アサリのオイスターソース炒めはそうめんに乗せるのである。

2014/06/11

 
アサリのオイスターソース炒めで酒を飲んだ。

アサリのオイスターソース炒め

これは炒めたそうめんに乗せるのである。

 

◎スポンサーリンク


 

魚屋へ行ったら大きなアサリが売っていたから、それをオイスターソースで炒めることにした。

アサリの食べ方といえばまずは酒蒸し、みそ汁や吸物にしたりご飯に炊き込んだりするのもいいし、むき身にしてぬたなどにするのも定番だろう。オイスターソース炒めはあまり知られていないと思うが、これもいい。

中華風なわけだが、「イカのオイスターソース炒め」は定番になるだろう。イカに限らず、オイスターソース炒めはアサリやカキなど魚介全般の代表的な食べ方だ。

 

特にアサリやカキなど貝類の場合には、ニラやネギなどを加え、味に酸味と辛みをつけると合う。これはネギにからし酢味噌で和える「ぬた」と考え方がおなじである。

というよりぬたが、おそらく中国から来たのだろう。ネギやニンニクなどの使い方に関しては、中国に一日の長がある。

 

中国ではもちろんのことニンニクを使うだろうが、ニンニクは和風の献立に合わなくなるから使わない。

かわりにゴマ油と砂糖、ショウガでコクを出す。

 

ただしこの惣菜には、ちょっとした問題がある。味については問題がないのだが、メインとしては「量が足りない」のである。

アサリは200グラムを買ったとしても、重さはほとんど「殻」が占めることになるから、身は50グラムほどだろう。

それだと食べても腹がふくれず、つい酒を飲み過ぎることになる。

 

なのでこのアサリの炒め物の下に、そうめんを敷くことにする。そうめんは炒めておき、炒め物も汁気を増やす。

アサリのオイスターソース炒め

すると香ばしいそうめんに、トロリ煮汁がからまった、あんかけ焼きそば風になるという企画である。

 

アサリは砂出しをし、よく洗う。砂出しは、1カップの水に小さじ1くらいの塩を溶かしたところに1時間ほど浸けておく。

アサリのオイスターソース炒め 作り方

洗うときには両手でアサリを擦るようにし、臭みの元になる表面の汚れをよく落とす。

 

ネギはたっぷりを斜め切り。

アサリのオイスターソース炒め 作り方

酒とオイスターソース、しょうゆをそれぞれ大さじ1、砂糖と酢、おろしショウガを小さじ1、片栗粉小さじ2をよく混ぜ合わせておく。

 

下ごしらえが終わったところで、そうめんにとりかかる。まず1分ほどゆで、ザルにあげて水で洗い、サラダ油少々で炒める。

アサリのオイスターソース炒め 作り方

きのうは焼き付けたのだが、そこまでしない方がよく、炒めるだけでいい。

炒めたそうめんは皿に盛り、上物を待機させる。

 

フライパンにゴマ油と輪切り唐辛子それぞれ少々を入れ、中火にかける。きのうは輪切り唐辛子を切らしていたのであとから一味を振るようにしたが、輪切り唐辛子の方がいい。

アサリのオイスターソース炒め 作り方

アサリを入れ、ひと混ぜしたら水1カップを入れてフタをする。そのまま火にかけ、アサリの殻が開くのを待つ。

 

殻が開いたら強火にし、ネギを入れてひと混ぜする。

アサリのオイスターソース炒め 作り方

合わせ調味料を入れ、トロミがついたら火を止める。

 

皿に盛ったそうめんの上にかける。

アサリのオイスターソース炒め

そうめんを一束にするか二束にするかは、腹の減り方次第である。

 

あとは厚揚げの焼いたの。

厚揚げの焼いたの

フライパンでこんがりと焼き、ショウガとネギ、味ぽん酢をかける。

 

それにとろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

 

上賀茂のおばさんの古漬け。

上賀茂のおばさんの古漬け

 
 

酒は冷や酒。

酒は冷や酒

そうめんがあったから、酒は一杯だけで済んだ。

 

「そうめんは炒めてもおいしいよね。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

夢の大きさでは負けないのである。(アサリと春キャベツの蒸し物)

アサリ酒蒸し、鯛あら汁のにゅうめん

スピナーズでブログの話が盛り上がり、夜中の12時からアサリごはんを作ったのである。

魚介には甘辛酸っぱい味付が合うのである。(豚とネギのしょうゆ焼きそば、イカのオイスターソース炒め)

ニンニクを使わないからこそ見える世界があるのである。(豚ネギ塩炒め)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-029 その他魚料理