トマトとツナの焼きソバは、さわやかな夏の味である。

 
昼めしに、トマトとツナの焼きソバでビールを飲んだ。

トマトとツナの焼きソバ

トマトとツナの焼きソバは、さわやかな夏の味である。

 

◎スポンサーリンク


 

昼めしを「ビールに焼きソバ」とすることは、ワクワク感がかなり高いのである。

 

昼に飲む酒は、ビールが黄金であることは、言うまでもないだろう。それに最も合うアテが焼きソバであるわけだから、ビールと焼きソバは昼めしとして、まさに「ゴールデンコンビ」であると言える。

昼を焼きソバにしようという時は、ブログ更新の場とさせてもらっている喫茶店「PiPi」から、足取りも軽く家に向かう。途中にある四条大宮のスーパー「フレスコ」で、焼きソバ麺ほかの材料を買い、どうやって作るかを考えながら帰るのだ。

 

きのうは焼きソバに、トマトを入れることにしたのである。

トマトとツナの焼きソバ

きっかけは、ツイッターでパスタに生トマトを入れている人を見たからで、ならば焼きソバにトマトを入れても、悪いことはないだろう。

冷蔵庫に半分使いかけのツナ缶があったから、味出しはそれですることにした。

さらに冷蔵庫には、やはり半分使いかけのシメジも入っていたから、それも入れればさらにおいしくなるだろう。

 

フライパンに、油ごとのツナ、焼きソバ麺、シメジ、酒と淡口しょうゆ大さじ1ずつ、コク出しのオイスターソース小さじ1とおろしショウガ小さじ2分の1を入れ、強火にかける。

トマトとツナの焼きソバ 作り方

箸でほぐしながら、2~3分、麺がちょっと、もっちりした感じになってくるまで炒める。

 

8等分のくし切りにし、種を除いたトマトと、青ねぎを入れる。

トマトとツナの焼きソバ 作り方

さっと混ぜ、トマトがしんなりしかけてきたら味を見て、塩気が足りなければ塩を加え、火を止める。

 

夏らしい、さわやかな味の焼きソバ。

トマトとツナの焼きソバ

トマトはどんな料理にもピタリと合わせてきて、ほんとにエライ。

 

「色も赤くてかわいいしね。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

炒め物をチャーハンに入れるととてもうまいのである。

ツナと卵の焼きソバは、ビールと絶妙なコンビネーションなのである。

ツナ玉うどんは涙が出るほどうまいのである。

ソーミンチャンプルーは作るのは簡単で、ありきたりの材料しか使わないのに、どこかエスニックな趣きがあるのである。

ツナのみそ煮込みうどんは申し分ない味になるのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-06 昼飯