豚とレタスのピリ辛みそ鍋 ~食事はだまって食べたほうがウマイのである

2014/12/28

きのうは、豚とレタスのピリ辛みそ鍋。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

食事はだまって食べたほうが、ウマイのである。

 

◎絶賛発売中!

新作25レシピを含む、全105レシピ。持ち運びやすい新書サイズ。
いい本に仕上がっていると思います。ぜひお買い求めください!

 

きのうも京都は寒かった。ここ数日、寒さが少しゆるんでいたから、このまま年を越せるかとおもったら、そうは問屋がおろさなかった。

寒さが苦手なことはもう100万回くらい書いているが、ぼくはできれば、布団のなかに住みたい。

一生ぬくぬくと暮らしたいが、そういうわけにもいかないのは、人生、ツライところだ。

 

きのうは豚ばらスライス肉が買ってあった。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

「鍋」なのは決まっているわけで、豚肉にあわせる相手は「レタス」にした。

レタスは、サッと火を通して食べるとうまい。サッパリ感が高いから、こってりとした豚肉とは誠にいいコンビである。

 

味付は、「ピリ辛みそ」。豚肉がみそ味にあうのはもちろん、レタスもまた、コックリとしたみそ味はとてもいい。

はじめは昆布だしで煮て、ピリ辛のみそダレをつけて食べるようにしようかとおもった。

でも「あたたまる」ことを考えるのなら、汁をすすりながら食べるほうがいいだろう。味は、汁につけることにした。

 

レタスだから、煮時間は「ほんとにサッと」 にしないといけない。なので、少しずつ煮ながら食べられる「小鍋だて」にする。

ピリ辛の味付は、豆板醤。ショウガもたっぷりとおろし込めば、さらにコクが出て、あたたかくもなるだろう。

 

だしは、昆布と削りぶしでとる。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

4カップの水で、まず10センチほどの昆布を煮立てないようにしながら10分~20分、昆布の風味が「ぷん」と立ってくるまで煮出す。

そのあと鍋にザルをすえ、一つかみの削りぶしを、やはり煮立てないようにしながら5分~10分煮出す。

 

とり出してよくしぼった削りぶし、それにだし昆布は、べつに無理せず捨ててしまってもかまわないし、冷蔵庫に保存しておき、じゃこ炒めなどにしてもいい。

でもぼくは、できるかぎりその場で食べてしまうようにしている。

あとに残すと処理が面倒くさくなるし、ポン酢に一味でもかけて食べると、料理しながらのむ酒のいい肴になるのである。

 

3カップくらいのだしが出来ることになるのだが、ここに、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • すりおろしたショウガ 2センチ大くらい
  • 豆板醤 小さじ1

と、みそを大さじ3~4だとおもうけれども、味をみながら塩気がちょうどよくなるまで溶きいれる。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

豆板醤は、「李錦記」のだとニンニクが入っているから、ニンニクをいれない向きには「YOUKI」のがおすすめだ。

 

いれる具は、豚肉とレタス、しめじに油あげ。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

レタスは、豚肉200グラムにたいし、ほぼ「一玉」いれてしまってもいいくらいだ。

 

あとは汁と材料をテーブルへ持ちだして、小鍋で少しずつ煮ながら食べる。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

酒は、熱燗。

 

小鍋に汁をそそぎ、まず油あげと豚肉を煮る。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

豚肉の色が変わったら、すかさずしめじ、それにどっさりのレタスをいれ、たっぷりの青ねぎもくわえてサッと煮る。

 

レタスがしんなりとしたら火を落とし、器によそって食べる。

豚とレタスのピリ辛みそ鍋

これが、連日で申し訳ないのだが、「死ぬか」とおもうほど、うまかった。

 

味は、一言でいうと、「みそラーメン」。豚肉のコックリとしただしが加わるから、そうなるのだ。

そこに、ムチムチの豚肉、さっぱりとしたレタス、味を吸った油あげ、それに香りのしめじ、、、

あたたまることこの上なく、酒はもちろん、ご飯にもバッチリあう。

 

食事のまえは冷えていた体が、うまいものを食べ、酒をのんで、ポカポカになる。

そうすると、

「ああ、幸せだなあ、、、」

しみじみとおもうわけである。

 

ところでこの「食事の幸せ感」、だまって食べるほうが高い。

とくに日本の食事の場合には、しゃべってしまうと、うまく味わえなくなってしまうのだ。

 

それをはじめて感じたのは、以前よく行っていたラーメン屋で、ラーメンを食べたとき。

ニンニクと脂が少ない、日本的なラーメンだった(いまはニンニクも脂も増量された)からだろう、人としゃべりながら食べてしまうと、「しょうゆ臭い」としか感じられない。

とこがそれを、だまってじっくり味わうと、たいへんな奥行きの深さが感じられてくるのである。

そのとき、

「日本人は、味を左脳で感じるのではないか」

と、ぼくはおもった。

 

左脳はものを「論理的」に、そして右脳は「感覚的」に、とらえるといわれている。だから論理である「言語」は、中枢が左脳にあるし、おなじ音でも「音楽」は、右脳でとらえるのだそうだ。

しゃべるとだまるとで味が変わるということは、味をかんじる領域が、言語とおなじ場所にあることを意味するだろう。

言語は、一度に一人分しかとらえることができないからだ。

 

それにたいし、西洋人は、「食事は気の利いた会話をしながらするのがマナー」と考えるところがあるわけだ。

このことは、「話をしても食事の味が変わらない」ことを意味するから、おそらく、西洋人は味を右脳でとらえるのではあるまいか。

 

おなじことでも、日本人と西洋人で、脳のべつの場所でとらえることは、ほかにもきく。

「虫の声」を、日本人は「声」と呼ぶように「風流」ととらえるのにたいし、西洋人は「雑音」としか感じられないとのこと、日本人は虫の声を左脳、西洋人は右脳でとらえるといわれている。

 

きのうとおととい、ぼくは連日、「死ぬかとおもうほど」食事がうまく、いつも以上の幸せを感じた。

じつはきのう、そしておととい、食事中にパソコンをひらかなかったのだ。

ツイッターをみながら小鍋をつくるのが面倒だからだったのだが、おかげで一人でだまって、食事をすることになった。

食事がいつも以上にうまかったのは、そのせいで、いつも以上にじっくり味わうことができたからではなかったか。

 

日本では、昔なら、

「食事中はテレビは消せ」
「食事はだまって食べろ」

といわれたものだ。

これは、ニンニクも脂もつかわない、繊細な味の日本の食事を、きちんと味わうための智恵だったのではないだろうか。

ところがいまは、西洋流に影響され、食事は「テレビをみながら」、または「会話しながら」食べるのがふつうだろう。

 

もちろん好きな女や愛する家族と、話しながら食事をするのは、いいものだ。しかしそのよさは、「食事自体のよろこび」とは、別ものだ。

この「食事スタイルの変化」が、日本の食文化そのものを変質させている程度は、「決して小さくない」とぼくはおもうところである。

 

その点、一人の食事はいい。

誰に気兼ねすることなく、存分にだまって、味わうことができるのだ。

 

「ほんとは彼女と食べたいんでしょ。」

チェブ夫

そうなんだよな。

 

◎スポンサーリンク


 
◎関連記事

タラとじゃがいものトマト鍋 ~削りぶしのだしをいれると「死ぬか」とおもうほどウマイのである

池波正太郎流・鶏の水炊き ~「自炊」は誰にでも保証された「最低限の幸せ」なのである

おでんにうどんを入れると強烈な幸せに見舞われるのである(鶏と大根の一人おどん)

自分が作った食事にさえ幸せを感じられれば、とりあえず前を向いて生きていくのに十分だろうと思えるのである。

豚肉とレタスのみそ炒めがうま過ぎて、またつい家で飲み過ぎ過ぎたのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉