【アサリと菜の花のニンニクうどん】あっさりとしながらコクがあって死ぬ

2016/03/28

アサリと菜の花のニンニクうどん

 

うどんは通常ニンニクは入れないが、入れるとこれが大変うまい。「在日コリアン風吸い物」は、要は関西風うどんだしにニンニクを加えたものだし、韓国にも「カルグクス」という、ニンニク味の鶏のだしで食べるうどんがある。

きのう作ったのは、だしはアサリ。

アサリと菜の花のニンニクうどん

アサリは日本なら吸い物にもするわけで、これにニンニクを加えて唐辛子をたっぷり振れば、うまいのは道理なのだ。

 

さらにきのうは、ちょうど季節でアサリとの相性もよい菜の花を加えた。それにコク出しで豚肉を少し入れると、あっさりとしていながらコッテリした、120回くらいは死ねるうどんになる。





 

このアサリのうどんを作る場合、コツとなるのは「アサリを煮過ぎないこと」だ。火が通り過ぎると小さく縮んでしまうので、殻が開いたらできるだけ早く火を止める必要がある。

とは言っても、菜の花や豚肉、うどんを煮るのは、段取り上どうしてもアサリが開いてからになるので、そこでモタモタしないことが肝心だ。

 

それからアサリの汁を作る場合、水の量をどのくらいにするかが重要。アサリの量に対して水が多すぎると、その分アサリのだしが薄まってしまうからだ。

「アサリ100グラムに対して水1カップ」が目安になる。

 

アサリと菜の花のニンニクうどん 作り方

アサリ・200グラムは、水・2分の1カップに対して塩・小さじ2分の1くらいの濃さの塩水に30~1時間くらい浸け、そのあと両手で殻をこすり合わせるようにしながら、水を3~4回替えて洗う。

 

アサリと菜の花のニンニクうどん 作り方

鍋に、

  • 水 2+2分の1カップ (2分の1カップは煮詰まる分)
  • アサリ
  • 長ねぎ 2分の1本 (斜め切り)
  • ニンニク 1かけ (すり下ろす)
  • 酒 大さじ2
  • みりん 小さじ2

を入れて中火にかけ、煮立ってきたらアクを取りながらアサリの殻が開くのを待つ。

 

アサリと菜の花のニンニクうどん 作り方

アサリの殻が開いたら、

  • 薄口醤油 大さじ1 (濃口なら小さじ1)
  • うどん 1人前
  • 豚こま肉 50グラムくらい
  • 菜の花 2分の1パック (5センチくらいの長さに切る)

をこの順番で入れていく。

味を見ながら塩を加え、煮立って豚肉の色が変わったら、(その頃には菜の花にも火が通っているので)、火を止める。

 

どんぶりによそって一味(または韓国粗びき唐辛子)をたっぷりかける。

アサリと菜の花のニンニクうどん

 

ほっこりと温まり、マジでたまらないですよ。

アサリと菜の花のニンニクうどん

 





 






ポチッとね。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-029 その他魚料理
-