三段ロケットのように飲んでいるのである。

2014/06/04

 
家でも毎晩、酒を飲む。

チェブ夫

三段ロケットのように飲んでいるのである。

 

◎スポンサーリンク


 

家に帰ると、まず焼酎水割りを飲みはじめる。着替えも片付けも何もせず、とにかく飲む。

風呂へ行かないといけない場合もあるのだが、その前に飲む。

「オフ」の時間は、何はともあれ、ヘベレケになってから始まるのである。

 

このとき、ツマミは食べない。酒は空きっ腹で飲むのがいちばんうまいからだ。

酒の相手はツイッター

人の投稿を眺めたり、自分でグダグダつぶやいたりしながらいつも3~4杯を飲む。

 

そうすると、頭が痛くなってくるのである。

酒がそう強くないから、食べずに飲むと、肝臓がアルコールを分解しきれなくなるのだろう。

「もう飲めない」となるのだが、もちろんやめるわけではない。

食事の支度をはじめるのだ。

 

料理をすれば、つまみ食いができる。

キュウリの切れっ端

漬物やら、キュウリの切れっ端やらが、肝臓へのちょうどよい栄養補給となり、酒がまた飲めるようになる。

それで食事の支度を終わるまで、2~3杯を飲むことになる。

 

食事が出来れば、「主食は酒」と決まっている。

主食は酒

肝臓が喜ぶものをたんと用意しているから、酒はさらに入っていく。

肴は、できる限りチビチビ食べる。

肴が残っているうちは酒を飲まないわけにはいかないからだ。

 

こうして三段ロケットのように酒を飲み、最後はしこたま酔っぱらう。

それでようやく満足し、寝る支度をするわけである。

 

寝る前には歯磨きをするだけでなく、ていねいに歯間ブラシもする。

そうしないとすぐ歯が痛くなるからで、年は取りたくないものだ。

 

「毎晩毎晩あきれるね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯


 

◎絶対にいいもの


絶対にいいものトップ
 

◎関連記事

豚肉とレタスのみそ炒めがうま過ぎて、またつい家で飲み過ぎ過ぎたのである。

飲み過ぎるには料理を作るのがいいのである。(ツバスの煮付け)

酒が強くもないのに好きなのである。(新福菜館三条店、なすとウインナーのオムレツ)

家で飲み過ぎ過ぎたのである。(鯛とタケノコのご飯)

食事の支度は最高の酒の肴になるのである。(鯛のあら炊き)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター

Twitterボタン
 

◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-086 酒について