和風で作るとやさしい味。豚肉のニラ玉

2015/10/09

豚肉のニラ玉

きのうは免疫細胞を応援するため、豚肉の入ったニラ玉。和風で作ると、またほっこりとやさしい味。

 

◎スポンサーリンク


 

1週間ほど前にひいた風邪は、熱はもうとうに下がり、残っていた鼻水や咳も、ほぼなくなった。

でも、どうもまだ体調がさえない。右の頬の内側、骨の上あたりのところで炎症が起こっているのが、肌のざわついた感じとか、鼻水に膿の気配がまじることから察せられる。

 

おれは、右上の奥歯の歯根に、細菌を飼っているのだ。奥歯は治療済みなのだが、どうも治療の不手際で、細菌が入りこんだものらしい。何かの拍子にあばれ出し、ときどき痛む。

この細菌が、このところの風邪で防御力が低下した隙をつき、頬に勢力を拡大しようとしているようだ。

歯根もやはり、ジンジン痛む。

 

以前左上の奥歯がおなじようになったとき、歯医者に行ったら治療に2ヶ月くらいかかった。ガリガリと歯を削られて不愉快だし、もう懲りて、右上の方は歯医者には行っていない。

でもだいたい、細菌を退治するには、免疫細胞の精鋭部隊が体内に備わっているわけだ。彼らの活躍で、奥歯が痛んでも、2ヶ月などかかることなく、いつも3日くらいで痛みはおさまる。

 

ただし免疫細胞に活躍してもらうためには、宿主である自分にも、それなりの配慮と努力は必要となる。

まずは「食べて応援」。免疫が働くのに栄養が必要なのは、いうまでもないことだ。

でもそれだけでなく、免疫細胞の士気を高めるには、こちらもそれなりの「姿勢」でいることが必要だと思っている。

 

要はあばれる細菌にたいし、
「ナメんなよ、このクソ細菌野郎」
と、きちんとドスを利かすのだ。

免疫細胞は、精神状態に大きな影響を受けると聞く。ということは、こちらの言葉が分かると思ってまちがいない。

心の中で、細菌野郎にたいしてドスを利かすと、意気に感じた免疫諸君ががんばってくれ、痛みはサッと治ってしまう。

 

ひとつ残念なのは、免疫諸君は、細菌にたいしてトドメは刺さないようなのだ。細菌があばれるのをやめると、それで満足するのか攻撃するのをやめてしまう。

なので細菌は、また奥歯の上の定位置で、じっと息を潜めて暮らすことになる。

何かの折にまたあばれ出すのだが、それが免疫のやり方だから、仕方がないというものだ。

 

というわけで、きのうは頬での戦いにがんばる免疫細胞を、食べて応援することにした。といってもべつに考えるまでもなく、おれの場合、体が消耗していると、食べたくなるものは決まっている。

豚肉と、ニラの組み合わせ。

 

豚肉には「ビタミンB1」が豊富にふくまれているそうで、このビタミンB1が、炭水化物を効率的にエネルギーに変換するそうだ。またニラに含まれる「硫化アリル」が、このビタミンB1の働きをさらに促進するとのこと。

ニラはほかにも、ビタミンA、B群、C、カルシウムなどを豊富に含んでいるのだとか。なのでこの豚肉とニラのコンビは、体力を回復するには最強なのだ。

 

きのうはこれに、さらに栄養豊富な卵をたっぷり加え、和風のやさしい味で、ニラ玉を作ることにした。

豚肉のニラ玉

 

作り方は、要は親子丼を作るのと、まったくいっしょ。

だしに味をつけ、玉ねぎと豚肉、ニラを煮て、卵で閉じるというだけの話だ。

 

だしは、煮干しで取るのが簡単だ。

豚肉のニラ玉 作り方

鍋に、

  • 水 1+2分の1カップ(「2分の1」は煮詰まることを想定した分)
  • 頭とわたを取った煮干し 1つまみ
  • くし切りにした玉ねぎ 2分の1個

を入れ、中火にかけて、煮立ってきたら弱火にし、10分くらい、玉ねぎがやわらかくなるまで煮る。

 

豚肉のニラ玉 作り方

  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 淡口醤油 大さじ1
  • 塩 少々(好みで味をみて)

で味をつけ、豚薄切り肉(きのうはバラ切り落とし)200グラムを入れ、弱火のままサッと煮る。

 

豚肉のニラ玉 作り方

豚肉の色が変わってきたら、ざく切りにしたニラ・1把を入れてサッと煮て、溶き卵・3個分をまわし入れる。

30秒~1分ほど火にかけて、煮立ってきたら、フタを閉め、しばらく蒸らす。

 

 

栄養満点でありながら、ほっこりとするやさしい味。

豚肉のニラ玉

 

酒の肴には、まず最高。

豚肉のニラ玉

 

ご飯のおかずとしては味がうすいと思う場合は、キムチを添えると、またこれがよく合う。

ご飯とキムチ

 

 

あとは、ナスの赤だし。

ナスの赤だし

煮干しだしに酒と赤だしみそで味をつけ、ナスとピーマン、油あげにソーセージを、ナスがやわらかくなるまで煮る。

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

デザートは、免疫細胞がよろこぶビタミンC豊富なみかん。

みかん

 

 

食べて応援、ドスを利かせて応援し、ぐっすり寝たら、今朝には免疫細胞は、たたかいに勝利したようだ。もう頬の炎症はおさまって、歯根の痛みもなくなった。

本当は、酒とタバコもよくないのは、分かっている。

でもそれはやめるわけにはいかないから、免疫細胞諸君には「ごめんな」と謝り、理解してもらっている。

 

「都合がいいね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

風邪を追っ払うにはこれ。レバニラ炒め

デモの前にはニラ入りの豚キムチ丼!

豚肉とニラのみそ炒め/料理をしない男がまず作るならこれなのだ

豚つみれとニラのパワー汁は、疲れを取るには最高だ

趣味の料理は「自己流」がいいのである。(カキとニラのオイスターソース炒め)
 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉