「マナー」として書き下せないところに奥深さがあるのである。(豚肉の湯豆腐)

2014/04/25

 
昨日はツイッターで見た人の真似をして、「豚肉の湯豆腐」にした。

豚肉の湯豆腐

これを肴に酒を飲みながら、「マナーとして書き下せないところに奥深さがある」と思い至ったのである。


 
ツイッターには自分が作った料理の写真を投稿している人も多く、ぼくも参考になることが多い。

昨日は「豚肉の湯豆腐」をアップしている人がいて、ドンピシャに「食べたい」と思ったので、それを晩飯にすることにしたのである。

 

湯豆腐のやり方として、「昆布だしで豆腐を温め、味ポン酢などのタレで食べる」のと、「だしに味まで付けてしまう」のと2通りがあるわけだ。

どちらにもそれぞれ良さがあり、どうしようかかなり迷ったのだけれど、豆腐に味がしっかりとしみたのを楽しみたかったから、だしに味つけすることにした。

またこの味を、みりんを入れて甘みをつけるかどうかもかなり迷った。

豚肉なら、甘みがあっても悪くないところなのだが、昨日はシンプルに、しょうゆと塩だけにした。

 

鍋に4カップ半の水、だし昆布の切れっ端とかつお節のミニパック4袋をいれて中火にかけ、煮立ってきたら弱火にして、アクを取りながら4~5分煮る。

豚肉の湯豆腐 作り方

昆布がびろんと伸びたらザルで濾し、酒大さじ4、うすくち醤油大さじ2、塩少々で味つけする。

それから豚コマ肉も湯通ししておく。

豚肉の湯豆腐 作り方

沸騰させ、火を止めた水でシャブシャブすると、アクが全て抜けるのである。

 

さらにサイドディッシュも用意しておく。

湯豆腐はゆっくり煮るから、煮ているあいだに摘めるものが必要なのだ。

 

大根とニンジンの酢の物。

大根とニンジンの酢の物

大根とニンジンを細く切り、一つまみの塩で揉んで10分くらい置き、水で洗って水気をふき取り、細く切ったちくわと一緒に酢大さじ1、砂糖小さじ1、塩少々で和える。

 

大根の皮や茎、だし殻昆布とかつお節のじゃこ炒め。

大根の皮や茎、だし殻昆布とかつお節のじゃこ炒め

細く刻んだ皮やだし殻をゴマ油とちりめんじゃこでじっくり炒め、酒とうすくち醤油で味をつけ、汁気が飛ぶまでさらに炒める。

 

あとは一昨日のイカワタ味噌炒めなのである。

イカワタ味噌炒め

 
 

ここからあとは、卓上でやる。

豚肉の湯豆腐

サイドディッシュを摘みながら、豚肉と豆腐をゆっくり煮る。

ここで火加減を、「ほとんど沸騰しない」くらいに小さくするのがポイントだ。

沸騰させると豚肉はかたくなり、豆腐にもスが入る。

 

青みには、冷蔵庫に入っていた春菊を使った。

豚肉の湯豆腐

春菊はあっという間に火が通るから、食べる直前に、食べる分だけ、入れるようにするのがいい。

 

器によそって食べるわけだ。

豚肉の湯豆腐

プリプリの豚肉と、味がしっかりとしみた豆腐は「たまらない」のである。

 

酒はぬる燗。

酒はぬる燗

昨日はこれを飲みながら、

「マナーとして書き下せないところに奥深さがある」

と、ぼくは思い至ったのだった。

 

◎スポンサーリンク

 

さて昨日は晩酌の最中に、チェブ夫と「マナー」の話になったのである。

チェブラーシカのチェブ夫

ぼくがカフェの席で電話をし、それを「注意された」と書いたら

「そもそもカフェの席で電話するのがマナー違反だ」

と何人かの人から指摘を受けた。

しかしこれは、マナーが「全国共通だ」と考えるところに誤解がある。

東京のカフェなどだったらマナー違反になるのかもしれないけれど、ぼくが毎日通っているカフェでは、マナー違反にはならないのだ。

 

ぼくはこれまで長い期間にわたって、カフェのお客さんを観察した。

その結果、老若男女すべての人が、私用・仕事にかかわらず、電話は席で座ってしている。

電話をするため席を外す人など、一人たりとも見たことがないし、電話している人が注意されているのを見たことも、ぼくの例を除いては一度もない。

このことが意味するのは、

「このカフェでは、席で電話をすることがマナーに適っている」

ということである。

 

ただもちろん、それを「迷惑」と思う人がいた場合、それに配慮する必要があるのは言うまでもないことだ。

ぼくも注意を受けた時には、席を外してトイレのところで電話した。

 

マナーは「人に不快な思いをさせないため」にあるものだ。

「何を不快に思うか」の価値観は、地域や場所で違ってくるものだろうから、それに応じてそれぞれで、マナーも異なることになる。

「マナーとして本来はこうだけれど、ローカルにはそれが守られていないこともある」ということではない。

マナーに「本来」はないのである。

 

ところでこの「マナー」だが、この言葉が英語であることから分かる通り、元々は西洋の考え方だろう。

日本語では、「行儀・作法」などと訳されているようだ。

「食事のマナー」などという場合には、それを「作法」と置き換えることには大きな問題はないように思える。

でも「バーのマナー」などになると、日本には、「マナー」としては括れない、違った文化が存在すると思うのだ。

 

東京にいた頃、行きつけにしていたバーのマスターに、ある「マナー」を教わったことがある。

「カウンターで隣合わせた見ず知らずのお客さんには、勝手に話しかけてはいけない」

というものだ。

お客さんの中には一人で静かに飲んでいたい人もいる。

その邪魔をしないよう、マスターやバーテンが「この人とは話していい」と判断し、お互いを紹介して橋渡しするまでは、話しかけてはいけないというわけなのだ。

 

このマナーが東京でどの程度一般的なものなのか、ぼくはよく分からないのだけれど、少なくともぼくは、バーではこのマナーを守っていた。

多くの場合、しばらく黙って待っていれば、マスターやバーテンが話し相手を紹介してくれたものである。

ところがぼくは京都へ来て、京都のバーでは、このマナーが通用しないことを知った。

お客さんは多くの店で、バーテンの紹介などなく、お客さん同士で勝手に話すのだ。

 

ぼくはこれに、2~3年のあいだ慣れることができなかった。

「話しかけていい」のは分かるが、どうやって話しかけたらいいのかがまず分からない。

さらに勇気を振りしぼって話してみても、無視されたり、つれない素振りをされたりすることも少なくない。

マスターに聞いても、「マナーなどとくべつ決まったことはない」と言うし、どうしたらいいものか、ホトホト困り果てたのだ。

 

しかしそのうち、だんだん分かってきたことがある。

京都のバーでは、お客さんは「空気」を読みながら話しているのだ。

たとえば「一人で飲みたい」と思っているお客さんがいたとしたら、空気を読み、気持ちを察して、「話しかけないようにする」のである。

また話す「話題」も、やはり空気を読みながら、相手が喜んだり、場が盛り上がったりしそうなものをうまいこと選んでいく。

 

この「空気を読む」ということは、「マナー」のように一般的な形に書き下すのは難しいだろう。

「どういう時に話しかけてよく、どういう時にはいけないか」などを書き下そうと思ったら、複雑すぎて、誰も実行できないものになってしまうのではないか。

でも一般的な形にはならなくても、人間なら、たしかに空気を「読む」ことができる。

ぼくもだんだんと、初めは存在すら気づかなかったバーの空気を、感じ、読めるようになりつつある。

 

そうしてみると、京都の礼儀作法には、「表立っては言われない」ものが多いのに気づくようになってきた。

例えば京都では、誰かに褒められた場合には、
「お礼を言って謙遜し、さらに褒め返す」
ことを誰もがする。

褒め返さないことは「非礼に当たる」とすら言えるのではないかと思うのだが、といってしなくても、誰に咎められることもない。

知り合いの京都の人は、
「その人が褒め返さなくても何も言わず、『あ、この人は分かっていないんだ』と心のなかで笑うんですよ。京都人っていやらしいですよね」
と言っていた。

 

でももしこのことが、マナーのように、
「褒められたら褒め返すこと」
となっていたら、ただ堅苦しいだけではないか。

「相手を喜ばせよう」と思って褒め返すからこそ、それにより、人間関係が深まっていくことがあるように思うのだ。

 

さらにぼくは、「関西流のおかしい話」も、このことの延長線にあると思える。

たとえばバーのカウンターで隣の人に、
「そのジャイアントコーン、ぼくにも一つちょうだい」
などと頼んだ時、ジャイアントコーンではなく、ビスタチオが手渡されたりすることがある。

これは何も意地悪されているのではなく、「ネタ振り」なのだ。

そこで、
「そうそう、最近のジャイアントコーンって、殻が付くようになったんですよね」
とでも言ってボケながら、それを素直に食べる素振りを見せ、
「なんでやねん」
とつっこめば、みんな「アハハ」と笑えることになる。

ぼくはいまだに、まずこのネタ振りに気づくことがなかなかできず、したがってボケることもできないのだが、これも関西流の礼儀作法の一種ではないかという気がぼくはするのだ。

「褒め返す」のと同じように、「相手を喜ばせよう」とする気持ちが生み出す一つの形ではないかと思うのだが、もちろんこれもマナーとは異なり、できなくても咎められることはないのである。

 

このように日本には、西洋式なら「マナー」の領域であるところを、独特の、違ったやり方で処理していく文化がある。

以上は「京都」「関西」の例なのだが、土地によって様々の異なったやり方があるだろう。

ところがマナーに、「本来」のもの、「全国共通」のものがあると思ってしまうと、ついつい、自分たちの文化を「その地方ローカルのつまらないこと」と捉えてしまいがちになるのではないだろうか。

でもぼくはそうではなく、自分たちの文化を大事にし、それを積極的に推し進めていくことが、逆に広い世界を見つけることにつながるのではないかと思うのだ。

 

・・・という話を、ぼくは昨日、チェブ夫に語ったわけなのだ。

しかしチェブ夫は、ぼくの長話に退屈してしまったようで、気づいたらぼくの隣で、スヤスヤと寝てしまっていたのである。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連商品

アルマイト製浅型鍋20cm
アルマイト製浅型鍋20cm
1,391円+送料(アマゾン)


イワタニカセットコンロ
イワタニカセットコンロ
2,554円送料無料(アマゾン)

◎関連記事

ぼくは「世界を変えたい」のである。

「英語」など辞めてしまえばいいのである。

やはり20代は若いのである。

京都の人は他人をよく「見る」のである。

新しい土地になじむには、その土地を好きになることに尽きるのである。

-011 豚肉