オイスターソースがコツ。ゴーヤの豚しょうが焼き

2015/07/21

ゴーヤの豚しょうが焼き

豚しょうが焼きは、そのままだとどうしてもコクが足りない。豚肉と醤油の相性が悪いからだ。

そのため必ず、隠し味を入れる必要がある。隠し味としてオイスターソースを使うのは、おすすめだ。

 

◎スポンサーリンク


 

大阪での戦争法案反対デモからは、道端でビールを1本のみ、それだけでまっすぐ帰った。このところ街宣アピールやらカウンターやら、デモやらが続いていたし、そのたびに飲んで帰っていたのでは、こちらも身が持たないからである。

帰宅途中の電車の中で、豚しょうが焼きにすることは決め、スーパーで豚肉とキャベツは買って帰った。あと考えないといけないのは、これをどう料理するかだ。

おれ

 

豚しょうが焼きには、調味料は、酒とみりん、それに醤油と、たっぷりのおろしショウガを入れるのがまずは基本だ。でもそれだけだと、今ひとつコクが足りないように感じるというのが、おれの意見だ。

それは、豚肉と醤油の相性が悪いからだ。ショウガは、それを結び付けるために入れるのだが、ショウガだとちょっと役不足なのである。

 

そこでここに、何か隠し味を入れることが、豚しょうが焼きをおいしく作るコツとなる。味噌は一つの定番だし、ゴマやバターを入れてもい。

しかしその中でもおすすめなのは、「オイスターソース」なのである。

 

豚肉と醤油を合わせるには、「煮干しラーメン」で分かる通り、魚介だしを使うのが代表的なやり方だ。オイスターソースは牡蠣のエキスなのだから、魚介だしを手軽に加えるのに打ってつけなのである。

 

きのうはさらに、炒める油に、オイスターソースと相性がいいゴマ油を使った。

それから冷蔵庫に死にそうになったゴーヤとトマトが入っているのを発見したから、それも入れた。

ゴーヤの豚しょうが焼き

豚肉と相性がよいゴーヤをしょうが焼きに入れ、悪いはずがあるわけないし、トマトの酸味も、またさわやかになっていい。

 

豚の薄切り肉を使う場合は、火は小さめ、炒め時間も短めで、なるたけ火を通し過ぎないようにするのがいい。

肉は火が通ってしまえば、そのあとは硬くなるだけだからである。

 

フライパンに、

  • ゴマ油・大さじ2
  • 豚こま肉 200グラム
  • タテ3ミリ幅くらいに切った玉ねぎ 4分の1個
  • タテ半分に割り、スプーンでわたをかき出して、3ミリ幅くらいの半月切りにしたゴーヤ 2分の1本

を入れ、中火にかける。

ゴーヤの豚しょうが焼き

豚肉を箸でほぐしながら炒め、豚肉がある程度ほぐれたら、まだ赤みが残っているうちに塩・1つまみ(小さじ2分の1)を、豚肉だけに振ってさらに炒める。

 

豚肉の色が変わったら、

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • おろしショウガ 2センチ大くらい

を入れ、強火にして1~2分、汁気を飛ばしながら炒める。

ゴーヤの豚しょうが焼き

最後に6~8等分のくし切りにしたトマトを入れ、味をみて塩加減し、30秒ほど炒めて火を止める。

 

千切りにし、しばらく水に浸したキャベツを敷いた皿に盛る。

ゴーヤの豚しょうが焼き

 

これは、ウマイ。

おれ

 

コクはバッチリ、具だくさんの豚しょうが焼きも、またいいものだ。

ゴーヤの豚しょうが焼き

 

 

あとは、とろろ昆布の吸物・焼麩入り。

とろろ昆布の吸物・焼き麩入り

お椀にとろろ昆布と削りぶし、水にひたして絞った焼麩、青ねぎを入れ、お湯を注いで淡口醤油で味をつけ、一味をかける。

 

たたきキュウリの梅カツオ。

たたきキュウリの梅カツオ

キュウリはすりこ木でたたき、大きめにちぎって塩・1つまみを振り、10~20分置いて水洗いして、水気をふき取る。

梅肉と、見た目同量の削りぶしをペースト状になるまで包丁でよくたたき、みりん・少々、淡口醤油・ほんの少々で溶きのばしたタレで和える。

 

それに、農家のおばさんのキュウリ古漬け。

キュウリ古漬け

 

酒は、冷や酒。

 

疲れて帰って来ていても、料理をすると、疲れが吹き飛ぶ。

しかも料理しながら酒を飲むと、元気になることこの上ないわけである。

 

「完全にキッチンドランカーだね。」チェブ夫

そうだよな。

 

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

ほっこりやさしい。豚肉と豆腐の炒め煮

これがまたウマイ。豚キムチのスープカレー

トマトを入れるとまたうまい。豚肉とキュウリの塩炒め

カブと豚肉のさっぱり汁/料理をしないから人を傷付けたくなるのである

万願寺と豚肉のみそ炒め/つまらないもんを食べてる奴は人間がつまらないのである
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉