まじでヤバイ。【手羽元と大根のコチュジャンおでん】

2015/11/09

手羽元と大根のコチュジャンおでん

きのうは、手羽元と大根のコチュジャンおでん。これは、まじでヤバイ。

 

◎スポンサーリンク


 

きのうは予定していた、滋賀でのヘイトスピーチにたいするカウンターが中止になり、バッチリ仕事をするつもりでいた。

何しろきょうは、遊びに行く予定があったのだ。その分しっかり仕事をし、心置きなく遊ばないといけない。

 

しかしおととい、飲み過ぎたわけである、、

ニンニク入りの鍋にあおられ、日本酒をガンガン行った。

おかげで、かなりの二日酔い。朝は遅くまで起きられず、一旦起きても、何度も布団に逆もどり。

 

何とかコーヒーショップへ行って、ブログ更新するものの、頭が働かないためいつもの倍くらい時間がかかる。

ブログ更新を終えるのは昼を目標にしているのに、きのうようやく夕方になってブログを仕上げることができた。

 

となれば、それから飯を食い、昼寝をしたら、もうほとんど夜。期待に反して、仕事はちょっぴりしかできなかった。

 

だいたいいつも、この調子なのだ。

おれは死ぬまで、楽な生活はできそうにない。

 

 

といいつつ、時間になったら酒は飲む。規則正しい生活は大切だ。

きのう作ったのは、手羽元と大根のコチュジャンおでん。

手羽元と大根のコチュジャンおでん

これがまた、ヤバイうまさだったのだ。

 

日本料理のニンニク化計画を実践中であることは、きのうのブログで書いたとおりだ。妄想癖のある酔っぱらいの初老男が、「日本の料理はすべてニンニク化できるのではないか」と考えている。

それできのうは、おでんをニンニク化することにしたのである。コチュジャンを使ったらいいのではないかと思った。

 

おでんも、ふつうの醤油味のおでんに加えて、八丁味噌を使った味噌おでんがある。醤油味のおでんでも、関東風の濃口を使ったものと、関西風に淡口を使ったものがあるわけだ。

つまりおなじ料理でも、調味料は入れ替え可能。

だったら、「コチュジャンのおでん」があってもいいはずではないか。

 

コチュジャンは、味噌にとうがらしを加えたもの。

「味噌の一種」といえるのだ。

 

作るのは、まったく難しいことはない。ふつうにおでんを作るのと同様、だしを整え、味をつけ、あとは煮るだけ。

具は、手羽元と大根、それに厚揚げとした。

あとは、ソーセージやこんにゃく、がんも、ちくわぶなどはまちがいなく合うと思うし、ごぼう天などの魚のすり身も、悪くないのではないかと思う。

 

 

手羽元と大根のコチュジャンおでん 作り方

鍋に、

  • 水 3+2分の1カップ
  • 頭とわたを取った煮干し 1つまみ
  • たたき潰したニンニク 1かけ
  • たたき潰したショウガ 1かけ

を入れ、中火にかけて、煮立ったら弱火にし、10分くらい煮出す。

 

手羽元と大根のコチュジャンおでん 作り方

この3カップのだしに、あらかじめ混ぜ合わせておいた、

  • コチュジャン 大さじ3
  • 酒 大さじ3
  • 淡口醤油 大さじ2

で味つけする。

コチュジャンは、韓国製のものではなく、日本製の、辛さ控えめ、甘み強めのものが、日本の料理に合わせるには使いやすいのではないかと思う。スーパーで売っているのならYOUKIがあるし、鶴橋・豊田商店でお取り寄せしたのも、じつにうまい。

韓国製のコチュジャンを使うばあいは、砂糖かみりんで、甘みを足すといいと思う。

淡口醤油は、「大さじ2」だと、ちょっと足りないとは思う。ただしここでは甘めにしておき、最後に味をみて足すようにしたほうが、塩っぱ過ぎてしまう危険が少ない。

(淡口にしたのは赤い色をきれいに出すためで、濃口でも味的には問題ない)

 

手羽元と大根のコチュジャンおでん 作り方

味付けしたら、

  • 鶏手羽元 4本
  • 皮をつけたまま2~3センチの乱切りにした大根 手羽元と見た目同量か、ちょっと多いくらい
  • 2~3角に切った厚揚げ 5センチ角くらい

を入れ、フタをして弱火にし、かるく煮立てながら30分くらい、大根がやわらかくなるまで煮る。

最後に味をみて、淡口醤油を加減する。

 

 

器によそい、たっぷりの青ねぎをかけ、ゴマ油をたらりと落とす。

手羽元と大根のコチュジャンおでん

 

これは、ほんとにたまらないのだ。

手羽元と大根のコチュジャンおでん

 

ひとことで言えば、「担々麺」の味。

濃厚なコクとおだやかな辛み、それにゴマの風味がぷんと利いて、ぜったい死ねる。

 

 

酒は、焼酎水わり。

焼酎水割り

 

おでんだと、作っている最中に、煮込む時間がある。このときに、手持ちぶたさになるもので、どうしてもガブガブ飲んでしまう。

それできのうも、予定通り、しっかり飲み過ぎたわけである。

 

「お気楽な人生だね。」

チェブ夫

ほんとだな。

 

◎関連コンテンツ





 


にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-012 鶏肉
-