京都名物「豚の粕汁」がまたウマイわけである

2014/11/20

京都名物、「豚の粕汁」。

豚の粕汁

これがまたウマイわけである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

京都には「名物」が、それこそ山のようにあり、挙げだしたらキリがないわけだが、「粕汁」もその一つに加えることができるだろう。

ただしこれは、観光客向けなどではなく、京都の人が家庭で食べる、「ソウルフード」に 近いものだと感じられる。

 

たとえば「お母さんの味」や「お婆さんの味」が「粕汁」だと、京都の人から話を聞くのは決して珍しいことではない。一度、

「地球最後の日に何を食べたいか」

と話していて、

「粕汁」

と答えた京都出身の女性もいた。

 

粕汁について語らせると、京都の人は、熱い。入れる具材や味付など、それぞれに強いこだわりがある。

居酒屋などでも、冬場には粕汁をメニューに加える店は多い。そのかわり豚汁がメニューにあることは少なくて、関東でいえば豚汁の位置付けが、関西では粕汁にあたると言えるのかもしれない。

 

なぜ京都の人が、ここまで粕汁が好きなのか。これはぼくの憶測だが、「お雑煮」に関係があるのではないだろうか。

京都のお雑煮は白みそで、さらに大きな里芋を具として入れる。このお雑煮の「白い色」と、「トロトロの食べ応え」が、粕汁にそっくりなのだ。

 

お雑煮が、その土地の人の「食の好み」を強く反映することは、まちがいがないだろう。

だから京都の人は、「白くてトロトロとしたものが好き」と、言ってもいいのではないか。

 

しかしお雑煮は、神様に捧げる特別な食べ物だから、そういつでも食べるわけにはいかない。そこでその代用品として、「粕汁」があるのではないかと思うのだ。

 

さらに粕汁は、「酒粕」という、いわば「廃物」を利用している。

この「廃物利用」の精神も、おからなどを初めとして、食材を徹底して大事にあつかう京都の人の考え方に、合うのではないかという気もする。

 

粕汁というと、全国的には、「紅鮭」を入れるのがもっとも一般的だろう。しかし京都は、「粕汁に紅鮭を入れる」と言う人は、とても少ない。

ぼくが聞いた限りでは、圧倒的に「豚肉」で、あとは肉も魚も入れない精進。

これがどうしてなのかは、不思議なところだ。

 

しかし粕汁に、紅鮭ではなく豚肉を入れると、粕汁の「トロトロ感」がいっそう増すのは間違いない。また廃物を利用した、気取らない食べ物だから、「安い豚肉を使う」ということもあるのかなと思ったりする。

 

ちなみにこの「豚の粕汁」、京都発祥の全国ラーメンチェーン店「天下一品」のラーメンに、そっくりな味なのだ。

ぼくは天下一品が京都でこれだけ人気があるのは、京都の人が「豚の粕汁好き」であることと、関係があると睨んでいる。

 

きのうは八百屋へ行ったら、酒粕が売られていた。

酒粕

酒粕が売られるのは、粕汁を作るようになる冬場だけ。ブリ大根同様、これはいよいよ、冬がやってくることを意味している。

酒粕は、やはり高級なもののほうが、酒の香りがふわっと立って、うまい。これは「松竹梅・大吟醸」の酒粕で、わりと「高級なもの」とされている。

といっても、ガッポリ入って300円もしないのだから、まったく知れた話である。

 

京都の人に、粕汁の作り方を聞くと、入れる具材は、豚肉などの他には油あげと大根、ニンジン。

豚の粕汁

それに青ねぎかセリをたっぷりとかけるのが、「最低限必要なもの」なのだそうだ。

あとは人それぞれで、里芋やら、コンニャクやらを入れる人もいる。

ニンジンは、真っ赤な金時人参だときれいなのだが、まだ金時人参は出回っていないから、普通の人参にしておいた。

 

だしの仕立て方についても、色々あるみたいだが、基本は、

「昆布と削りぶしで吸物だしを作り、酒粕をくわえる」

となるらしい。

白みそを入れる人もいるそうだけれど、きのうは基本のやり方を採用した。

 

粕汁の作り方は、別にむずかしいことは何もない。

ただし

「酒粕をケチらずに、ガッポリと入れる」

ことが、大きなポイントになると思う。

 

鍋に3カップ半の水とだし昆布を入れ、煮立ってきたら弱火にする。

粕汁の作り方

「ギリギリ煮立たない」くらいの火加減を保ちながら、10分ほど煮出す。

 

昆布を取り出し、ザルを据えて、かつお節・ミニパック3袋分を入れる。

豚の粕汁作り方

粕汁は「酒の風味」が主役だから、削りぶしはそれほどたくさんでなくていい。

 

2~3分、小さい火のまま煮出したら、ザルを取り出し、お玉の底で削りぶしの汁気をしぼる。

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 淡口しょうゆ 大さじ3

で、吸物味(うどんだしの味)を付けておく。

酒は、酒粕を使うけれど、さらに入れたほうが風味が増す。

酒をかなりたくさん、入れる人もいるそうだ。

 

このだしで、まず拍子木に切った油あげ、大根、ニンジンを5分ほど煮る。

豚の粕汁作り方

大根やニンジンの皮を剥かないのは、京都流ではなく「ぼく流」だ。

 

煮ているあいだに、酒粕をだしで溶かしておく。

豚の粕汁作り方

上の3カップのだしに対して、握りこぶし大の酒粕を入れると、けっこうしっかりトロッとする。

 

大根がやわらかくなり始めたあたりで、豚バラ肉(コマ肉)200グラムを入れる。

豚の粕汁作り方

湯通しなどは、どうせ白くドロッとするのだから、しなくていい。

 

2~3分煮て、豚肉の色が変わったら、溶かした酒粕をくわえる。

豚の粕汁作り方

さらに2~3分煮て、味がなじめば出来上がり。

 

青ねぎを、たっぷりかける。

豚の粕汁

 

体が芯から、ほっこりと温まり、冬場には打ってつけの食べ物だ。

豚の粕汁

 

ご飯は、白めし。

豚の粕汁

粕汁は、酒に合うのはもちろんのこと、ご飯のおかずにもバッチリなる。

 

あとは、小松菜とさつま揚げの煮びたし。

小松菜の煮びたし

さつま揚げは、手軽な煮物のいいだしになる。

 

小松菜1株はざく切りにし、サッと塩ゆでして水に取り、絞っておく。

鍋に、細く刻んださつま揚げ1枚と、水2分の1カップを入れ、2~3分煮出したあと、

  • 酒 大さじ2分の1
  • みりん 大さじ2分の1
  • 淡口しょうゆ 大さじ2分の1

で味付けする。

しめじをサッと煮て、下ゆでした小松菜を入れ、ひと煮立ちしたら火を止めて、そのまましばらく浸しておく。

 

それに2日目の、味がしみまくったブリ大根。

2日目のブリ大根

 

自家製梅干し。

自家製梅干し

梅干しは、時間が経つにつれて味が深くなる。

 

酒は、言うまでもなく、熱燗。

酒は熱燗

冬場は、この「温かいものに熱燗」が、本当にたまらないわけである。

 

「京都には、おいしいものがほんとにたくさんあるからね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

ブリ大根を作るのは楽しいのである

天下一品は「現代の粕汁」だと思ったのである。

京都の人は「粕汁は豚肉」という人が多いのである。

紅鮭の粕汁は「塩気をうすくする」のがポイントなのである。

豚肉とカブの吸物/豚肉を吸物にするとメチャクチャうまいのである
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉