女性にはからきし弱いのである。

2014/01/19

 
きのうは四条大宮で外飲みをした。

スピナーズ

飲みながら、「ぼくは女性にはからきし弱い」と改めて思ったのである。


 
家で自分で作った肴をつまみ、ツイッターを相手に酒を飲むのも、ぼくは全く問題なく好きなのである。

「寂しい」などという気持ちは湧かず、この上なく幸せな気分になる。

ただそれが何日かつづくと、「疎外感」のようなものが生まれてくる。

ぼくは会社へ行くわけでもなし、家族もいないから、人とあいさつ以上の話をする機会がなくなり、社会とつながっている実感が薄くなってくるのである。

 

そこでその実感を取りもどすため、何日かにいっぺんは、外へ飲みに出るのである。

だから外で飲むのは、ぼくにとっては「好き」などという嗜好の問題ではなく、精神を健康にたもつために「必要」なことだと思っている。

 

というわけで、きのうも早めに仕事を終わらせて、四条大宮の街へ出た。

立ち飲みてら

まずは立ち飲み「てら」で、すこし食べることにする。

 

てらで頼んだのは、いつものメニュー。

スパサラと・・・、

立ち飲みてら

 

豚天。

立ち飲みてら

てらの料理はどれもうまく、食べたいものは山ほどあるが、まずはこれを食べないと気が済まないのである。

 

隣に医者だという若い男性がいたので、話になった。

「ぼくは前の彼女とつき合った途端にじんましんになり、別れたら治ってきたんですよ。
これって何か、関係があるんですかね?」

ぼくが聞くと、男性は、

「それは間違いなくストレスですよ。
別れて良かったじゃないですか・・・」

なぐさめてくれる。

最近ぼくがかかった乾燥性の湿疹も、やはり「老人性」なのだそうだ。

「50歳をすぎると、あれこれガタが来ますからね。
きちんと手当をしながら上手につき合っていくしかないですね」

全くその通りである。

 

ぼくは65歳くらいで「ポックリ死ぬ」のを目標にしていると話しをした。

「ただ死ぬまでは元気でいたいので、健康にはそれなりに気を遣っているんですよ」

ぼくが言うと、

「だいたい『ポックリ死にたい』という人に限って、長生きするものなんですよ。
それに健康に気を遣っているのだったら、実際に健康なんでしょうから、80歳くらいまでは生きるんじゃないですか?」

むしろ「長生きしたい」と言っている人が、ポックリと逝くことが多いというから、人生ままならないものである。

 

話が一段落して男性は店を出ていき、ぼくもビールを二杯飲んで肴も食べ終わったから、

「そろそろ次へ移ろうか・・・」

そう思った矢先に、若い女性二人と男性の三人連れが入ってきて、ぼくの隣に立った。

「女性と話ができるかもしれない・・・」

ぼくはビールをさらにお代わりし、つまみをたのんだ。

たのんだのは、牛の肉吸い。

立ち飲みてら

澄んだだしが、何ともうまい。

 

隣にいた女性二人と男性は、前に立たせていたチェブ夫に目をとめ、ぼくに話しかけてきた。

「これってチェブラーシカですか?でもちょっと違いますよね?」

女性二人はぼくに聞く。

チェブ夫はウラジオストックでもらったものだが、たぶん「中国製のバッタもの」だと話をすると、

「なるほど、でもむしろこちらの方が、愛嬌があってかわいいですね」

男性もチェブ夫を手に取りしげしげとながめる。

 

そこからその三人連れと話になった。

男性は建築家、女性はまだ大学院生で、インターンとして男性の事務所で働いているのだそうである。

「将来の目標とかはあるんですか?」

ぼくが聞くと、

「建築を続けるかどうかはまだわかりませんが、『モノづくり』は続けていきたいと思っているんです・・・」

女性はすこし恥ずかしそうに答える。

「何か将来ある若者にたいして、夢のある話をしてくださいよ」

男性に促され、ぼくは「ここぞ」とばかりに語りはじめた。

 

20代のうちは、たとえ失敗したとしても必ず誰かがフォローしてくれるから、失敗を恐れずに、どんどん挑戦したらいいということ・・・。

どんなに偉い人でも、20代の人が訪ねてくれば必ず会ってくれるから、「これ」と思う人には片っ端から会いに行ってみたらいいということ・・・。

モノづくりをするのなら、必ずいつか、「谷」に飛びこむ勇気が必要になるような時がくるから、恐れずに一歩を踏みだせば、大きく成長できるということ・・・。

話を聞いた男性も、自分の経験を語りはじめ、話は大いに盛りあがったのである。

 

女性を相手に話をし、気分が非常によくなったぼくは、てらを出て、よく行くバー「スピナーズ」へ向かうことにした。

スピナーズ

ここでも女性を相手に盛りあがり、ぼくはつくづく、「自分は女性にからしきし弱い」と思い至ったのである。

 

◎スポンサーリンク

 

さてスピナーズへ行くと、よく会う常連の男性がいたから、ぼくはその隣りにすわった。

スピナーズ

酒は熱燗。

つまみには、一口カツを頼んだ。

スピナーズ

サックリと揚がって中はジューシー、衣にはハーブが混ぜこまれ、ソースも自家製である。

 

男性には、引っ越し先が近くに無事みつかった話しをした。

「さらに1万円ほど家賃を出せば、バストイレ付きの物件があって、銭湯にひと月行けば、やはりそのくらいはかかるんですが、もし旅にでる場合、風呂は使わないので家賃が安いほうがいいですからね・・・」

旅をどうするかは、まだ具体的には決めておらず、まずは家賃を圧縮し、生活の自由度を上げようと考えていることも話した。

「風呂がないんじゃ、今のように朝風呂はできないですね・・・」

男性が、ぼくが朝風呂に入っているのを知っているのは、ぼくのブログを見てくれているからである。

 

男性と話をしていると、女性二人連れのお客さんが入ってきて、男性の、ぼくとは反対側の隣にすわった。

年配の女性と、若い女性だ。

「かわいいぞ・・・」

若いかわいい女性がすぐ近くにいるとなると、ぼくはもう、気もそぞろになるのである。

男性と話をしながら、ぼくは若い女性とマスターが話す話に耳を凝らした。

 

若い女性の言葉を聞くと、どうもイントネーションがすこし違うような気がする。

マスターがこちらへ寄ってきたときに聞いてみると、台湾人なのだそうだ。

その瞬間に、ぼくはスイッチがONになった。

「台湾の方なんですか?ぼくは台湾へ行ったことがあるんですよ・・・」

マスターには、

「まったく、スマートじゃないなあ」

と言われながらも、女性に話しかけたのである。

 

ぼくは台北で食べたものや、見たものの話しをした。

おいしいものや、ビックリするものが、台湾には山ほどあったのだ。

女性が台湾なまりの日本語で返すリアクションがまたかわいい。

「台湾の食べ物、おいしいよね。私も台湾へ帰りたくなっちゃったな・・・」

さっきまで話していた男性を間におき、ぼくは女性との話を満喫したのである。

 

女性はやがて帰って行き、ぼくも熱燗を2合飲み終わったから、家に帰ることにした。

時刻はちょうど12時、酔い加減も時間もいい具合だったから、ぼくはそのまま布団に入った。

 

眠りに落ちながら、ぼくは思った。

「ぼくは女性にからきし弱いな。
でもこれは生まれつきなのだから、仕方がないんだ・・・」

もちろんそれは、ただの言い訳なのである。

 

「おっさんは女性が好き過ぎるから、いつも失敗するんだよ。」

チェブラーシカのチェブ夫

そうなんだよな、ほんとだよ。

 

◎スポンサーリンク


 

◎絶賛発売中

宝島社ムック本『おっさんひとり飯』
おっさんひとり飯
¥880(アマゾン)

 

◎関連記事

「谷」に飛びこむ勇気が必要なときもあるのである。

12時前に帰れるかと思っていたら、そうは問屋が卸さなかったのである。

12時に寝るはずが、3時に帰ってきたのである。

金がなくても「礼儀」を欠かしてはいけないのである。

酒は飲み屋で飲み方を学ぶのである。
 

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み