新キャベツとあさりの酒蒸し(うどん入りだよん)

2015/02/23

きのうは、新キャベツとあさりの酒蒸し(うどん入りだよん)。

新キャベツとあさりの酒蒸し

これがまた、うまかった。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

※読んでくださった方は、ぜひアマゾンへ、レビューの投稿をお願いします!
http://ossanhitorimeshi.net/?p=15418

 

このメニューにしたのは、2分の1玉買ったキャベツがまだ半分余っていたからで、新キャベツといえば、やはりなんといっても「あさり」だということを思い出したのだ。

「おなじ季節に旬をむかえる、海のものと山のものとは相性がいい」のは「鉄則」といえるわけで、「ブリ大根」「若竹煮」「真ダラの子とフキ」などなど、あげればキリがない。

「新キャベツとあさり」もまさにそういう組み合わせの一つで、どちらも、これからが旬となる。

 

あさりの食べ方として代表的なものに「酒蒸し」があるわけだが、この酒蒸し、あさりだけでやってしまうと、せっかくのあさりのうま味のたっぷりと出た汁が、皿に残ってもったいない。

新キャベツとあさりの酒蒸し

やはりこれを、吸わせる何かがほしいわけで、それには新キャベツが打ってつけなのだ。

 

ポイントは、バターを利かせること。

あさりの汁に酒としょうゆの味付だけだと、ちょっとアッサリし過ぎてしまう。

加えてきのうは、仕上げに粗挽きコショウをふった。

 

それからきのうは、さらにうどんも、汁を吸わせるために入れた。

新キャベツだけだと汁を吸いきれないからで、これがまた、バターが利いたややコッテリとした味によく合って、うまかった。

 

作るには、まず新キャベツだけちょっと蒸してから、あさりとうどんを時間差で入れる。

あさりは蒸すと、わりとすぐに殻が開いてしまうからで、こうすると、あさりも新キャベツもちょうどいい加減になる。

 

フライパンに、ざく切りにした新キャベツ4分の1玉と、酒・大さじ2、しょうゆ・小さじ1、それにバター1かけを入れ、フタをして、弱めの中火にかける。

新キャベツとあさりの酒蒸し

時間にして3~4分か、バターが溶けるくらいまで蒸す。

 

バターが溶けたら、うどん1玉とあさり200グラム、それにほぐしたシメジを入れ、ふたたびフタをし、あさりの殻がひらくまで、やはり弱めの中火で蒸す。

新キャベツとあさりの酒蒸し

あさりは、スーパーなどで売っているのはすでに砂抜きされているから、塩水に30分~1時間ほど、浸けておくに越したことはないけれど、それほど神経質にならなくていい。

それより大事なのは「よく水洗いすること」で、殻についた汚れが臭みになるから、両手であさりをすくい、ガシガシとこすり合わせるようにしながら、水を4~5回は替えて洗う。

 

あさりの殻が開いたら、皿に盛り、ネギと粗挽きコショウをふる。

新キャベツとあさりの酒蒸し

 

これがまた、うまかった。

新キャベツとあさりの酒蒸し

 

あさりは洋風に料理してもうまいのは知れた話で、バターと粗挽きコショウは非常に合う。

本来ならニンニクを入れるわけだが、かわりにバターと相性がよい「しょうゆ」を入れたというわけで、まさに「たまらない味」になる。

 

パスタではなく「うどん」というのも、作るのも簡単で、おすすめだ。

新キャベツとあさりの酒蒸し

 

 

あとは、さつま揚げとほうれん草の甘辛炒め。

さつま揚げとほうれん草の甘辛炒め

フライパンにサラダ油少々を引いて中火にかけ、細く切ったさつま揚げをサッと炒める。

  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1弱(さつま揚げに塩があるから少なめにする)

で味付し、すこし煮立てて、ざく切りにしたほうれん草をさらに炒める。

粉山椒と一味をかけて食べる。

 

とろろ昆布のぬく奴。

とろろ昆布の温奴

豆腐を水で静かに煮て、温まったところで、とろろ昆布と削りぶし、ネギを入れたお椀に水ごと注ぎ、しょうゆを入れて、ショウガのおろしたのをかける。

 

それに、すぐき。

すぐき

 

酒は、熱燗。

酒は、熱燗

きのうも、「ウマすぎるわ」「マジでたまんない」と、飲みながらつぶやくわけである。

 

「ひとり言は年の証拠だよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

鶏のちゃんちゃん焼き風はビックリするほどうまい

マニュアル主義は捨てる必要があるのである。(春キャベツと豚肉のみそ炒め)

アサリ料理は「うまみの引き受け先」をどう作るかがポイントなのである(アサリとじゃがいものキムチ酒蒸し)

アサリのオイスターソース炒めはそうめんに乗せるのである。

スピナーズでブログの話が盛り上がり、夜中の12時からアサリごはんを作ったのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-029 その他魚料理