カブと豚肉のさっぱり汁/料理をしないから人を傷付けたくなるのである

2015/09/26

きのうは、カブと豚肉のさっぱり汁。

カブと豚肉のさっぱり汁

料理をしないから、人を傷付けたくなるのである。

 

◎スポンサーリンク


 

ここ数日、朝型の生活が続いている。夜の9時まで仕事していたのを7時で切り上げることにしたわけで、おかげで生活サイクルが2時間前倒しされているのである。

おれも会社に長く勤めていたから、物事を前倒しすることの意義はよく知っている。朝の爽やかなうちから活動を始め、暗くなったら酒を飲むのが、精神衛生上いいのはまちがいない。

 

おまけに、早く寝ると、朝の酒の抜け具合がちがうのだ。夜の10時から2時までが「代謝のゴールデンタイム」だと聞くが、たしかにその前に酒を飲み終わってしまうと、いつも通りの泥酔状態まで飲んでいても、翌朝酒が残らない。

50を過ぎると、酒は当日より、翌日が問題なのだ。その問題を、早く飲み終わることでクリアできるのはいいことだ。

 

ただし、さらに問題はあるわけで、7時に仕事を切り上げようにも、仕事がまだノルマに達していない場合がある。ノルマに達していないのに仕事を切り上げるから、仕事が進まないのである。

 

しかしまあ、別にいいのだ。

おっさん一人が生きていくくらい、どうやったってできるのだから、今さらカネや仕事に汲々とする必要もないのである。

 

 

2ちゃんねるにハマっているクソ共の件なのだが、奴らが料理していないのは間違いない。ネットにハマっていて、料理する時間がないはずだからだ。

また中にはカネがないからと、多少の飯を家で用意する奴もいるかもしれない。しかし時間をかけず、考えもしないから、クソまずいものを作ってわびしい食事をしているだろう。

 

その時間で何をしているかといえば、ネットで誹謗・中傷し、差別扇動して、人を傷付けているわけだ。

まず2ちゃんちゃんねるのクソ共に分かってもらわないといけないのは、誹謗・中傷や差別扇動は、犯罪だということだ。どんなにそれが面白くても、やってはいけないことなのである。

 

クソ共の中にも、誹謗・中傷・差別扇動が好きで好きで、ヤク中のようになってやめられない奴ばかりでなく、まだそれを読んで楽しんでいるだけくらいのもいるだろう。

そういう奴は、早いとこ、2ちゃんねるから足を洗うのがオススメだ。深入りしすぎて抜けられなくなってからでは遅いのだ。

 

だいだい、なぜそうして人を傷付けたくなるかといえば、料理をしないからなのだ。

牛丼やコンビニ弁当などのクソまずいものを食べていても、腹は膨れるかもしれないが、気持ちは満足していない。食事は、ただ腹を満たすためだけにあるのでなく、欲求を、きちんと解消するためにもあるのである。

 

そのためには、うまいものを食わなくてはいけない。

食事は、自分でよく考えて、ていねいに作ったものが一番うまい。料理するくらいの時間は、ネットをやめればいくらでも作れるはずだ。

 

今は誹謗・中傷をくり返すネトウヨが、100万円の賠償金を取られる時代だ。

そうなる前に、引き返しておくのが身のためだ。

 

 

さてきのうは八百屋に行ったら、立派なカブが売っていたのだ。カブは冬のものだから随分季節外れだが、天候の関係でできたものらしい。

カブにはまだ心残りがあったから、迷わず買うことにした。

カブと豚肉のさっぱり煮

それで何を作るかといえば、やはり、豚肉と合わせた吸物なのだ。

 

カブは一つは、漬物にするのがうまい。薄く切って塩だけ振って漬物器で漬けておけば、おいしのが出来上がる。

それからやはり、カブは煮るのがうまいのだが、カブの場合、特に肉との相性がいいのである。

 

きのうも八百屋のおばさんに、
「鶏のミンチと合わせて煮て、トロミをつけるとおいしいよ」
と、教えてもらった。

それも抜群にうまいのは間違いないが、それよりさらに、「豚肉」なのだ。

 

コッテリとした豚肉と、カブの相性は最高だ。しかもこれを、吸物にする。

コッテリとしながらさっぱりし、たまらない味である。

 

吸物は、やはり「だし」が大事である。ほんだしなどを使うより、昆布と削りぶしできちんと取るのがオススメだ。

手間は、大してかからない。また、初めにだしを火にかけて、その間に他の作業をすれば、時間のロスもほとんどない。

 

3カップのだしを取るなら、水の量は4カップ。

カブと豚肉のさっぱり煮

10センチくらいのだし昆布を入れ、中火にかけて煮立ってきたら弱火にし、煮立てないようにしながら20分ほど、昆布がビロ~ンと伸びるまで煮出す。

 

続いて鍋にザルを据え、削りぶし一つかみ(ミニパック6袋分くらい)を入れ、5分くらい、やはりあまり煮立てないようにしながら煮る。

カブと豚肉のさっぱり煮

昆布はとり出し、削りぶしも絞ってとり出す。

 

だしを煮出している間にカブの皮をむく。

カブと豚肉のさっぱり煮

カブは、くれぐれも皮を厚くむくのがポイントだ。3ミリくらいはむくと思って間違いない。

切り落とした茎の間に入っている砂を、竹串などでとり除けばていねいだ。

 

カブの茎と葉は、ざく切りにして塩をふった水でサッと湯がく。

カブと豚肉のさっぱり煮

水に取り、よく絞っておく。

 

できただしに、

  • 酒 大さじ3
  • みりん 小さじ3
  • 淡口しょうゆ 大さじ3弱

で味をつける。「弱」というのは、吸物だしは煮詰まると塩辛くなるからで、最後に味をみて、塩気が足りなければ塩を足すようにする。

カブと豚肉のさっぱり煮

まず初めに、6または8等分にしたカブと、細く刻んだ油あげを5分くらい煮る。

これをくれぐれも煮過ぎないようにするのが、カブを料理に使う場合の2つ目のポイントだ。カブは煮過ぎると溶けてしまうからで、竹串などで刺しながら、煮え加減をたしかめる。

 

カブが煮えたら、豚こま肉200グラムとほぐしたシメジを加えて、豚肉の色が変わるまでサッと煮る。

カブと豚肉のさっぱり煮

最後に塩加減して、下ゆでしておいたカブの茎と葉を加え、温まったら火を止めて、器によそう。

 

 

青ねぎと一味をかける。

カブと豚肉のさっぱり煮

 

豚肉の吸物は、ほんとにウマイのだ。

カブと豚肉のさっぱり煮

 

 

あとは、キュウリとセロリのじゃこポン。

キュウリとセロリのじゃこポン

これがまたうまかった。

 

キュウリは3ミリ厚さくらい、セロリはピーラーで筋をとって2ミリ厚さくらい、それぞれ斜め切りにして、塩一つまみで揉み、20分くらいおく。

水に少しさらしてよく絞り、細切りのショウガとちりめんじゃこ、それに味ポン酢で和える。

 

ホタルイカの酢味噌。

ホタルイカの酢みそ

ホタルイカはさっと水洗いして水気をふき取り、白味噌(西京味噌)と、それよりやや少なめの酢、カラシ少々の酢味噌と、小口切りの青ねぎ少々で和える。

 

それに、わさび醤油の冷奴。

わさび醤油の冷奴

 

酒は、冷や酒。

冷や酒

 

 

きのうも飲み過ぎ、最後はあまり記憶がない。

でも朝残らないのだから、べつに飲み過ぎてもいいのである。

 

「飲み過ぎはからだに悪いよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

アサリのにゅうめん/「楽しさ」を追求するからダメなのだ

ミートボールのトマト煮ライス

「科学」が金を稼ぐやり方は悪辣なのである。(カブと鶏の煮物)

「食べ方も味のうち」なのである。(鶏とカブのあんかけ煮)

「幸せ」とは何かを考え、やはりぼくにとっては、「だしの利いたカブの吸物かもしれない」とおもったのである。
 

◎フェイスブックページ

 
◎ツイッター


 
◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-