ニンニクを入れるとたまらない。【豚しょうが焼き】

2016/01/31

豚しょうが焼き

きのうは豚のしょうが焼き。これにニンニクを入れると、味が一気にリッチになって、たまらないのだ。

 

◎スポンサーリンク



 

豚のしょうが焼きは、豚汁と並んで日本を代表する豚肉料理。

豚のしょうが焼き

でもこの豚のしょうが焼き、ふつうにしょうゆと酒、みりんだけで味をつけると、「一味足りない」と思わないか?味の大事なところにボコンと空洞が空いているというか、コクが足りないというか、、、

 

これは「日本の豚肉料理の味」の特徴であるともいえると思う。古手のラーメンも、そういう味の空洞がある場合がある。

その足りないところが、また「愛おしい」という気持ちにつながるわけで、これは決して「悪い」というわけではない。

 

しかしその空洞の原因を究明し、空洞を埋めてみるのも、また悪くない。

その原因とは、ひとことで言うと「ニンニクを使わないから」なのである。

 

豚肉としょうゆの相性が悪いのだ。

魚なら、塩焼きしたのにしょうゆをかければ十分うまい。でも豚肉を塩コショウで焼いてしょうゆをかけても、それだけではウマくないのは分かるはず。

バターを乗せるとか、カラシを添えるとか、おろしポン酢にするとか、何かを加えないとしょうゆは豚肉に合わせられない。

 

しょうが焼きは、そのしょうゆを豚肉に合わせるための「何か」を、しょうがに担わせたもの。しょうがは豚肉としょうゆを合わせるための、日本の基本ツールとなっている。

でもしょうがだけだと、イマイチ役不足というわけなのだ。そのため味の空洞はふさぎ切れず、「一味足りない」感じがしてしまうことになる。

 

なので豚のしょうが焼きの場合、レシピを見ると、かならず隠し味が入っているはず。隠し味はいろいろで、みそが定番だと思うけれど、バターやゴマ、酢、ウスターソース、オイスターソースなどがある。

 

これが実は、「ニンニク」を入れれば、すべて解決というわけなのだ。味の空洞は完全にふさがる。

ウソだと思うのなら、試してみたらいいのである。1かけのニンニクを入れるだけで、実にリッチな味になる。

 

要はしょうが焼きに隠し味を入れる努力は、「何とかしてニンニクを使わないため」とも言えるのだ。

それも尊いことなのだが、現代の日本人はニンニクをふつうに食べるのだから、ニンニクを入れて手軽に解決してしまうのも、賢い方法だと思う。

 

豚のしょうが焼き

 

ニンニクは、しょうがと一緒にすり下ろしてしまっても悪くはない。しかしきのうはニンニクの刺激をおさえるため、はじめに炒めてきつね色に焦がすことにした。

味つけは、酒としょうゆ、みりん、それにコショウだけでももちろんいい。でもさらにコクをつけるため、きのうはオイスターソースを少し入れ、皿に盛ってからゴマを振った。

 

しょうが焼きの作り方は、タレを肉にひたしてから焼くのと、後から絡めるようにするのと、やり方が2つある。きのうはひたしてから焼くことにした。

こうすると、肉はタレといっしょに煮える感じになるために、香ばしさに欠けるところはある。

本当は、ジンギスカン鍋や韓国のプルコギ鍋などのように、まん中が盛り上がった鍋があれば、あらかじめ肉をひたしていても、汁を落としながら香ばしく焼くことができるのだ。

でもそれはないから、今回は「肉にきちんと味がしみている」ことを優先させることにした。

 

しょうが焼きに添えるキャベツは、せん切りにするのがもちろん定番。でもきのうはざく切りにしたのを蒸して使った。

広島のお好み焼きでわかる通り、キャベツは蒸すと、甘みが増してうまいのだ。

 

 

まずはキャベツを蒸す。

豚のしょうが焼き 作り方

鍋にざく切りのキャベツ・4分の1個を入れ、

  • 酒 4分の1カップ
  • 塩 1つまみ(小さじ2分の1)

くらいを上からかけてフタをして、10~15分、キャベツがしんなりするまで弱めの中火くらいで蒸す。

 

豚のしょうが焼き 作り方

フライパンに、

  • サラダ油 大さじ1
  • ニンニクみじん切り 1かけ

を入れて弱火にかけ、ニンニクがきつね色になるまで熱する。

 

豚のしょうが焼き 作り方

一旦火を止め、豚うす切り肉(きのうはコマ肉)を広げて入れ、タテのうす切りにした玉ねぎ・2分の1個を上に乗せ、

  • おろしたショウガ 2~3センチ大分
  • 酒 大さじ1
  • みりん 小さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • オイスターソース 小さじ1
  • コショウ 1~2ふり

を上からかけ、5分くらいおいて味をしみさせる。

弱めの中火くらいで炒め、肉の色が変わったら火を止めて、最後に味をみて必要なら塩を加える。

 

 

皿に蒸したキャベツを敷いて、肉を汁ごと上に乗せ、青ねぎとゴマ、好みで粗挽きコショウをふる。

豚のしょうが焼き

 

これは、うまいっス。

豚のしょうが焼き

 

味がしみた、プリプリの豚肉はたまらない。

しんなりとしたキャベツに味がしみるのも、また最高。

 

あとは、残り野菜の赤出しみそ汁。

残り野菜の赤出しみそ汁

鍋に水と、頭とワタを取った煮干し、つぶしたニンニクを入れて5分くらい弱火で煮て、酒と赤出しみそ、コショウで味をつけて残り野菜を煮て、お椀によそってゴマ油をちょっぴりと一味をかける。

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水わり

 

シメは白めし。

白めし

 

豚のしょうが焼きが、また酒が進むわけなのだ。

おかげできのうも飲み過ぎて、後半は記憶がないのだけれど、べつに酒を飲んだら、覚えていないといけないことなどないのだから、それでいいのだ。

 

「早くボケるよ。」

チェブ夫

そうだよな。









ポチッとな。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉