12時前に帰れるかと思っていたら、そうは問屋が卸さなかったのである。(Kaju新年会)

2014/03/03

 
きのうはお世話になっている四条大宮のバー「Kaju」の新年会だった。

Kaju新年会

翌日は平日だし、「これは12時前に帰れるかも」と思っていたが、そうは問屋が卸さなかったのである。


 
ひとり暮らしの人間にとって、「飲み屋の人のつながり」は本当にありがたいのである。

知っている人がほとんどいない京都に住むようになったぼくだが、飲み屋にまじめに通っていると、徐々に知り合いが増えていく。

「飲み友達」といえる人も出来てきたりもするようになる。

そのうちこうして、忘年会や新年会にも呼んでもらえるようになり、人並みににぎやかに、年末年始を祝うことができているわけである。

 

ダイニングバー「Kaju」は、「四条大宮中興の祖」の一つと言ってもいいのだろうと思う。

10年前、往時のにぎわいは姿を消し、昔ながらの古い飲み屋が点在するくらいだった大宮に、「祇園から店を移そう」と心を決めた「カジュさん」は、それ以来、新しい店がオープンするのを陰に陽に応援してきた。

飲食業の経験が長く、人柄も温厚なカジュさんは、多くの若い経営者から「兄貴分」のように慕われているように見える。

そんなKajuの新年会で一年をスタートできることは、四条大宮酒飲み会員の末席をけがすぼくにとっては、「身が引き締まる」ような思いがするのである。

 

さて例年は休前日に行われているKajuの新年会なのだけれど、今年は会場の都合で連休最終日の開催となった。

「翌日は仕事の人も多いから」という配慮だろう、いつもは設定される二次会も今年はとくに決めないようだ。

6時から10時までの会だから、それからさらに飲んだとしても、

「12時前には帰れるかもしれない・・・」

このところ12時に寝て6時か7時ごろ起きる「朝型生活」を実践しつつあるぼくは、淡い期待を抱いたのである。

 

新年会の会場は、西洞院高辻を少し下がったところにある「光悦宴会」。

光悦宴会

宴会場の専門店で、去年のKajuの新年会も、ここが会場になっていた。

4時間の飲み放題で、会費は一人6千円。

光悦宴会

ビールでも日本酒でも焼酎でも、部屋に山ほど置かれていて、それを自分で勝手に持っていくというシステムだ。

 

ここは料理がまたすごい。

かなりいいのが、食べ切れないほどの量出てくる。

 

刺し身とふぐ刺し。

光悦宴会

 

鯛の塩焼き。

光悦宴会

 

ふぐちり鍋。

光悦宴会

 

寿司。

光悦宴会

 

こういうところで出てきがちな唐揚げやおでんなどは、一切ない。

刺し身も中トロが出てくるから、これで4時間飲み放題6千円は、かなりの激安価格だろう。

 

新年会では、これらの料理をたらふく食べ、たくさんの人と色々話した。

その結果、「12時前に帰る」など、そうは問屋が卸さなかったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

というわけで、「問屋」なのだが、ぼくはきのうは、飲み過ぎないよう気をつけて、ビールを飲んでいたのである。

Kaju新年会

ぼくは酒がそれほど強い方でもないから、強い人とおなじペースで飲んでしまうと、あっという間につぶれてしまう。

強い人は日本酒を一升ほど飲んだとしても、3~4時間で抜けてしまう。

ぼくはそれだけの酒を抜くには、丸一日かかるのだ。

 

だからわりかし、ぼく自身に関しては正気を保っていたのだが、悲しいかな、「飲み会は一人ではない」のである。

4時間の長丁場だったから、泥酔者が続出した。

仲のいい若者も、ぼくに熱く語り出す。

そうなると、ぼくだけ抜けるわけには行きようがないのである。

 

新年会は10時に終わり、そのあと男5人でさらに飲んだ。

Kaju新年会

若者の熱い話はさらに続く。

喧々ガクガクの議論となり、それが終わって時計を見ると、一時半。

しかしもちろん言うまでもなく、

「まだ早いじゃない・・・」

となるわけだ。

 

大宮へ戻ってさらに飲む。

Kaju新年会

店がはねてやってきた人たちも合流し、話はさらに盛り上がる。

みんな朝から仕事なのに、「帰ろう」と言いだす人はいない。

こうなると、徹底的にやるしかないわけである。

 

終わったのは3時すぎ。

Kaju新年会

それからぼくは、ラーメンを食べて帰った。

 

4時近くになって寝て、今朝は7時半に一度目がさめたが、結局起きられたのは9時すぎとなった。

「早く帰れる」淡い期待は夢と消え、ぼくは今も、働かない頭をなんとか動かし、ブログ更新しているところなのである。

 

「また逆戻りしちゃったね。」

チェブラーシカのチェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎絶賛発売中

宝島社ムック本『おっさんひとり飯』
おっさんひとり飯
¥880(アマゾン)

 

◎関連記事

アホにはアホなりの生き方があるのである。

12時に寝るはずが、3時に帰ってきたのである。

金がなくても「礼儀」を欠かしてはいけないのである。

酒は飲み屋で飲み方を学ぶのである。

「四条大宮は世界で一番すばらしい交差点」なのである。
 

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み