【洋風豆ごはん レシピ】フライパン1つででき、これだけで一食分の食事になるので手軽!

鶏肉と合わせてコッテリと炊いたもの。和風豆ごはんもおいしいですが、一食の食事にするにはおかずや汁物が必要となるのにたいし、こちら洋風豆ごはんはフライパン1つででき、これだけで一食分の食事にすることができるので、手軽です。





 

フライパン1つででき、一食分の食事になるので手軽

あさりごはんの場合には、味的にも洋風で作ったほうがおいしいです。「ボンゴレ」でわかる通り、ちょっとクセのあるあさりは、ニンニクと合わせることでぐっと引き立つものであり、和風あさりごはんに使うショウガでは、ちょっと役不足だからです。

それに対して豆ごはんは、和風も大変うまいです。生のえんどう豆を使い、味つけは酒と塩だけで炊き上げた豆ごはんは、「もっともウマイものの一つ」といっても過言でないと思います。

しかし和風豆ごはんの弱点は、それだけでは一食分の食事にはならないこと……。

最低でもみそ汁とお新香くらいはないと形になりませんし、できればおかずもほしいところです。となれば、豆ごはん自体は作るのは簡単でも、一食分の食事と考えた場合には、それなりの手間がかかることになります。

その点、洋風豆ごはんは、それだけで一食分の食事に完全になります。

鶏肉を使いますので、コッテリとして食べ応えは十分です。またトマトを入れれば、見た目も栄養バランスも文句なし。

特に一人暮らしなどの場合だと、一食に何品も作るのは大変です。

フライパン1つで、大した手間もかからずできる洋風豆ごはんはオススメです。

洋風豆ごはん 作り方

洋風豆ごはんを作るには、香味野菜と鶏肉、それに米をまず炒め、熱湯を加えて炊くという段取りです。米は生米を洗わずに使うので、もっとも簡単な一食分の食事になる料理の一つ、焼きそばと、匹敵する簡単さです。

豆は缶詰または袋入りのグリーンピースを使います。

ちなみに肉は、今回は鶏肉を使いましたが、ベーコンでもおいしいです。

材料

  • 鶏肉(モモでも胸でも) 150グラム程度
  • グリーンピース 40~50グラム(固形量)
  • トマト 1個
  • 米 200cc
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ニンニク 2かけ
  • 玉ねぎ 4分の1個
  • 熱湯 300cc
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ2分の1
  • コショウ 少々
  • レモン汁(ポッカレモン100) 少々
  • パセリ 少々(あれば)

STEP1 鶏肉と香味野菜・米をじっくり炒める

鶏肉は2センチ大程度に切り、塩・コショウ・酒それぞれ少々をかけてもみ込みます。フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニクと玉ねぎ、鶏肉(皮を下にして)を入れて強めの弱火くらいにかけ、10分くらいかけてじっくりと炒めます。

つづいて米を、洗わずにそのまま入れ、さらに2~3分炒めます。

STEP2 熱湯を加えて炊き上げる

熱湯・酒・塩・コショウを入れて中火にし、1分ほど、フライパンを揺すって鍋底に米がくっつかないようにさせながら、しっかりと煮立てます。

水を切ったグリーンピースと、8等分のくし切りにしたトマトを入れ、フタをして弱火で25分炊きます。

 

コショウとレモン汁・それぞれ少々をかけて食べます。

みじん切りにしたパセリをかけると、より本格的な味になります。











ランキングアップや拡散の、ご協力をいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉
-