最高にガッツリとしたものを、もっとも手軽に作ろうと思えば「豚肉とジャガイモの和風ピラフ」なのである。

2014/10/21

豚肉とジャガイモの和風ピラフを食べた。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

最高にガッツリとしたものを、もっとも手軽に作ろうと思えば、これなのである。

 

 

豚バラの切り落とし肉が、冷蔵庫に入っていた。これを使って、

「最高にガッツリしたものが作りたい」

と思ったのである。

 

最高にガッツリしたものを作るのに、「豚バラ肉」は遜色がないだろう。そして料理法は、「炒める」であるのも言うまでもない。

合わせる相手については、ずいぶん考えた。豚肉とは相性がいい、ほうれん草があったのだが、「ガッツリ」という点では、物足りないように思えた。

ガッツリ行くなら、やはり野菜も炭水化物、「ジャガイモ」となるだろう。

 

豚肉とジャガイモを炒め合わせるとなると、「肉ジャガ」だ。たしかにガッツリはしているが、まだ物足りない。

「ご飯」が絡んでほしいわけである。

 

肉ジャガにご飯を絡めるなら、白めしの上にかけるのが、もっとも単純だ。

しかしそれでは、まだ「最高にガッツリしている」とは言えないと、ぼくは思った。

ご飯にも、「油」が欲しいところだろう。

となれば「チャーハン」だが、ご飯を炊いて、さらに炒めるのは面倒だ。

 

どうしたらいいか、しばらくあれこれ考えた。

そして、思い付いたのである。

「ピラフだ!」

 

ピラフは、肉と野菜、さらに生米までを初めに炒め、それをそのまま炊いてしまう。

最高にガッツリしているのは言うまでもなく、またご飯を別に炊く必要がないから、「もっとも手軽だ」とも言えるだろう。

ただ味付けは、洋風だとニンニクを使わないとイマイチだから、しょうゆベースの和風にする。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

ゴボウも入れて、ピリ辛の味を付け、薬味にネギとスダチを添えれば、クドさも和らぐにちがいない。

 

フライパンにサラダ油、ゴマ油を、それぞれ大さじ1ずつくらい入れて中火にかけ、

  • 2cm大のショウガみじん切り
  • 10cm長さのネギみじん切り
  • 鷹の爪の輪切り

を2~3分、じっくり炒める。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

香りが立ってきたところで、食べやすい大きさに切った豚バラ肉(切り落とし)200gを加え、さらに炒める。

豚肉の色が変わったら、

  • 1~2cm大のやや大きめに切ったジャガイモ(小) 2個
  • ささがきにし、水にさらしたゴボウ 2分の1本

を加え、少し炒める。

野菜に油がまわったら、

  • 洗わない生米 4分の3カップ(ジャガイモがあるから、米は少なめにした)

を加え、そのまま中火で2~3分、じっくり炒める。

 

米が透き通った感じになってきたところで、

  • 熱湯 1カップ
  • 酒とみりん、淡口しょうゆ 大さじ1ずつ
  • オイスターソース 小さじ1
  • 塩 小さじ2分の1

を入れる。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

そのまま中火で、1~2分、しっかりと煮立たせる。

 

フタをして、弱火にし、25分炊く。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

 

25分たってフタを開けると、オコゲもできて、いい炊き上がりである。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

 

器に盛り、青ねぎをかけて、スダチを絞る。

豚肉とジャガイモの和風ピラフ

油がまわり、「ガッツリ感」は申し分ない。

ジャガイモはほっくりして、味付けのコクも十分、スダチがまた爽やかで、思った通り、バッチリの仕上がりになったのである。

 

あとは、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

お椀にとろろ昆布と削りぶし、ネギを入れ、お湯を注いで淡口しょうゆで味を付け、一味を振る。

 

ほうれん草のツナぽん和え。

ほうれん草のツナぽん和え

ゆでたほうれん草を、ツナとぽん酢で和え、好みで一味を振る。

 

それに自家製梅干し。

自家製梅干し

 

酒は、焼酎お湯割り。

酒は、焼酎お湯割り

思った通りの料理ができると、つくづく気分がいいのである。

 

「上手くいってよかったね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

失敗は成功の元なのである(豚肉と小松菜の炊き込みご飯)

カレーは和風で作れば手軽にできてウマイのである(ナスと鶏の和風カレー)

「豚肉値」は高く保つ必要があるのである(豚肉とねぎのピリ辛みそ炒め)

炒め物を和風にやろうとおもえば「甘み」がポイントになるのである(豚肉と小松菜・厚揚げのあんかけ炒め)

豚うす切り肉の麻婆豆腐は「マジか!?」というほどウマイのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉, 04 鍋料理・ごはん物