒸し(うどん入りだよん)

あさりご飯は簡単にでき、しかも最もうまいものの一つである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-029 その他魚料理