鯛の塩焼き/自炊できないのはアタマが悪いからである

2015/09/26

きのうは鯛の塩焼き。

鯛の塩焼き

自炊できないのは、アタマが悪いからである。

 

◎スポンサーリンク


 

奥さんがいるのに料理していない男はダメ男に決まっていて、そのうち浮気されるか、離婚されるかするから放っておけばいいのである。

問題は一人暮らしで自炊していない男で、これまでは、「自炊しないのはアタマが悪い」と思っていた。しかしそれは、間違いだったと気がついた。

アタマが悪くて、自炊が「できない」のだ。

 

一人暮らしが自炊するのは、「節約」が大きな動機になると思う。だからカネに少し余裕があれば、しなければしないで済んでしまう。

家族がいなければ、それで非難されることもなく、したからといって誰の役にも立たないし、得にもならない。

だからアタマが悪くて、損得勘定でしかモノが考えられない奴は、自炊することができないのである。

 

しかし自炊できないアホな男は、プライドだけは高いから、「自分はただしていないだけで、やればできる」と言うだろう。

いや、絶対できない。

 

だったら試しに、やってみたらいのである。挫折することは請け合いだ。

 

 

さてきのうは、小鯛の尾頭付きを買ったのだ。

小鯛の尾頭付き

鯛はそろそろ産卵期に入るから、桜鯛の最盛期は終わりである。

値段は450円。あらや切り身も350円くらいはするわけで、だったら有終の美を飾るには、当然こちらを選ぶだろう。

 

この尾頭付きをどうやって食べようか、考えた。しかし考えるまでもなく、結論は決まっている。

鯛の塩焼き

塩焼きだ。

 

鯛には煮付や酒蒸し、炊き込みご飯や汁物など、さまざまな食べ方がある。どれも最高にうまいのは間違いなく、煮付ならどの魚の煮付より、炊き込みご飯ならどの炊き込みご飯より、鯛を使ったのが一番うまい。

しかしそれらの食べ方の中で、一つを選べと言われたら、やはり塩焼きなのである。

 

鯛の塩焼きはほんとうに特別で、塩だけ振れば、ほかの調味料は何もいらない。完璧な味になるのであって、ほかに何かを加えれば、その分、味を落とすことになる。

 

だから、鯛そのもののうまみを味わいたいと思ったら、塩焼きが一番なのだ。

塩焼きは作るのも簡単だし、鯛は本当にエライ魚だ。

 

尾頭付きの鯛は、わたとエラ、うろこを取る必要がある。これは魚屋か、スーパーなら鮮魚コーナーでやってもらうのがおすすめだ。

鯛の塩焼き

あとは大さじ1くらいの塩を、指の隙間から落としながら、表と裏にまんべんなく振って、グリルなり焼き網なりで焼く。

焼き時間は、片面にたいして10分くらいだと思う。まるごとの魚の場合、骨に火が通りにくいから、やや長めに焼くのがいい。

 

魚を焼く場合のコツは、まずはグリルや焼き網を、焼く前にきちんと熱しておくこと。魚を乗せたとき「ジュッ」というのでないと、必ずくっつく。

それから魚、特に鯛は、グリルから皿へ移すときが鬼門なのだ。気を付けないとくずれてしまい、すべてが台無しになることがある。

箸だけでなく、フライ返しも使って慎重にやる必要がある。

 

鯛の塩焼きは、本当に黄金の味。

鯛の塩焼き

 

縄文時代から食べ継がれてきた、日本の味だ。

鯛の塩焼き

 

この鯛の塩焼き、骨と、身を少し残しておく。これを使って、今日さらに料理を作るのだ。

 

 

あとは、水菜の吸物。

水菜の吸物

削り節のだし2カップに、

  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 淡口醤油 大さじ1
  • 塩 少々

で味を付け、まず油あげ、それからシメジ、ざく切りの水菜をサッと煮る。

 

豆ごはん。

豆ごはん

普通に水加減した米・1カップに、サヤから出したえんどう豆を加えて30分くらいひたし、酒・小さじ1、塩・小さじ2分の1を加えて普通に炊く。

 

レタスの塩もみ。

レタスの塩もみ

大きめにちぎったたっぷりのレタスを一つまみの塩で揉み、しんなりしたらよく絞り、ちりめんじゃことたっぷりのレモン汁(ポッカレモン100)で和える。

 

それに、冷やしトマト。

冷やしトマト

京都のトマトは、味が濃くてうまいのだ。

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

咳は、相変わらず止まらない。酒もタバコも控えないから、当然の話である。

腹筋が筋肉痛になっているから、そのうち割れてくるのではないかと期待している。

 

「控えないじゃなく控えられないんでしょ。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

レタスの肉みそ炒め/結婚すると料理を始めるのはむずかしくなるのだ

水菜の鍋焼きうどん/使えなかった残りモノは捨てたらいいのだ

桜鯛のあら炊きは、しみじみうまい

鯛の塩焼きはフライパンでやるといいのである。(鯛の塩焼き)

自炊は「パラダイス」なのである(小鯛の酒蒸し)

鯛めしは、炊込みご飯のなかでも別格だ
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-021 鯛
-