夏の終わりに、にしんナスを作ったのである。

2014/09/21

夏の終わりに、懸案だったにしんナスを作ったのである。

湯豆腐とにしんナス

ただしもう寒いから、メインは湯豆腐だ。

 

 

昨日の昼は、「PiPi」でビール。

PiPi

かわいいギャルのお酌付き(別料金。日によってむくつけき男の場合もあり)である。

 

喫茶店で昼に飲むビールの何がうまいと言って、他には誰も飲んでいないことだ。

昼から開けている酒場だと、まわりは全員飲んでいるから、飲むのは珍しくも何ともない。ところが喫茶店では、多くの場合、飲むのはぼく一人だから、

「ビールください!」

と高々と注文するとき、

(オレなんかこうやって、昼から飲んじゃうんだぜ)

という優越感を味わえることになる。

さらにぼくが注文したあとに続けて、ビールを頼む人が出たりなどすると、

(やった、感化してやった・・・)

と、かなりの満足感がある。

 

しかしたまに、ぼくがまだ飲んでいないのに、ビールを注文する人が出ることがある。

するとぼくは、負けじ魂に火が付いて、まだブログの更新が途中でも何でも、自分もビールを頼まずにはいられなくなるのである。

 

PiPi店主マチコちゃんは、料理がうまい。

PiPi

きのうのランチは、イワシフライほか。

 

PiPi

自家製タルタルソースには、しば漬けが使われていたりするのが気が利いている。

 

家に帰って1時間ほど昼寝をし、それから仕事。

しかしきのうは、仕事にまったく手が付かず、はかどらなかった。

 

その理由は、きのう発見された、衝撃写真。

安倍首相とマスキクン

安倍首相が、人種差別団体「在特会」の元幹部で、現在も筋金入りの差別主義者である男性「マスキ君」と、にこやかに並んで写っている。

高市早苗氏、山谷えり子氏につづき、彼らを任命した首相までが、ネオナチ・差別団体とズブズブだったのがわかったことで、ツイッターは沸き返っている。

その騒ぎに煽られて、ぼくもツイッターを熱心に見続けてしまったからだ。

 

それでも何とか、多少は仕事もし、9時半にカフェから帰宅。1時間ほどメールチェックなどをしたあと、焼酎を飲みながら、何を食べるか考えはじめた。

 

一応きのうは、懸案だったにしんナスを作ることにしていた。

にしんナス

夏を終えるにあたり、あともう一度はにしんナスを作らなければ、気が済まない。

にしんナスは、京都の名物料理の一つだと言えると思うが、にしんはコッテリ、ナスはさっぱり、別々の鍋で煮て、最後に合わせる。

そうすると、そのにしんとナスのコントラストが、何とも楽しい食べ応えになるのである。

 

このにしんナスで、料理自体の価値でいえば、ぼく的には十分メインになるのだけれど、ところがきのうは、寒かった。Tシャツ短パンではいられずに、スエットを着込んだほどである。

そうなると、温かいものが食べたくなる。

そこでせっかくのにしんナスには申し訳がないけれど、メインは湯豆腐とすることとし、にしんナスはサイドメニューに下がってもらうことにした。

 

湯豆腐はシンプルに、豆腐のみ。

湯豆腐

昆布だしに、しょうゆの味付で煮ることにする。

 

まずは、にしんナスから作る。

にしんは身欠きにしんではなく、「ソフトにしん」と呼ばれる半生状態のものがあり、ぼくはそれを、食べやすい大きさに切って冷凍してあった。

にしんナス 作り方

凍ったまま水に入れ、サッとゆでて、湯は捨てる。

 

にしんを改めて、5センチ角くらいのだし昆布を敷いた鍋に入れ、ナスを煮る分もあるから水は多めの400cc、酒とみりん、砂糖としょうゆそれぞれ大さじ3づつを加えて中火にかける。

にしんナス 作り方

10分ほど煮て、にしんの味が煮汁に十分しみ出したところで、煮汁の半分強、200ccを別の鍋に移す。

 

にしんを煮ているあいだに、2センチ幅くらいに切ったナスを、1~2分、サッと下ゆでしておく。

にしんナス 作り方

 

そのナスを、にしんの煮汁を倍ほどに水で薄め、そのままではナスを煮るには甘いから、しょうゆを少し加えたもので、4~5分煮る。

にしんナス 作り方

にしんの方は、そのまま中火で、煮汁が少しドロっとしてくるまで煮る。

 

にしんもナスも、鍋に入れたまま冷まして味をしみさせ、温め直して器に盛り、にしんの煮汁をタラリとかける。好みで一味や粉山椒を振ってもいい。

にしんナス 作り方

コッテリと甘く、歯応えがあるにしんと、うす味のやわらかなナスを代わりばんこに食べるのが、たまらなく楽しい。

 

湯豆腐は、だし昆布を敷いた土鍋に豆腐を入れ、豆腐がかぶるまで水を入れたら中火にかける。

湯豆腐 作り方

フツフツと煮立ちはじめた頃合で、入れた水が2カップなら、酒大さじ2、淡口しょうゆ大さじ2弱で味を見ながら味付し、煮立てると豆腐にスが入るから、ごくごく小さな弱火にし、10分煮る。

 

削りぶしと青ねぎを散らし、おろしショウガを盛る。

湯豆腐

やはり寒くなってきたら、まずはこれである。

 

あとはおとといの残りの炒め物。

豚肉と夏野菜の炒め物

 

その前の残りの万願寺。

万願寺の炊いたん

 
 

酒は焼酎水割り常温。

酒は焼酎水割り常温

肴があまりにうまかったおかげで、きのうもまたお代わりを重ねてしまった。

 

「自堕落な生活だね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

今週は「PiPi」で3回昼酒をしたのである。

にしんナスを作ろうと思っていたら、つい豚ひき肉を買ってしまったのである(酸辣麻婆ナス)

豚肉とキュウリ、ナス、トマトのピリ辛みそ炒めで夏野菜に別れを告げるのである。

蒲焼きはサンマの食べ方の、定番の一つである。

カウンターを初めて体験したのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-029 その他魚料理