人生は、後悔してこそナンボである。

2014/08/28

ぼくは、だいたい毎日後悔している。

チェブ夫

人生は、後悔してこそナンボである。

 

 

後悔を畏れる人の、気持ちはもちろん、解らなくはない。

「ああ、ああすれば良かった・・・」という想いは気持ちのいいものではないから、「できれば後悔はしたくない」と思うのも、当然のことだろう。

しかしぼくの場合は、だいたい毎日、後悔している。

原因は、まず酒を飲み過ぎてしまうことで、飲むのに延々と時間を費やし、さらにおかげで次の日残って、使い物にならなくなる。

おまけに外で飲めば、その分、金も浪費するわけで、

「その時間を仕事に充てれば、もうちょっとはマシな生活ができるのに・・・」

そう思うわけである。

 

それから料理のことでも、後悔することはしばしばある。だいたいは味付けに関してで、

「ああ、あれを入れればよかった」

と思う。

調理を少しでもシンプルにしたいと思い、何かを省略してみたりするのだが、そうすると、「省略し過ぎだった」となってしまうことも少なくないのだ。

味の足りない料理を食うのは、気持ちがいいものではない。

ちなみにこれはもちろん、ブログに掲載する際には修正するから、ぼくのレシピ通り作るのは、問題ない。

 

あとは女のことでも、後悔することが多い。こちらが一方的に好きになり、相手に引かれてしまうのだ。

ぼくの場合、後悔するのはそのくらいで、あとはあまり、思い当たることはない。

 

しかし酒にせよ、女にせよ、過ぎるのは「好き」だからだし、調理についての「チャレンジをしたい」と思うことにしても、後悔する原因は、いずれもポジティブなものではないだろうか。

ポジティブに行動するから、その結果として失敗し、後悔するわけである。

 

だから後悔するのは、ポジティブに行動したことの証しであり、むしろ勲章なのだ。

「後悔してこそ、人生ナンボだ」

と言えるのではないだろうか。

 

むしろ後悔を畏れる人は、あまり後悔したことがないのだろう。

ぼくのように、毎日後悔していれば、嫌な気持ちも夕方頃にはすぐに忘れる。

 

「アホだよね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎関連記事

洗濯機は使わない方が、日々の洗濯はラクである。

「災い転じて福となす」は本当なのである。

免疫諸君に頑張ってもらうためには「気合いが重要」であることが改めて証明されたのである。

明け方の足のつりは、寝る前に水を飲めば治るのである。

土曜日は朝酒をした方がいいのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-08 もろもろ