「豚肉値」は高く保つ必要があるのである(豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め)

2014/10/10

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒めをどんぶりにして食べた。

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め

「豚肉値」は、高く保つ必要があるのである。

 

 

きのうも夜、仕事を終え、スーパーへ向かって歩いていると、

「豚肉値が低下している・・・」

そう思うのである。

これはもちろん、症状は、単に「疲れ気味でだるい」ということだ。それをぼくは「豚肉値の低下が原因」と見ているという意味になる。

 

実際の話、豚肉のスタミナは、ハンパじゃない。

特にニンニクやニラ、ねぎなどと合わせると最強で、疲れや引きはじめの風邪などはスッキリと抜け、翌日もまだ、体がポカポカと温かい。

これは豚肉に含まれる「ビタミンB1」と、ニンニクやニラ、ネギに含まれる「アリシン」が相互作用する結果だそうだ。

 

アリシンは、ビタミンB1が糖の代謝を助けるのを、さらに促進するとのこと。

おかげで糖は、効率よくエネルギーに変わり、それで元気が湧くのだろう。

 

魚はもちろん大好きなのだが、魚を2~3日食べ続けると、どうしても豚肉が食べたくなる。

豚肉値の低下を体が感じ、警報を発するからで、それできのうも、「豚肉一択」でスーパーへ入った。

 

豚肉は、できるだけ安いのを選ぶようにしているが、それでも色々種類がある。

脂身が多い方がうまいから、それで「安い」となれば、選択として「アメリカ産のバラ肉」か、「日本産のコマ肉」ということになるだろう。

これはぼくの意見では、日本産のコマ肉の方がうまい。

 

ところがこのコマ肉にも、色々な種類があるのであり、コマ肉の部位は指定できないわけだから、うまいコマ肉を選ぶためには店を選ぶしか方法がない。

スーパーも、店によってコマ肉の味はかなりちがう。

それからもし、肉屋が近くにあるのなら、多くの場合そちらの方が、スーパーよりうまいコマ肉が安く買える。

 

さらに「切り落とし」という、コマ肉よりは多少高級なのがある。

これも部位によって味がちがい、モモ肉などだと少し硬い。

 

きのうはバラ肉の切り落としがあったから、それを買った。

バラ肉の切り落としは、コマ肉よりは少し高いが、値段と味のバランスは理想的なのである。

 

この豚肉を、どう料理するかを考え始めたのだが、すぐに決まった。冷蔵庫に長ねぎが1本半ほど、残っているのを思い出したからである。

豚肉とねぎの炒め合わせは、味的にも、スタミナ的にも、最も強力なものの一つだろう。

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め

味付は塩ベースもおいしいけれど、きのうはピリ辛のみそ味にし、ご飯にかけることにした。

 

さらにここに、やはり冷蔵庫に残っていた、厚揚げも加えることにする。

炒め物も、厚揚げや油あげ、焼き麩など、味を吸うものを入れると、ホッと癒されうまいのである。

 

ピリ辛味は、みそベースの味付だから、豆板醤で付ける。

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め

フライパンに、ゴマ油大さじ2くらい、それに豆板醤小さじ1、1~2センチ大のショウガみじん切りを入れ、中火にかけてじっくり炒める。

 

豆板醤とショウガの香りが立ってきたら、食べやすい大きさに切った豚肉200グラムと1センチ厚さくらいに切った厚揚を入れ、引きつづき中火でじっくり炒める。

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め

豚うす切り肉は火を通しすぎると硬くなるから、炒めるにせよ、煮るにせよ、弱めの火でやるのが肝心だ。

 

豚肉に火が通ったら、合わせておいた調味料を入れる。

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め

調味料は、酒とみそを大さじ2ずつ、砂糖とみりんを大さじ1ずつ。

 

少し炒め、豚肉と厚揚げに味が付いたら、青いところまで丸ごと、斜め切りにしたねぎを加える。

ねぎはきのうは1本半だが、べつに2本でも問題ない。

 

上下を返しながらじっくり炒める。

ねぎがしんなりしたら火を止めて、皿に盛ったご飯にかける。

 

ピリ辛みそ味、プリプリの豚肉としんなりねぎで、ご飯がいくらでも食べられるのは言うまでもない話だろう。

豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め

おかげで豚肉値は急速に回復し、きょうも脚がポカポカしている。

 

あとは塩もみナスのツナポン和え。

塩もみナスのツナぽん和え

これがまた、うまかった。

5ミリ幅くらいに切ったナスを、一つまみの塩で揉み、5分くらい置いたら水洗いして、よく絞る。

青ねぎ少々を加え、ツナと味ポン酢で和えて、一味を振る。

 

小松菜と油あげの吸物。

小松菜と油あげの吸物

小松菜はアクが出るから、ざく切りにしてサッと塩ゆでし、水で冷やして絞っておく。

鍋にだし昆布と水2カップを入れ、中火で温め、小さく沸騰してきたら、酒大さじ2、みりん小さじ2、淡口しょうゆ大さじ2弱で味付する。

油あげを煮て、小松菜を入れて温めお椀によそい、削りぶしと一味をかける。

 

自家製梅干し。

自家製梅干し

時間が経つごとにうまくなる。

 

酒は焼酎水割り。

酒は焼酎水割り

「飲み過ぎる」と言っても、5~6杯くらいのものである。

 

「豚肉教だね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

しめサバほどうまくて簡単に出来るものはないのである。

炒め物を和風にやろうとおもえば「甘み」がポイントになるのである(豚肉と小松菜・厚揚げのあんかけ炒め)

死を怖れるとロクなことはないのである(豚肉と厚揚げのおどん)

豚肉とキュウリのピリ辛みそ炒めは驚愕のうまさなのである。

豚肉豆腐トマト入りは、たまらない味である。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉