一生ダラダラしていたいのである。(豚肉と菜の花の吸物)

2014/04/25

 
昨日は使い残した菜の花を、豚肉とあわせて吸物にした。

豚肉と菜の花の吸物

これを肴に酒を飲みながら、「ぼくは一生ダラダラしていたい」と改めて思ったのである。


 
豚コマ肉が冷蔵庫に入っていたから、これを使わないといけなかったのである。

コマ肉を使おうと思うと、まず思いつくのはぼくの場合「炒め物」で、冷蔵庫には水菜もあったから、これと卵を炒め合わせるなどというのは、実際のところうまいのは間違いがないだろう。

ただ今は寒いから、「温かいものが食べたい」と思うと、「汁物」という話になる。

冷蔵庫には大根、ニンジン、それに酒粕も入っているから、「粕汁」も作ることができ、これは温まるには打ってつけなのである。

 

ほとんど「粕汁を作ろう」と決めかけたのだが、ぼくは汁物は、「吸物」が好きなのだ。

吸物は京都へ来てから食べるようになったのだけれど、だしの香りがぷんとするのがたまらないし、第一酒には、汁物の中ではこれが一番あうと思う。

豚肉の吸物がまたうまいわけで、「粕汁でなく、水菜と合わせて吸物にしよう」と軌道修正をしかけたのだが、豚肉と水菜の吸物は、わりと最近食べている。

ここで菜の花を使い残していたことを思い出し、「これを豚肉と吸物にするのは新しい」とひらめいて、無事献立が決まったというわけである。

 

吸物は、やはり何と言っても「だし」がポイントなのである。

豚肉と菜の花の吸物 作り方

4カップ半の水に10センチ長さくらいのだし昆布と、削りぶしをミニパック8袋分くらいいれ、中火にかけて煮立ったら弱火にし、アクを取りながら5分煮る。

だしの具材は、多めにいれればいれるほど、うまくなるのは間違いない。

ザルで濾し、うすくち醤油大さじ4、みりん大さじ1をいれれば、だしは出来上がりということになる。

 

それから吸物をつくる場合は、材料のクセをきちんと抜いておく必要がある。

豚肉と菜の花の吸物 作り方

豚肉は、沸騰させ、火を止めた湯で湯通しする。

菜の花も一つまみの塩をふった水でサッとゆで、水で冷やして絞っておく。

豚肉と菜の花の吸物 作り方

菜の花をゆでておくのは、アクを抜く意味もあるけれど、緑の色をきれいに保つためでもある。

 

あとはだしを煮立ててまず細く切った油あげを入れ、生卵を割り落として、それから豚肉をほんの1分くらい煮る。

豚肉と菜の花の吸物 作り方

最後にゆでた菜の花をいれ、温まったら火を止める。

 

一味をふって食べるのがいい。

豚肉と菜の花の吸物

ほろ苦い菜の花ともっちりとした豚肉が、また「よく合う」という話である。

 

あとはやはり昨日使いのこしたホタルイカ。

ホタルイカのおろしポン酢

どうやって食べようか迷ったが、大根おろしにポン酢しょうゆは、やはり定番なのである。

 

豆腐も使い残していたから、これも残してあった、生節の煮汁で炊いた。

生節の煮汁で炊いた豆腐

うまいのは、言わずと知れた話なのだ。

 

もやしが冷凍してあったから、酢の物にした。

もやしの酢の物

冷凍は、サッとゆでて水に取り、よく絞ってからしたのだが、流水で解凍すると、切り干し大根的な味になり、これはこれで、悪くない。

うす切りにしたちくわと合わせ、砂糖小さじ1、酢大さじ1、塩ほんの少々で和える。

 

それにすぐき。

すぐき

すぐきは毎日食べても、全く飽きることがないのだ。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「ぼくは一生ダラダラしたい」

と改めて思ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

というわけで「ダラダラ」なのだが、ぼくは全ての物事のなかで、「何が一番好きか」といえば、「ダラダラすること」なのである。

できれば一生、ダラダラしたまま過ごしたい。

酒を飲むのも、煎じ詰めれば「ダラダラしたいから」である。

チマチマと肴をつまみながらダラダラ酒を飲むことは、この上もなく幸せなのだ。

 

だから金がいくらでもあるならば、仕事などせず、ただダラダラとして暮らしたい。

二度寝してゆっくり起き、風呂に入って酒を飲む、小原庄助さんの生活は、ぼくが理想とするところである。

今はまだ、そうそうはダラダラできないが、死ぬまでには、何とかそういう生活を手に入れたいものだと思う。

金をちょうど使い切ったころにポックリ死ねれば、「これ以上のものはない」と思えるのである。

 

しかし「ダラダラ」にも色々ある。

「いいダラダラ」と「悪いダラダラ」があるというのが、ぼくの持論である。

「悪いダラダラ」の代表が、「テレビ」である。

テレビを見ると、たしかにダラダラできるのだが、「ダラダラさせられてしまう感」が嫌なところだ。

 

テレビの番組を作る人たちは、見ている人に、とにかくダラダラしてもらいたいはずだろう。

そうすれば、広告をたくさん見てもらえることになるからだ。

その手に乗って、「受け身のダラダラ」をしてしまうと、後味が非常にわるい。

「何一つ意味のあることをしなかった」と後悔することになるのである。

 

それに対して「積極的なダラダラ」は、そんな後悔をすることはない。

満ち足りた、充実した気分になるのである。

飲み過ぎて、翌日後悔することは、もちろんぼくも度々ある。

でもそれは、「翌日の仕事に差し支えるから」という話であって、「意味のあることをしなかった」というのとは全く別の話なのだ。

 

小原庄助さんは、生涯をダラダラと過ごしたのだから、「ダラダラの達人」だったのだろう。

そんな人に、ぼくはなりたい。

 

「馬鹿じゃないの。」

チェブラーシカのチェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎絶賛発売中

 

◎関連記事

「酒飲みの品格」を身につけたいのである。

自分の「本能」を信じることが大事なのである。

12時前に帰れるかと思っていたら、そうは問屋が卸さなかったのである。

12時に寝るはずが、3時に帰ってきたのである。

ぼくは酒を飲むために生きているのである。
 

◎おすすめ


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉